2005年02月23日

【文芸】ゴザンス800字『人待ちの情景』

ゴンザのゴザンス投稿作品を振り返るシリーズの第5回目です。ゴンザとゴザンスの関係について知らない方はこちらをご覧くださいませ。

今回も「800字小説」。示された3つのキーワードにしたがって、800字以内で一つのお話を作る「ショートショート三題噺」です。
この時のお題は「あした/喫茶店で/去年知り合った人が」というものでした。

【800字】人待ちの情景 (2003-08-16 16:00:51)
text: ゴンザ

(おいしい。)
久美子はコーヒーカップを感心の面持ちで眺めた。
ホントにあの人が淹れたのかしら?と失礼なことを考えながら、ヒゲもじゃのマスターを盗み見た久美子は、そのまま時計に目を移した。
恵が遅れるのは珍しかった。

恵は会社の後輩である。いや、後輩だった。
去年の秋、久美子のいる部署に転属してきた後、半年で退職していた。
「やりたいことが、あるんです。」
笑って去っていった後輩を応援してはいたが、久美子はやはり寂しかった。
だから電話がかかってきた時、自分でも不思議なくらいうれしかった。
「明日会いませんか? いい喫茶店ができたんですよ。」

確かにいい店だった。閑静な街の一角。木をふんだんに使った店内。何よりコーヒーがおいしい。

(あのコーヒー好きご推薦の店だものね。)久美子はくすりと笑った。

恵が転属してきて数日後。給湯室から変な音がするのを、不審に思って覗いてみると、真剣な顔でコーヒーミルを操る恵がいた。傍らには泡だて器やシナモンパウダーまで並んでいた。あきれる久美子に、恵は得意げに言ったものだ。「今日はカプチーノなんです。」

(あれから給湯室で話をしたり、コーヒーを淹れてもらったり、ご飯を食べに行くようになったんだっけ。)

辞めることを打ち明けられた時、「やりたいこと」を恵が笑って教えてくれなかったのが少しショックだった。そこまでは入っていけないのかな、と悲しい気分になった。

(今日は、聞き出してやらなくちゃ。)

マスターが声をかけてきた。「もう一杯、いかがです?」
久美子は顔を上げてあわてて答えた。
「あ、連れが来てからにします。」入り口をすかしみる。

背後から妙な声が聞こえた。振り向くと、マスターがくすくす笑っていた。

「僕ですよ、高崎さん。」
「?」
「どうです僕の店は?」
「……恵くん!?」
目を丸くする久美子に、恵はヒゲの下から笑いかけた。

「これが僕の『やりたいこと』です。さ、もう一杯淹れましょうね。」

〜終わり〜






【自分で解説】

ゴンザが無謀にも「小説らしきもの」を書きはじめて2つめのお話です。ショートショートの基本、ちょっとしたどんでん返しを織り込んだコシャクなつくりですね。「ほんわか恋のはじまり話」で行こうとした覚えがあります。

800字だけでまとめるために、ガツガツ文字を削りました。そして「削った方が、文章はすっきりするんだなあ」と感じました。なんというか、植木の剪定みたいなものでしょうかね。

「恵」というのは、男性のファーストネームでもあるとは思うのですが、この「恵」は名字というつもりで書いています。恵俊彰の「恵」です。

小説の三人称では、男性は名字・女性は下の名前、というパターンが多いですよね。言ってみれば小説の中に現れるジェンダー問題なのですが、まあそれはさておいてこのショートショートの中ではそれを逆手にとっているわけです。「久美子」の立場から「恵」と書けば、それは当然「女性の下の名前」だろうと読み手に思わせておいて、実は「男性の名字」だよーという。「後輩」で「給湯室で仲良くなる」というのも、女性だと思わせるミスリード。

「いい喫茶店ができたんですよ」というセリフも、微妙な言い方です。「いい喫茶店を見つけたんですよ」でもなければ、「いい喫茶店があるんですよ」でもなく「できたんですよ」。「自分が作ったんだぞ」という誇りを交えつつ、それをぼかして伝えている恵くんのイタズラ心を感じ取っていただけると嬉しいです。

読み返してみると、元気な後輩「恵ちゃん」が、ものごしの柔らかい、礼儀正しい青年「恵くん」に変ってくるはず。(たぶん) そして「自分でも不思議なくらいうれしかった」という久美子の気持ちに、ふわりとした恋心を感じられるかも。

それなりに、書いてて楽しいお話でした。

私の好きな本
48843202.jpg『時計を忘れて森へいこう』 光原百合(古本)
icon
いくつかの手がかりから「物語」をつむぐ青年の温かいまなざし。
ゆったりとした森の息づかいに包み込まれるような作品です。






▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 18:34 | 静岡 ☀ | Comment(15) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど〜、恵「くん」でしたか。私は、「やりたいこと」が「男になる」という話かと一瞬思っちゃいました。こういうのってサラリーマンの憧れですね。「好きなこと」を仕事にするということ。突然、OLさんが脱サラ(ふるっ)してカフェや雑貨屋さんを開いたりすることってよく聞きますよね。
生活が成り立つかどうかの現実的なことは別として、「仕事が好き」と「好きなことを仕事にする」って別だよな〜と、コーヒーを飲みながら思う朝でした。
Posted by ちかぼー at 2005年02月24日 07:29
せ、性同一性障害……? そんな発想をされるとは思わなかった……。

そうですねえ、「仕事が好き」なのはとても幸せですが、「好きなことを仕事にする」っていうのは、もう逃げ場がない状態なんですよね。

生き方と仕事を重ねて、好きなこととお金を重ねる。重ねるとしんどいものを、えいやっと重ねる。

一度重ねてその上に乗ったら、どうしたってそこに踏みとどまらなくてはいけない。そこから外れたら、これは自分をもう一度作り直さなければならないってことになります。

こりゃハタから見ているより、ずっとしんどいことなんだろうと思います。

好きなことを副業にする。そんなライフスタイルがあるいは一番幸せなのかもしれません。
Posted by ゴンザ at 2005年02月24日 18:35
ゴンザさん、はじめまして。
『イニシエーションラブ』のトラックバックを辿ってやってきました。
微に入り細に入った解説が面白くって、他のリンク先まで辿って読み込んじゃいました。
コラムもショートショートも書いていらっしゃるんですね。
ストーリーの小さなトリックに、さすがはあの解説を書いた方と感心。
ちょとファンになりました。(*^^*)
いつでも遊びにこられるように、私のサイトからリンクさせていただいても良いですか?

Posted by Haruka at 2005年03月04日 12:44
ゴンザです。どうぞどうぞ。こんなサイトでよければ喜んで。

コラムもショートショートも書いてる、と言えば聞こえはいいのですが、あんまり確たるテーマのないブログなのですよ。なんか思いついたらやる、みたいな。

ちなみに、このショートショートは「イニシエーション・ラブ」を知る前のものです。読むのも書くのも、やっぱりトリッキーなものを好む習性があるんでしょうねえ。

それではー。
Posted by ゴンザ at 2005年03月04日 19:24
はじめまして。
イニシエーションの解説を見ていて
たどり着きました。

恵って私も恵です。
私が恵さんと結婚したら
恵恵でした!!
Posted by めぐ at 2008年04月07日 22:34
初めまして フジサワと申します

>>「さ、もう一杯淹れましょうね。」

という 恵くんの最後のセリフが とても気に入りました
ちょっと ほっこりしますね

素敵なお話 作ってくれて ありがとうございます
Posted by フジサワ リュウタ at 2008年06月13日 10:27
はじめまして.静岡出身(いまは東京)で,イニシエーションの本では知ってる地名やら静岡言葉やらがどんどん出てくるので楽しんで読みました.それにしても女性って怖い・・・

ところで,「恵」をケイと読ませる男性名もある(身近にいる)ので,途中まで読んだときにそちらのほうかな?と思っていました.となると怪しいのはマスターですが,主人公が全く気づいていないところを見ると,恵君,よほど人相(特に目と鼻)が変わっていたのでしょうか.

ただ,先入観があるときには,相手が自分の知人であっても意外と気づかないものなのかもしれませんね. ほのぼの来る話ありがとうございました.
Posted by あがたし at 2010年04月24日 14:59
いいお話ですね。ぐっと来ました。
こういうのいいなあ。
Posted by うすしお at 2010年11月02日 20:30
全体を通して実に見事な解説、感服いたしました。
でも、ショートはすぐわかりましたよ。
とにかく、ありがとうございました。
Posted by ター坊 at 2012年05月28日 23:48
すごい心がほんわかするお話でした★
おもしろかったです。

高校生にして、人生でほぼ初めて全部読み切った本が「イニシエーション・ラブ」でした。
読み終えたあとも疑問ばかりが残って、微妙な後味を感じましたが、このサイトに来られて本当によかったと思いました。
ありがとうございました!
Posted by 大野しほり at 2012年06月16日 13:21
初めまして。先日イニシエーションラブを読み、このブログの解説にお世話になりました。ありがとうございました。

800字小説読みました。おもしろかった!
心が温まりました。久美子と恵(恵としあきさんを連想してしまうw)の今後が気になります!ぜひ続編をお願いします!
Posted by あ at 2014年10月03日 22:47
こんにちは。
ネタバラシを楽しませていただきました。
最後のショートショート、面白かったのですが、私も「男性になりたかった」女性の話かと思ってしまいました。 男性がそのままひげをつけたくらいなら、声とかでも簡単にわかるだろう…と思ってしまったので。
これからも寄らせていただきますね。
Posted by ニコ at 2015年05月29日 11:59
こんにちわ。初めての投稿でドキドキです。

前から書店でこの本を手にとってましたが映画が公開されて気になり始めやっと古本で購入…。(笑)

読んでる途中も何か有る、何か有るはずと思いながらも恋愛小説の要素に引き込まれて最後を迎えてしまいました。(-.-)バカだぁ…。

って事でこちらのサイトで振り返ってました。

でも、最後にゴンザさんの800字を読んで一気にそっちへ引き込まれてしまいました。(笑)

エエ~やんかぁ。どうなんのよ?これから。とかいろいろ思いました。それから、騙された!とも。これから本読むときは、ちょっと用心しながら挑もうと思います。(笑)

またちょこちょこ寄らせてもらいます。
ありがとさんです。

Posted by ペレス at 2015年06月06日 13:33
イニシエーション・ラブの解説、楽しく読まさせて頂きました。
我孫子武丸さんの「弥勒の掌」もし良かったら読んでみてください!
Posted by 日向充 at 2016年02月06日 00:07
こんばんは。僕は映画でイニシエーションラブを見たクチです。辿りたどってここに来ました。ひねくれ者の僕は「恵」は男では?とは思ったのですが、もう一度読み返して所々にあるそこはかとない恋心のようなものが描かれていたのが、とても良かったです。
Posted by シン at 2016年09月07日 20:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2105119
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック