2010年06月15日

【旅行記】高知 〜ひろめ市場〜

さて、土佐旅行1日目ははりまや橋を見た後、「ひろめ市場」に食事をしに行きました。
IMGP8273.jpg

「ひろめ市場」は高知の名産物・みやげ物が集まっている、ショッピング&お食事モールというべき存在です。高知市観光に行ったら、まずお食事はここでしょう。かつお、かんきつ類、地鶏、青海苔など高知の名産物が、市場の売り物、お土産、料理など様々な形で売られています。

ちなみにこの「ひろめ市場」という名前。「ひろい場所」、「高知のいいところをひろめる」という意味もあるのですが、一番最初の由来は、このあたりに土佐藩の家老・深尾弘人蕃顕(ひろめしげあき)の屋敷があったからだそうです。

食事は基本的に屋内屋台形式で、お店で買ったものをセルフでテーブルまで持っていって食べます。えーと「雰囲気のあるサービスエリアみたいな感じ」といえばわかりやすいでしょうか?

写真で示すと
IMGP8266.jpg
これが、みんなが食事をするテーブルです。ここにおのおの買ったものを持ってきて食べるわけです。

さすが春休み中の土曜日、午後2時くらいなのに混雑してます。そしてみんなお酒を飲んでます。高知はお酒がおいしいらしいです。私は病気してからすっぱりお酒はやめてしまったので、一滴も飲みませんでしたが。

高知に来たからには、まずはベタにかつおのたたきだな、というわけで
IMGP8267.JPG
有名店「明神丸」さんで、かつおのタタキ定食を頼むことにします。たしか普通のタレタタキと、塩タタキがあり、それをどちらも食べられる特別定食みたいなのがありました。ここは並んで先に注文をし、注文票をもらって会計、そして料理ができるのを待って持っていくという形でした。

待っている間、
IMGP8271.JPG

IMGP8272.JPG
藁で燃やした火であぶる、タタキの豪快な料理法を観て楽しみます。

そして……
IMGP8268.JPG
こちらがかつおのタタキ特別定食、塩&タレ自由に召し上がれバージョン。けっこういいお値段しますが、まあ旅の空ではそういうこといいっこなしで。

IMGP8269.JPG
おいしそ! そしておいしかったです。

この明神丸のメニューに「のれそれ」という珍味があって、これテレビで観たなあと思いながら、注文を聞いているおにいちゃんに、「のれそれって、なんの稚魚だっけ?」とたずねてみると、首をかしげ「さあ……知りません。あ、すいません、のれそれは品切れです」と言われました。

おのれが売っとるもん、知らんのかい! そして先輩に質問してみようともせんのかい! というツッコミを抑えました。ちなみに正解は、アナゴ類の稚魚だそうです。

代わりに「どろめ」という珍味を頼みました。
IMGP8270.JPG
これの正体は……イワシの稚魚の刺身。……って、要するに「生シラス」やんけ! 静岡県民がわざわざ食べる意味なかった! でも旨かった! よしとする!

他にも珍味として、うつぼのタタキのお寿司を頂きました。
IMGP8341.jpg
おお! 生臭いんじゃないかと思ってたけれど、歯ざわりがこりこりしてて、美味!

デザートは
IMGP8344.JPG
青ゆずシャーベット。

やっぱりゆずやブンタンなど、かんきつ類がほんとに安くておいしいです高知は。
IMGP8345.JPG
おなじようにかんきつ類栽培がさかんな静岡県民から見ても、そう思います。ちょっとお土産にするには、重くてかさがありすぎるので、ホテル食べられる分だけブンタンを買って帰りました。

高知に来るまで知らなかった高知名物が、
IMGP8343.jpg
芋ケンピ。へー、そうなんだ。普通の芋ケンピだけでなく、青海苔、ゴマ、塩など様々なバリエーションがあります。

静岡にもけっこう有名な芋ケンピがありますよね。松浦食品の「芋まつば」と称してますが。

隠れた静岡名物です。

南国気候、海の幸、かんきつ類に芋ケンピ。高知はなんだか親近感を感じる県です。

……ただ、あれなんですよねー、静岡県の掛川城主から土佐藩主になった山内一豊は、掛川から連れて行った家臣団と、もとから土佐にいた武士との間に厳しい身分差別、いわゆる「上士と下士」の制度を作ってしまった張本人なんですよね。

坂本龍馬の物語だと、やはり山内家はヒールの扱い。たしかに山内家の施政はどうだろうな、と思う面もあります。高知の人たちは、山内家に対してどんな風なことを思ってるんだろうと、『龍馬伝』を観ながらよく考えます。

<ゴンザ>


▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 08:12 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153308115
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック