2006年02月15日

【自転車】買うぞ!自転車

物欲に欠けるゴンザにしては珍しく、現在「買いたい欲」が高まっているものがあります。自転車です。

ゴンザの数少ない趣味が、サイクリングと水泳。週末になると、10キロほど離れた温水プールに自転車で乗りつけ、2.5キロくらいを泳いでからまた10キロこいで家に帰る、という「独りバイアスロン」をやってたりします。

さすがにコレ、寒い時期にやると風邪をひくので、現在は「自転車」の部分がカットされてますが、春が近づいてきたので、再開の準備を始めてます。で、そろそろ新車に乗り換えようかと。

今乗っているのはたしか5年前に4万円で買った自転車。「スペシャライズド」というメーカーの「クロスライダー」です。乗りやすいんですが、ちょっと重い車種なので、「もっと軽快なのが欲しいなぁ〜、でももったいないし処分にも困るしなぁ〜」と思っていました。

そんな折、後輩が「自転車を持ってないから不便」と言っているを聞きまして、「おう、そんなら俺のをあげるわー、ちょうど新しいのを買いたいと思ってたところだし!」となったのです。

ただいま、ゴンザ初段、購入の長考に入ってます。タイプとしては「クロスバイク」にいきなり決定。自転車に詳しくない方のために解説しますと、現在の自転車には大きく3つのタイプがあります。ロードレーサー・クロスバイク・マウンテンバイク。

ロードレーサーというのは、いかにも自転車好き、という感じの人が乗っているやつ。
ロードレーサー

ドロップハンドルというぐにゃりとまがった形のハンドルや、細くて直径の大きなタイヤ、軽くて華奢な車体が特徴で、舗装路を飛ばすためにつくられたスピード重視・長距離走行用の車種です。軽くて速い、長時間乗っても疲れにくいなどの長所の反面、未舗装の道は走れず、制御が難しくて車体がもろいという短所を抱えています。

マウンテンバイクは流行の車種。
マウンテンバイク

最近の子供たちが乗っているのは、ほとんどこれですね。「マウンテン」の名が示すとおり、山道を走るための自転車ですので、頑丈ででこぼこみちに強く、坂道を上りやすいよう軽めのギアが装備されています。タイヤは太くて直径が短く、衝撃吸収のための工夫がされているのが特徴です。短距離をぐいぐいっ、と走るにはとてもいいのですが、長距離を走るのにはあまり向かない設計になっています。

では、ゴンザが買おうとしているクロスバイクは、というと……上記2つの車種の中間の性能の自転車です。「舗装路用のロードレーサー」と「でこぼこ道用のマウンテンバイク」の間。

って書くとすごく中途半端な車種に聞こえますねえ……。

もう少し言うなら、街乗りにもっとも適した車種で、「すごいママチャリ」って感じです。

……もっと中途半端なイメージになってますやんか。

でも、性能的にはもっとも癖のない車種で、ある程度速いし、軽いし、頑丈。歩道の段差や砂利道ていどはへっちゃらで、舗装路では十分な加速が得られます。

普通に「自転車がほしい」という人には、クロスバイクがオススメです。その後、スピードを出したい人はロードレーサー、もっとクッションが欲しい人はマウンテンバイクに乗り換えればいいですから。

さて、以前からの購入候補が、
GIANTのFCR ZERO
という車種。
GIANT FCR ZERO 2006年モデル

ジャンルとしては「クロスバイク」ですが、もっと細かく分けると「メッセンジャバイク」という範疇に属するらしいです。都心で見かける「自転車便」に適した性能を持たせたクロスバイクです。映画の「メッセンジャー!」で草なぎ剛が乗っていたのが、このFCR ZEROだとか。

一般に自転車は重量が10キロを切ると「軽い!」とされるのですが、このZEROは8.8キロ。シルエットもかっこいい。これに決めようか、と考えていたのですが、唯一気に入らなかったのがカラーリング。赤×銀かあ……ウルトラマンカラーかあ……いまいちだなあ……。

ゴンザとしては2005年モデルの黄色のほうが断然好きなのですが、
FCR-ZERO 2005年モデル イエロー
これはもうどこの店舗でも見つかりません。

そんな折、おっ?これかな?という車種に出会いました。それが「Bianchi(ビアンキ)のRome(ローマ)」です。
Bianchi Rome 2006年モデル

ビアンキというのは、イタリアの有名な自転車メーカーです。「アウトビアンキ」という自動車部門を知っている人もいるかもしれませんが、本業は自転車。ビアンキの自転車には、「定番カラー」というべきものがあります。フェラーリでいうところの赤みたいなもんでして、それがこのRomeにも使われている薄い緑です。

この緑色はチェレステと呼ばれており、自転車に詳しい人なら、チェレステといえばビアンキ、ビアンキといえばチェレステ、ってなもんです。そのチェレステが黒とツートンになって嫌味がない程度に使われているのがいい感じです。

ディスクブレーキとカーボンフォークが使われて、8万円くらい。うーむ、いいコストパフォーマンスです。ディスクブレーキというのは、最近流行の性能のいいブレーキ。カーボンフォークというのは、車体とタイヤをつないで衝撃吸収の役目を負う部分にカーボン(炭素繊維)部品が使われているってことで、「軽くてがたがたしない」ってなところです。この価格クラスでディスクブレーキとカーボンフォーク装備というのはあまり見かけません。

うーん。いいなあ。これにしようかなぁ。

「衝動買い」をしないゴンザとしてはもうちょっと悩んでみることにします。そして買い物というのは、悩んでいる時期が一番楽しいと思っていますので。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 10:26 | 静岡 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自転車かぁ…長いこと乗ってないなぁ。
大体乗れるようになったのも遅かったし…
禁止されてたんですよね…小学校4年生まで親が監視していないところで自転車に乗ってはいけないって。
学校の規則ですよ、もちろん。交通量が多いところだったので…
なので、いまだに、あの横乗りっていうんですか?
女の人が自転車に乗るときにするやつ…出来ないんですよね…あの乗り方。
もう、最近乗らないし。一生できない気がする…
Posted by mika at 2006年02月15日 20:31
横乗り。もちろんそんな高度な乗り方はゴンザにもできませーん。なんかあれ、自転車の専門家に言わせると、「あんな危険なスタートの仕方はしちゃいかーん!」ってことらしいですよ。不安定で、自転車に変な応力がかかるので危ないようです。

自転車好きからすると、街で見かけるチャリンカーにはおっかない人がたくさん。
無灯火はやめて! おい、傘差して乗んなや! 走行中にヘッドホンて! こぎながら携帯メール打つって死にたいのかアンタ!

どこの世界も「素人さん」はオソロシイです。
Posted by ゴンザ at 2006年02月21日 18:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック