2006年03月22日

【医療エッセイ】石との闘いR(第4話/全4話) 成果篇

この記事はシリーズ連載です。できれば最初の記事からどうぞ。

前回シリーズ『石との闘い


■『石との闘いR』目次
 石との闘いR 第1話 発症篇
 石との闘いR 第2話 衝撃篇(前)
 石との闘いR 第3話 衝撃篇(後)
 石との闘いR 第4話 成果篇 当記事


破砕室から戻った私は、もう一度抗生物質の点滴を受けた。
この点滴が終われば、とりあえず今回の破砕手術は終了である。
だが、その前に看護婦さんから言われていたことがあった。
「必ずお小水を取ってくださいね。検査しますから。」

衝撃波によるダメージはどれくらいか。
どの程度石を砕くことが出来たか。
炎症を起こしてはいないか。
それが一番分かるのが、「手術後のお小水」なわけだ。
点滴が終わった私は紙コップを片手にトイレへ行った。

うわっ! 赤っ!

さすがに衝撃波を食らって、ダメージがないわけがなく、白いコップに満たされていく液体は、深みのあるワインレッド。
うーむ。赤い。つくづく赤い。

点滴によって水分をかなり取っているので、尿の量は充分だ。
……ていうか、多すぎる。
まずいまずいまずい。
もうすぐ紙コップいっぱいだ。
大きめアメリカンサイズの紙コップだというのに。
入れるのやめようか。
でも量も検査の対象かもしれないし。
コップをもう一個持ってくるんだった。
危機管理がなっていなかった。
うかつだった。
もうすぐレッドゾーンだ。

そんな葛藤の中、なんとか赤ワインはコップぎりぎりにおさまった。
お母さんのお手伝いをする子供のような慎重さで、そのコップを診察室まで運ぶと、看護婦さんが言った。

「あらあら、まあまあ、こんなにたくさん!」

土産をもらった親戚のおばさんか、あんたは。
でかい声でそんなこと言わんでくれ。

思ったより出血が少ないようだ、なかなかきれいな尿だ、などという看護婦さんの私の尿に対する論評を赤面して聞きながら、破砕手術初体験は終了した。

    ◇

手術してから1週間後。
成果を確かめるために、また私は病院に来ていた。
はっきりいって、成果はあまり感じられなかった。

まだ相変わらず腰に鈍い痛みがある。
そして砕けた石は出てきていなかった。
なぜそんなことが断言できるのかというと、確かめていたからだ。

尿を。

家でトイレに行く度に、古い茶漉しで尿をこしとってみていた。
しかし、ない。
網の上には石どころか砂すら残らない。
ない。ない。ない。
あるはずなのに。どうしてだ。
もはや気分は砂金探しである。

砂金はほとんど見つからず、故に今回の結果も期待していなかった。

レントゲンを見た医者は言った。
「すこし砕けたみたいですね。」
前回と今回のレントゲンを見比べてみると、石は確かにその一部が欠けていた。
おお。少しは効果があったのか。
じゃあ、その一部は気づかないうちに外に出たのか?

「……たぶんこの欠けた部分は……腎臓に戻ってますね。」
は?

「ここんとこが欠けて、で、ほらこの腎臓のところに、
 小さな石が写ってますよね。」
あ。ほんとだ。

「欠けた部分が腎臓に逆流しちゃったようですね。ははっ。」
ははは……ってオイ。ダメじゃん。

「こりゃ、もう一回ですね。いつがいいですか?」
……やっぱり?


結局、私の石が砕けたのは2回目のトライ後だった。
2回目は1回目より痛くなかった。慣れたのかもしれない。
そのうち気持ちよくなるのかもしれない。

そして砂状になったシュウ酸カルシウムは、茶漉しの上をしばらくにぎわし、私の砂金採り魂を満足させてくれたのであった。

    ◇

ゴンザは『超絶!結石破砕衝撃波』を会得した。
ゴンザはレベルが上がった。
ゴンザの闘いの旅は、これからも続いていく。

<第2部・完>

■『石との闘いR』目次
 石との闘いR 第1話 発症篇
 石との闘いR 第2話 衝撃篇(前)
 石との闘いR 第3話 衝撃篇(後)
 石との闘いR 第4話 成果篇 当記事


▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 14:00 | 静岡 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 医療エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
衝撃波はピンポイントで石に命中するわけではないんですねぇ。。出血もしちゃうんじゃ・・・そっちの痛みも倍増(?)なんですか。。
「腎臓に逆流」っていうのが一番衝撃的!!でも、茶漉しで砂金集めは、結構楽しぃ〜そうですよね♪そこのとこだけならやってみたいかも・・・
Posted by 麗奈☆ at 2006年03月25日 07:31
ゴブサタしてました。
だいじょうぶだいじょうぶ、破砕術の出血なんてすぐ治るし! といおうとしたら、ショックなニュースが飛び込んできました。
詳細はこちらの記事で。
http://gonza.seesaa.net/article/16556471.html
Posted by ゴンザ at 2006年04月14日 14:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14853642
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック