2013年10月01日

今日のワード:OGP

Open Graph Protocol
訳語は当てられておらず、「OGP」のまま使われているが、訳するとすれば「情報公開記述規格」といったところか。

XMLの中で、そのページで
・どのような情報が公開されているかについて(Open)
・その概要をまとめておくために記述する(Graph)
・決まりごと(Protocol)
と言える。

ヘッダ情報の中のmetaタグの中で
meta property="og:title" content="XXXX"
といった形で記述を行う。
「og:」の後に来るものは、
title ページの題名
image ページを代表するものの画像
url ページの正式な URL
description ページの簡単な説明文
site_name ページが属するサイト名
email 連絡先メールアドレス
phone_number 連絡先電話番号
などである。

このOGPが威力を発揮するのは、FacebookやGoogle+、mixi、GreeなどのSNSと連携するときである。
OGPで定義した情報に基づき、情報がシェアされたり、何について「いいね!」と言ったのかが明らかにされたり、リンクにこちらが出したい画像が使われたりする。
情報を公開(OPENに)する際の、ページ要約を作成者がコントロールできるところにOGPの大きな意義がある。
OGPは上記に上げたような大手SNSがこぞって採用しているため、現在のページ構築には欠かせない要素となっている。


▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 13:50 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする