2017年06月05日

痴漢冤罪保険





どうも、ゴンザです。私は地方都市静岡で暮らしていて、通勤電車の混雑もたかが知れているので、あまり実感がないのですが、痴漢被害と痴漢冤罪の問題が深刻化しているようですね。一度鉄道警察の部屋に連れていかれたら、もうアウトとささやかれているせいか、線路に飛び降りて逃げる人も現れて、事故まで発生しているとか。

そんな中現れたのが「痴漢冤罪保険」。男性が痴漢冤罪に問われたときの損害保険ですね。変わったことを考える人がいたものです。

ふと気になりました。生命保険では病気の有無や生活習慣、自動車保険では年齢や運転履歴で、保険料や加入可否が変わってきたりしますよね。この保険、「痴漢冤罪に遭やすいかどうか」で変わってくるんでしょうか。痴漢したことある人とか、私痴漢ですって人は加入を断られるのか……?

ジャパン少額短期保険株式会社

あれ? 590円/月一律? 痴漢冤罪にも、痴漢被害にも対応? なんか思っていたのと違う……。

痴漢冤罪保険というより、弁護士相談サービス付きの個人賠償責任保険金ですね。事件に関して発生した弁護士費用も出してもらえないようです。うーん。コレジャナイ感がすごいです。

これ、大手が「アイデアだけ頂きっ!」として、痴漢被害/痴漢冤罪の弁護士費用を補償するようにしたらいいんじゃないでしょうか。実際に痴漢や痴漢冤罪詐欺するような人が加入する恐れは低いし、交通事故などに比べれば支払いが発生する確率ははるかに小さいですから、少額の保険料で済むでしょう。弁護士費用の実費なら、詐欺も難しいですし。

で、ペンダント状の加入者証を配ってみる。ホームセキュリティのシールみたいに、これを付けているだけで「あ、この人は痴漢/痴漢冤罪に備えている人だ」とわかるので、被害に遭いにくくなる。

成立しそうなんですけどね。





▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 20:12 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする