2005年02月24日

謎解き『イニシエーション・ラブ』 序章 時系列データ

【追記 2015.5.23.Sat】
映画『イニシエーション・ラブ』観てきました

一部ミステリーファンの間で論議を呼んだという問題作、『イニシエーション・ラブ』(乾くるみ作・原書房刊)を読んでみました。

『イニシエーション・ラブ』 乾くるみ


▲文庫版

賛否両論の激しい本ですが、なるほど、確かに「そうか、こう来るか!」と感心する作品でありました。考えれば考えるほど味の出てくるスルメのようなお話です。

そこで、私なりにこの作品の謎解きをしてみようと思います。「ネタバレ」ではなく思いっきり「ネタバラシ」です。これから読む気のある人にとっては、楽しみが半減するどころではありませんので、絶対に目を通さないで下さい。それではスタート。

【警告!】
『イニシエーション・ラブ』を読んだことのある人以外は、この下の記事を読むのは絶対にやめましょう!
かなりの長文なので、文字反転などのテクニックも使っていません!








いったんCM!








【目次】
  序章  時系列データ
  第1章 時制のトリック
  第2章 すり替えのトリック
  第3章 交錯ポイントと心理の動き
  第4章 暗示と象徴
  第5章 「静岡ローカル小説」としての『イニシエーション・ラブ』
  第6章 おまけ


この小説のトリックの正体は2つです。
・「僕=たっくん」がA面とB面では別人物であるということ。(すり替えのトリック)
・A面⇒B面という順序で展開されていると思いきや、ほぼ同時進行ということ。(時制のトリック)

この2つについて、「ああ、そういえば!」という後で見れば気づく記述(伏線)と、読者が矛盾点を誤って解釈するようしむける記述(ミスリード)が各所にちりばめられています。そこから浮かび上がる事実を結論から言ってしまえば「マユの二股恋愛物語」です。

手始めに「序章」としてこの小説の出来事を時系列で並べなおしたデータを示します。しかる後に個々の伏線・ミスリードについて解説していくことにしましょう。

序章 時系列データ

■物語開始以前
1986年
【A面】夕樹−マユ
【B面】辰也−マユ
4月始め   マユ、清水の歯科衛生士専門学校に入学
4月末   辰也とマユ、合コンで知り合う。
5月以降   辰也とマユ、付き合い始める。
辰也はマユを専門学校まで車でよく迎えに行っていた。
7月2日(水)   マユの誕生日。
この時、「ルビーの指輪」の話をしたか?
7月
『男女7人夏物語』スタート
7〜8月頃   海へ。マユの水着は白に花柄模様の、首の後ろで肩紐を結ぶ、背中の大きく開いたワンピース。
8〜9月頃   マユの初体験
9月
『男女7人夏物語』終了
1987年
【A面】夕樹−マユ
【B面】辰也−マユ
3月頃   マユが実家を出ると言い出し、辰也は部屋探しに何度も付き合わされる。
3月頃   辰也、大学の追いコンの後、酔ってマユをホテルに呼び出し、ケンカの末叩いてしまう。
4/1(水) 国鉄民営化 JRへと呼称変更
4月   辰也、「慶徳ギフト静岡」に就職。6月末まで静岡で研修。
マユも「秋山歯科」に就職。
5月   辰也、静岡ターミナルホテルのクリスマスイブ予約を入れる。
6/10(水)   マユの生理
6月半ば   辰也、マユへの誕生日プレゼントとして「ブーツ型ジョッキ」を買う。









いったんCM!










■物語開始以降
1987年
【A面】夕樹−マユ
【B面】辰也−マユ
6/19(金)   辰也、東京派遣の内示を受ける。マユに電話。
6/20(土)   マユに東京派遣の話をする。
受胎はこのときか?
6/23(火)   ダンボールが届き、引越し準備開始。
6/27(土)   マユが引越しの手伝いに来るが、部屋の汚さに閉口して帰る。
6/30(火)   引越し。
7/1(水)   東京本社1日目。入寮。
7/2(木)   マユの誕生日。辰也は派遣休暇で静岡へ。
辰也⇒マユのプレゼントは『男女7人夏物語』に出てきたブーツ型ジョッキと、銀座で買ったルビーの指輪。
7/3(金)   辰也は派遣休暇。東京に戻る。
7/6(月)   東京本社での本格的な勤務開始。
石丸さんと出会う。
7/10(金) 合コンでの初めての出会い。
マユはルビーの指輪をはめている。
開発二課歓送迎会。
石丸さんと一緒。
7/11(土)   マユの家に泊まりに来る。
7/12(日)   東京へ帰る。
7/13(月)   辰也、初残業。石丸さんと飲みに行く。
7/17(金)   石丸さん&劇団の後輩と合コン。
7/18(土)   静岡伊勢丹でマユとショッピング。
水着の試着をするマユ。
7/21(火)   試着で気に入った水着を買ったマユから電話。
週末に海に行く計画を立てる。
7/24(金)   突発性難聴発病。入院。
7/26(日)   海に行くはずだったが中止。
東京の病院で石丸さんの見舞いを受ける。
7/28(火)   退院。
8/2(日) 静波海岸での再会。
マユの水着は白に花柄模様の、首の後ろで肩紐を結ぶ、背中の大きく開いたワンピース。
劇団『北斗七星』の公演を観に。
8/8(土)   3週間ぶりに静岡へ。渋滞に巻き込まれる。
マユは日焼けしており、その日焼け跡は去年の水着。
8/9(日) 午後9時過ぎ、初めてマユに電話をする。 渋滞に巻き込まれ、海へ行くのをあきらめる。
マユ、生理が来ていないのを打ち明ける。
8/10(月) 家庭教師のバイト 石丸さんから告白を受ける。
8/11(火) 実家からの電話  
8/12(水) 図書館で暇つぶし  
8/13(木) 家庭教師のバイト  
8/14(金) 初デート。
服装に気を遣うようアドバイスされる。
マユはタバコを「今日はやめときます」と言う。
 
8/15(土) コンタクト&服の購入。自動車学校のパンフをもらいに行く。  帰省
8/16(日)   帰省から戻る。海藤と酔ってケンカ。
8/19(水) 服を取りに行き、その足で自動車学校入学。  
8/21(金) 2回目のデート。「たっくん」と呼ぶようになる。  
8/22(土)   マユの家へ。生理はやはり来ない。
8/23(日)   古庄の産婦人科で検査。妊娠3ヶ月。堕胎を決める。
8/26(水) マユから体調が悪い、ということで8/28(金)のデートのキャンセルの電話。  
8/28(金) デートはキャンセル。  
8/29(土)   マユの堕胎手術。マユ入院。
8/30(日)   マユ退院。辰也は東京へ戻る。
9/4(金) 3回目のデート。
やつれて見えるマユ。先週のデートのキャンセル理由は「便秘で一泊入院」。
マユ、タバコを吸う。
石丸さんと2人で「イニシエーション・ラブ」の話。
9/5(土)
BOOWYラストアルバム『PSYCHOPATH』発売
9/6(日)   静岡には行かなかった。
9/11(金) デート。4回目。  
9/13(日)   静岡には行かなかった。
9/15(火) 敬老の日。合コンのときの仲間でテニス。
マユの部屋で初体験。
 
9/18(金) デート。10月からは木曜日をデートの日にしようというマユからの提案。  
9/19(土)   静岡へのドライブ中、BOOWYのニューアルバムの曲をFMで聞く。
マユと鳥坂のラブホテルへ。
静岡に来るのは2週間に1回ということに。
9/23(水)   秋分の日。石丸さんとドライブ。ラブホテルへ。
9/26(土)   石丸さんと週末を過ごす。
10/3(土)   マユと週末を過ごす。
10/9(金)
『男女7人秋物語』スタート
10/10(土) マユが夕樹の部屋に来る。
以後、月に1〜2回のペースで来るようになる。
石丸さんと週末を過ごす。
10/17(土)   マユと週末を過ごす。
10/24(土)   石丸さんと週末を過ごす。
10/31(土)   マユを「美弥子」と呼んでしまい、破局。
11/3(火)   石丸さんにマユと別れたことを話す。
11/4(水)   マユからルビーの指輪が返される。
11/6(金) 自動車学校卒業試験合格。  
11/13(金) 自動車免許交付。  
11/14(土) 初ドライブ。ラブホテルでクリスマスイブの話。
静岡ターミナルホテルに電話をすると、ちょうどキャンセルが出たということで、幸運にも予約が取れる。
静岡ターミナルホテルのクリスマスイブ予約をキャンセル。
12/5(土)   梵ちゃんの送別会。
間違えてマユに電話をかける。
「たっくん?」という声の普通さに衝撃を受ける。
12/18(金)
『男女7人秋物語』最終回
12/24(木) 静岡ターミナルホテルでディナー。
マユはルビーの指輪を失くしたという。
 
12/25(金)   石丸家でディナー。
1988年
【A面】夕樹−マユ
【B面】辰也−マユ
4/5(火) BOOWY解散


私の好きな本

『掌の中の小鳥』 加納朋子

日常の謎をあざやかに解く主人公と、魅力的なヒロインの恋物語。
読むとほっこりします。
この本が気に入った方は同作者の『螺旋階段のアリス』もどうぞ。



【目次】
  序章  時系列データ
  第1章 時制のトリック
  第2章 すり替えのトリック
  第3章 交錯ポイントと心理の動き
  第4章 暗示と象徴
  第5章 「静岡ローカル小説」としての『イニシエーション・ラブ』
  第6章 おまけ




▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 19:08 | 静岡 ☁ | Comment(119) | TrackBack(61) | 小論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
素晴らしい分析!
プリントアウトさせていただき再読したくなりました(笑)。
Posted by ユミ at 2005年02月25日 19:35
ゴンザさん、はじめまして。
イニシエーション・ラブ、すごい分析ですね!
いやはや驚きました。
静岡が地元とはいえ、ここまで掘り下げるとはびっくり。
伏線も今まで気づかなかったものがたくさんあって成る程と思いました。
時系列の表なんかすごくわかりやすいです。
文庫化されるとき、このブログの内容を巻末に掲載して欲しいですよ、まったく。
単行本でもせめてちょっとぐらい解説があっても良かったのにねえ、と未だに嘆く私です。
それにしても蓬莱美由紀、やっぱり気になりますよね。何か重要な役割を与えられているに違いないと思ったのですが、ただ出てきただけ・・・。
これほど必然性がない描写は、この作品最大の謎ですよ。
Posted by おとぎ at 2005年02月26日 08:01
ゴンザさん、TB&コメントをありがとうございました!
早速「謎解き」拝読しまして、もう大感動〜。
時系列を年表にまとめるところまではやってみたものの(でもゴンザさんのように見やすい表にしていない辺りですでに適当)、細かいチェックは面倒くさくなって投げ出してしまったワタシなので、こちらの完璧に整理された時系列・トリック解説、もやもやしていたものがスッキリする感じでとっても楽しく熟読させて頂きました♪
「夏物語」と「秋物語」の区別などは何となくしていたんですが、個人的には全然気づいてなかった国鉄→JRの記述など、こちらで初めて気づかせてもらった細かいポイントのおかげで、またも再読したくなってきてしまいました…

ひょんなご縁でお邪魔したこちらのブログですが、他の記事もとても読み応えがあり、これからちょくちょく読みに来させて頂きたいと思います。
Posted by M-CHAMP at 2005年02月26日 17:17
はじめまして、TBありがとうございました!
かなり詳しい分析、お疲れ様です!
ここまでやるのは大変だったろうと思います。
とても解りやすくてありがたかったです。
図書館で借りたので今手元にはないのですが、私も再読したくなってきました。笑
Posted by マリ at 2005年02月27日 00:08
ゴンザさん、はじめまして。TBありがとうございます。
この分析、凄いですね!當に大作で。皆さんも上にコメントされていますけど、時系列の表は壓卷です。これを片手にまた讀み返したくなってしまいましたよ(笑)。それと「「静岡ローカル小説」としての『イニシエーション・ラブ』」で述べていた望月姓ですけど、私の母の實家が三島の上、山梨縣の身延にありまして、ここも望月姓が多いです(ご近所さんはみんな望月)。静岡山梨に多い姓なんですかねえ。
Posted by taipeimonochrome at 2005年02月28日 19:33
ゴンザさん、謎解きありがとうございます。
おかげですっきりしました。
年表のおかげですごくわかりやすかったです。
みなさんと同じく再読したくなりましたね。
Posted by miyu at 2005年02月28日 20:52
ゴンザさん、トラックバックありがとうございます。
これはすごい! ここまで詳しい資料を作って下さるとは!
読者にとってはとても助かりますね。
この時系列データを見ながらもう一度読んでみたくなりました。
Posted by 麻理 at 2005年03月01日 16:42
みなさん、コメントありがとうございます。

1週間くらいかけて作った労作なので、「見て見て!」とばかりにトラックバックしまくってしまいました。みなさん好意的に受け止めてくださってありがたい限りです。

一応「『イニシエーション・ラブ』を読んだ後はここに行け!」くらいの記事を目指してますので、もし何か新たなネタがあったら教えてください。

そして原書房の方、文庫版解説にURLを載せたいというようなご依頼は前向きに検討いたしますので、連絡乞う!(調子にのんな)
Posted by ゴンザ at 2005年03月02日 14:20
トラックバックありがとうございます。一気読みでは解らなかったことが、発見できました。すばらし分析だと思います。もう一度読もうかなと、思いました。
Posted by ken at 2005年03月02日 18:17
お邪魔致します。
初めてのTBありがとうございます。
ブログを始めて日が浅いので、
TBのやり方が分からずここで失礼します。

しかし、この年表には圧倒されてしまいました。
自分のブログがお恥ずかしい限りです・・。
今度、知り合いが読むらしいので、
読了後は、こちらのHPを紹介してみようかしらと。
Posted by 管理人 at 2005年03月02日 19:08
こんばんわ、TBありがとうございました。
すばらしすぎます、ほんと最強ですね。
改めておもしろいなあって感じさせられましたよ。この本読んだ人にはここを紹介しますね。
Posted by by kul_kul_96 at 2005年03月02日 21:10
トラックバックありがとうございました。
詳細な分析、大変参考になりました。
最後の2行で、それまで食い違っていた諸々の現象がドバ〜っと頭の中に流れ込んでくるのが本当に気持ちいい作品ですよね。
賛否両論あるらしいですが、これこそがミステリの醍醐味なのに否定派は何を持ってダメ出ししているのか私には解らないです。
失礼致します。
Posted by オラシオ at 2005年03月04日 13:55
はじめまして。先日はトラッシュバックをありがとうございました。
ぼくはこの本を図書館で借りて読んだため、今は手元にはないのですが、ここまで全編にわたって仕掛けがあるとなりますと、やっぱり読み直してみたくなってしまいますね。
でも、こんなにすべてのページを虫眼鏡で読み返したようなゴンザさんの熱意は本当にすごいです。
記載のミステリーとの関連ばかりではなく、静岡ネタ満載の地元小説でもある!と気づかれるなんて、まさに双方に非常に詳しいゴンザさんでなくては気づき得ないでしょうね。
本当にお疲れさまです!



※以下、少しだけネタの一部を書きますので、
読まれていない方はご注意くださいな。

ぼくが前に見た書評系サイトで、表紙裏のあらすじにも仕掛けがあり、読者は本編にとりかかる前にミスリードを誘発される、とありました。あらすじの段階で既に“たっくん”=夕樹であり、従って“たっくん”という名前が唐突に出てきても彼であるしか思わない…という感じだったような。
ただちょっとすぐにはそのURLが見つからないので、見つかったら改めてお知らせいたしますね。
Posted by やし太郎 at 2005年03月06日 00:51
ごんざさん 初めまして
昨日読了で、先ほど書評アップ、文末で本サイトに触れさせていただきましたので、TBいたしました。

いやはや、凄い分析で!よく再読が必要なミステリーは感覚的にわかったままで済ますんですが、ここまで分析されていると、またまた新発見満載で作者の苦労が偲ばれるところです。

本当にこんな細かい分析、頭の下がる思いです(^.^)
Posted by 聖月 at 2005年03月06日 09:52
はじめまして。
時系列のグラフが素晴らしいので、感動してしまいました。
この作品は、読後の感想が男女によってかなり違ってくるのではないでしょうか。
ちなみに、自分の妻(静岡出身)は、「女の子は、いつでも男の人に愛されていないと生きていけないのよ。」と言うものでした。
自分は、夕樹くんに同情してしまいましたが・・。
特に、マユと初めて結ばれた後の「初めての相手はタッくん、二回目もタッくん、(中略)ずっと
タッくん」(うろ覚えですいません。)という
部分を読み返した時、やり切れなくなりました。
あまり後味はよくないけど、印象深い作品でしたね。
長文失礼いたしました。
それでは。
Posted by ppp at 2005年03月07日 14:06
ゴンザさんはじめまして。
トラックバックありがとうございます。
非常に詳しく、あぁ!そんなところまで!と読んでついつい唸ってしまいました。
素晴らしいです。
これを読んで、原作を読めば、また違った読み方が出来そうですね。
再読してみたくなりました。
それでは、失礼いたします。
Posted by 白石 at 2005年03月09日 14:35
わわわわわ。皆様コメントありがとうございます。まとめてレスでごめんなさい。

おお。時系列の表が好評ですねえ。ほとんどこれ、自分のためにコツコツ作り始めたものです。本の中の時間を追っていけばいいので、実際にはみなさんが思われるほどには、大変ではなかったのですよ。

実は一番めんどくさかったのは……なによりも引用だったりします。引用する以上、正確に写し取らなきゃいけないし、どこの部分を引用したか明確にしなきゃいけないしで……。

「静岡ローカル小説」の視点が好評なのが、自分としてはけっこう意外。静岡に縁のない人には「そんなん知らんがな」で片付けられちゃうだろうなぁ、と思っていたのですが、みなさんけっこう楽しんでくれたみたいですね。

やし太郎さんの言う「表紙裏のあらすじの仕掛け」は……ちょっと思い当たることもあるので、「第6章 おまけ」に追記しておきますね。

pppさん、静岡出身の奥さんによろしく。女性が読むと「こんな子、どこにでもいるよ」という感想を持つようですが、男性が読むと「こ、こええええええ! 恋愛小説と見せかけてミステリだけど、真の姿はホラー小説かっ!」となりますね。

はじめても2回目も3回目もずっとたっくんってのは、もうこりゃブラックユーモアですな。アンタこの先全員「たっくん」ってつけるつもりかいっ(ビシッ)って。
Posted by ゴンザ at 2005年03月09日 14:48
ゴンザさん こんばんは〜はじめまして
偏ったミステリー好きのニックちゃんと申します。イニシエーションラブのホントの話がやっとわかり大感謝です。実は「このミス」(第3号から購入続けてます)等で話題になっていたので地元の図書館に昨年リクエストし、ようやく購入してもらい今朝読了したのですが、ただの青春小説としてしか読み取れず「このミス」によると最後の2行が…ということでさらに???状態でした。再読するにも迫る返却日…やっとスッキリ解決です!!まだ時系列表のみしか拝見させてもらってませんがこれからゆっくり他も読ませてもらいますネ(登場人物が実は犬だった・・・との某小説よりも印象に残りました  ネタばれ?)
Posted by ニックちゃん(♂) at 2005年03月17日 20:21
ふう〜、モヤモヤが吹き飛び全てがわかりスッキリしました。
ゴンザさんと乾くるみ、どちらもスゴイっス!
でも マユちゃん 浮気してたのかよ・・・
スッキリしながらもグッタリしました。
Posted by さとキン at 2005年04月01日 19:33
TBありがとうございます。

まじで分析表すばらしいですっ。
保存版ですね〜。
僕も静岡県人ですが、
静岡市のことはあまり知らないんですよね・・。
知ってたら「イニシエーション・ラブ」もっと楽しめたと思います。
Posted by macyafuj at 2005年04月02日 19:12
今日この本読んで、時系列とかちゃんと整理
したいなあと思ってたんですけど、
ゴンザさんのおかげでよく分かりました。
いやすごい!作るの大変でしたよね。

伏線も想像以上に張ってあるみたいですね。
うむ。この整理のおかげでこの本が二倍楽しめ
ような気がしてます。
Posted by pieter-jupiter at 2005年04月19日 17:37
素晴らしい分析ですね!
びっくりしました。
名前とかJRとか。そこまで伏線あったとは!
Posted by bubblegoose at 2005年04月21日 22:25
素晴らしい時系列の整理ですね。
こちらのブログでもリンクを張らせていただいたので、TBさせていただきます。
これぐらいやる以外にコメントしようのない作品ですよね・・・
Posted by K at 2005年05月19日 01:13
うぉー!
実は5月29日に本を読み終わった後「イニシエーションラブ」でググったので、ここの存在は知ってました。
というか密かにブックマークに入れてたんですがまさか自分のブログにTB頂けるとは!感激です。
Posted by ようすけ at 2005年05月31日 17:07
ゴンザさん、TBありがとうございました。僕もこのページは読後すぐに書評を探していた時に見つけ、すべて読まさせて頂いていました。あまりにも素晴しいのでクラクラきていました。(笑)
そんなページからTB頂き光栄です。こちらからもさせて頂きました。

この小説は本当に衝撃的としか言い様がありませんでした。読後1秒後に感じた違和感の正体に、5秒後にすべて気がついた時の驚きは人生の中でも1、2を争う程でした。(←おおげさ)

ちなみに僕も静岡市葵区民です。ローカル小説としてもとても楽しめました。(^^)
Posted by はる at 2005年06月02日 22:34
TrackBack ありがとうございました。
全部読みましたよ。
すばらしい分析ですね。感動しました。
タロットカードのことは、思いも寄らないことで、勉強になりました。
この小説を知らない人は、ここを先に読んだらだめですっ!

Posted by 瑠那 at 2005年06月06日 23:15
はじまして。イニシエーション・ラブをはじめて読んだとき、腑に落ちないところがあったのでインターネットで調べてみました。そしてこのページに出会いました。すごく分かりやすくて感謝感謝です。ゴンザさんの解説で気になったことがあるのですが、「緑ヶ丘のあさくま」は旧静岡市にありました。取り付け道路沿いです。数年前になくなってしまい、今はおすし屋さんになってます
。あさくまのステーキはめちゃくちゃおいしかったです。
Posted by キティー at 2005年06月29日 12:37
みなさん、いろいろコメントいただいているのに、お返事してなくてすいません。こんな長文を読んでいただいてほんと嬉しいです。このブログを観に来てくださる人の大半が、「謎解きイニシエーション・ラブ」目当ての方で、まさにキラーコンテンツと化しております。最近サーチエンジンで、えらい上位に表示されていることを知り、びっくりしています。

ところで、『イニシエーション・ラブ』は推理作家協会賞は取れなかったみたいですねえ。応援していたので、残念。ちょっと前衛的すぎたんでしょうか。

>キティーさん

「あさくま」情報ありがとうございました。そうらしいですねえ。まさか清水と静岡、どちらにも「緑ヶ丘」っていう地名があるとは思ってませんでした。第5章「静岡ローカル小説」としての『イニシエーション・ラブ』
http://gonza.seesaa.net/article/2125105.html#comment
でともっちさんにツッコまれてしまったのですが、まあそういう「まちがい」と「ツッコミ」もブログの双方向性の面白さだよね、というわけで、あえて書き換えないで置きました。

キティーさんは、もちろん静岡人ですよねー。この小説、静岡新聞で取り上げられたこともあって、遅まきながら静岡でちょっとしたブームになってるみたいですね。
Posted by ゴンザ at 2005年06月29日 13:15
ご訪問ありがとうございます><
もうこのサイトすごすぎて パチパチパチってかんじです!

イニシエーションラブは本間に、最後の「ねぇ、辰也 何考えてるの?」(しかもふりがなつきやし!)でなんでやねん!ってなって 1美弥子とまゆが同一人物!?というか同級生でまゆから寝取って復讐?・・2美弥子がたっちゃんのさいふを盗み見て、たっちゃんってよんだとか。。3別の二股相手の名前が辰也で・・あそこで美弥子がゆうきの名前を呼び間違えて破局か!?とか真実には遠すぎる憶測ばかり頭にありました笑
われながらあほで、もがいた末
amazonさん 2ちゃんねるさんまでいってゴンザさんのとこにたどり着きました笑

最初の目次にヒントがとかかいてあったから
たて読みしてみたり笑 もう意味不明なこと連発でしたので、本当に助かりました。

ゴンザさんの文章を拝見し
さらに、美弥子と美弥子の姉との関係がめっちゃきになりました笑

それにしても細かい分析で参りました。
脳に叩きこみ、堪能させていただきました^^
本当にどうもありがとうございました〜★
Posted by たえか at 2005年07月07日 19:57
トラックバックありがとうございました。
それにしても本当にすばらしいです。
この本は主人に勧められて何となく読んでいたのですが、最後、、本当に最後の数行で、
今まで読んでいた本が全く別物の顔になったような気がします。
やられた・・・まさしくその一言でした。
これを人に勧めたいけれど、
どう説明したらいいか、、
やはり、読み終わったらまた読み返したくなる本、そういうしかないですね。
みなさんと同じく、、この分析した表をプリントアウトしたくなります。

この次のリピートもおもしろかったし、
これから気になる作者の一人になりました。
Posted by ころん at 2005年07月08日 16:05
この本はごちゃごちゃ言ってネタバレしたら元も子もないから、「とにかく読め! 悪いようにはしねえから!」とすすめるしかないですね。

……『リピート』……ここまでやってるから、みなさんゴンザのことを熱狂的な推理小説マニアにして乾くるみファン、と思ってらっしゃるかもしれません。しかしながら、実は「古典」と言われるミステリも読んでなければ、『リピート』『塔の断章』も未読だったりします。まずいな……。
Posted by ゴンザ at 2005年07月08日 19:58
TBありがとうございます。素晴らしい分析のおかげで、すっきりすることができました。それに、いろいろな方が読まれているのを、知ることができました。ありがとうございます。他の作品も、読んでみたくなりました。田舎なので、なかなか見つけられないのですが。 ;^_^A
Posted by 上州あられ at 2005年07月11日 19:50
現在、北京駐在のシィアンやんです。
こっちではなかなか日本の本が読めないと
思い、ミステリー主体に何冊か本を持って
きていたのですが、このイニシエーション
ラブにはすっかりやられました。
本当に「このミス」の書評どおりでしたね。
このもやもやをどう解消したらいいか・・・
と悩んでいたところ、このページを見つけました。おかげで再読は2回で済みました。
ゴンザさんありがとうございました。
Posted by シィアンやん at 2005年08月10日 00:10
見事な分析に恐れ入りました!!!
私のページで以下の如く、紹介させていただきました。

>このところ、ビジネス書の類を超乱読していたので、「たまには何か面白いものを・・・」と、本屋の別なコーナーをぶらぶらしていたら、「最後2行のどんでん返しに愕然、そして必ず再読したくなります!」と紙が貼ってあったので手にとってみました。ミステリー作家の作品とも知らず・・・。

「久しぶりだなぁ、こういう恋愛モンって・・・」などとのんびり読んでいたのですが、場面設定が静岡市だったり(私も静岡県出身)で、ローカルな場所の名前がいっぱい出てきたり、「男女7人●物語」シリーズの話題がでてきたりして、ちょうど大学生〜就職直後くらいの時の自分の経験との「オーバーラップ感」も楽しんでいました。

ところどころに変な違和感を覚えながらも、ついに最後の2行。読み終えて「???」、そして「もっ、もしかして!?」・・・。

直後にひっくり返して、あちこち前のページを見てみたのですが、限界を感じていたところ、ネットで見事な「分析&ネタばらし」をされている方のページを発見しました。

Look out!!・・・その代わり、読もうとしている方は完読してから行ってください!! http://gonza.seesaa.net/article/2124042.html

構造が判ったら、どっと疲れが出ました。いやぁ、見事です!

・・・でも、残念ながら私にはこんなことを考えながら読む時間もなければ、能力もありませんわ(泣)。再読!?・・・しばらく遠慮しておきます。いろいろ落ち着いたらにしますわぁ。

再び「ビジネス書路線」に邁進します(笑)。
Posted by さっぱりサラリーマン at 2005年08月12日 17:25
はじめまして。
先日「イニシエーション・ラブ」を読み終えて、頭の中が???のまま、こちらにたどり着きました。
そうですか、そういうことだったんですね。
途中、不必要に詳しい描写は伏線だったのか。
それにしても、一番の「女優」はマユだったかも。
Posted by 三冬 at 2005年08月20日 21:43
みなさん、リアクション遅れてすいません。最近仕事がらみでもう1個ブログを抱え込んでいまして、大幅な自分の容量オーバーに悩まされています。
参考にしていただけてとてもうれしいです。このお話は自分で解くのが面白い、という部分もあるので、余計なことしやがって、と言われるかもと思っていたのですが、みなさん好意的に見てくださってありがたいです。
Posted by ゴンザ at 2005年08月22日 15:35
拙い記事ですが、TBさせていただきました。
ゴンザさんの完璧な分析を閲覧させていただきました。
詳しい分析、誠にありがとうございます。
補完していただくことで、トリックの全貌をしり、より本書の構成力にびっくりしてしまいました。「第4章暗示と象徴」なんてもう脱帽です。
ちょっとした分析本で発売できるんじゃないかって思ってしまいました。
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by 流石奇屋ヒット at 2005年09月07日 22:22
はじめまして。TBさせていただきました。
ゴンザさんのおかげで、読み終わった後の
「なんとなくだまされて面白くない気分」が
一変しました。
Posted by schneebly at 2005年09月15日 20:45
はじめまして、ゴンザさん。勢い余って、TBさせていただきました。いやぁ、それにしてもすごい小論文ですね。ここまで分析されれば、乾くるみも書いた甲斐があったのではないでしょうか。
再読は「チープラブ〜マユの物語〜」として読んでみます。
Posted by まちゃあき at 2005年10月16日 14:13
ゴンザさん、初めまして。
コメントどうもありがとうございました。
私の方からTBさせていただいた事とか先にコメントを書かなきゃと思っていながらそのままにしてしまっていてどうもすみませんでした。
私は読解力が低いのかひと通り読んだだけではすぐに気付かなかったのですよ。
それでネット検索でここに辿り着いてゴンザさんの文章を読ませていただいて「なるほど〜、そうだったのか」と納得できたのです。
「イニシエーション・ラブ」を読んだ人にはセットとしてここも読んで欲しいと思うぐらいでした。
私の従姉妹は「つまらない恋愛小説だ」と思って途中で読むのを投げ出してしまったそうです(苦笑)
う〜ん、惜しい・・・。
Posted by のりこっち at 2005年10月18日 20:00
はじめまして、「本のある生活」にTBされていたところから、飛んできました。
読ませていただきました。凄すぎます〜ここまで深く分析する情熱。素晴らしいですね。
私は★三つの評価をしたんですが、ゴンザさんの分析の後では、★五つの作品なのかな〜と評価を上げたくなりました。
二度読んで、おお〜分かった!なるほど!と思っていたのですが、気付いてないこと、読み落としていたことなど発見できて良かったです。
ありがとうございました〜
Posted by エビノート at 2006年02月22日 17:24
古本屋で見つけて読んだんですけど、
こんな詳しい解説あって感激です。

主人公のキャラが何か違うのに違和感を覚えつつ…結局騙されました 笑
Posted by ふらすと at 2006年08月21日 22:17
はじめまして、ゴンザさん。
最近イニシエーション・ラブを読んだのですが、やられた〜の一言でした。
ゴンザさんの解説を熟読しあらたな発見もチラホラ状態。
おかけで確認の楽しさを頂きました。
ありがとうございます。
Posted by きつね at 2006年09月22日 21:15
コメントを頂いたことをしばらく気づかなかったので
お礼は遅くなりました
ミステリーだ と教えてくれただけでも
半分はすっきりしましたが
ここまで「解剖」できて本当に脱帽です
本当はこのページを参考しながらもう一回読みたいのですが
でも時間は・・・
どうも有難うございました
Posted by taio at 2007年01月08日 20:31
はじめまして!
トラックバック、遅くなってすみませんでした。
とにかく初めてだったので、トラバの仕方を、ネットで調べつつ、何とか出来ました・・・

それにしても、素晴らしく細かな分析ですね!
楽しく読ませて頂きました。
ありがとうございました。
Posted by たちばな ますみ at 2007年04月18日 16:54
ゴンザさんはじめまして。
小説(文庫本)読み終わって、巻末見て「なるほどー」と思ったのですが、それでも謎は残って。
検索かけてすぐここを読みふけりました。
お陰ですっきりしました!

本当にナイス分析です。ここのURLを巻末に載せてほしいですよ。

物語がさらに面白く(怖く)感じることができました!本当に感謝してます。

Posted by 443 at 2007年09月05日 00:40
ゴンザさん詳しい解説ありがとうございました。
睡眠不足の状態から一気に読んだ本だったのですが、読むスピードが速過ぎて(ナナメ読み?)ディティールが掴めなかったもので、ココに辿り着きました。すっきりしたら、もう一回どころか三回ぐらい読んじゃいました。ピンクレディ世代なんで、AB両面の曲があたまの中でぐるぐる回ってますね。マユのテーマソングは「ジュディ・オング」かな?
映画化しねぇかな!サントラ面白そう。あ〜ウンチク語りてぇ〜
Posted by 素人丸出し at 2007年09月18日 23:39
文庫になって読みまして、このサイトにたどり着きました。
もの凄い分析すばらしい。

で私も2つほど気になっていることが。
まゆが飲むアルコールは最初は「レモン」サワーで、例の入院以降ビールジョッキ2杯!になりますよね。
これはやっぱつわりだからでしょうか。

で、今と逆のことを言いますけど、ほんとに中絶だったんでしょうか、あの入院は。。
普通妊娠が分かったらアルコール控えるでしょ。
8月の段階でもう辰也とは別れるつもりで、妊娠説を出したんじゃないですかね。
ほんとは検査のときもう分かってたとか。

。。考えすぎかなぁ。
Posted by Fuh at 2007年11月02日 23:44
あー。その「偽装妊娠説」に関しては

第3章 交錯ポイントと心理の動き
http://gonza.seesaa.net/article/2124930.html#comment

のコメントに書いてますので、良かったら読んでみてください。本文の中では、根拠が薄いかなー、と個人的に感じる説に関しては、書かないようにしていたので……。
Posted by ゴンザ at 2007年11月03日 00:58
はじめまして。
今日読み終わったところで、読み直しながらこちらの解説を拝見させていただきました。
目からうろこが落ちまくりです。
改めてすごいっ!

一つ疑問なのはマユがなぜ、夕樹に惹かれたのかなと?
初めてあったときに鈴木の名前に反応してますが。
やっぱこいつならチョロイと思ったんでしょうかね?
Posted by ten at 2007年11月08日 22:46
はじめまして。

ここでまとめられた内容を読んで、自分の見落としの多さに気づきました。
すごい分析です。
時系列データは、再再読の際に非常に参考になりました。

僕がひねくれているのかもしれませんが、マユの妊娠については、夕樹が父親だと思っています。HPにまとめた物を書きましたので、ご一読願えればと思います。
Posted by tvwatcher at 2008年01月17日 10:42
分析はすばらしいと思います。参考になりました。
 一点疑問があります。
 文中に夕樹はマユと行為に及ぶとき、童貞と処女喪失という表現使ってるので、夕樹の性行為が先行していないと論理的につじつまあわないようなきがするんですが。
 はじめてじゃないならそうだとわかるはずなんで(血がでるとか・・・)、そこらへん矛盾感じました。
 
Posted by イニシエーションラブ否定派A at 2008年02月28日 08:39
はじめまして。
小説のほうを読んで、唖然としてこちらに
たどりつきました。
とても詳しい解説でわかりやすかったです。
マユの妊娠説など、いろんな考えがあって
おもしろいですね。
読むたびに新しい発見がありそうです。

記事の中でこちらのページをリンクさせて
いただきました。
ご迷惑でしたらおっしゃってください。

Posted by まりこ at 2008年02月28日 13:32
私も最近同書を読んで、すっかり騙されたクチですが、これまであまり指摘されていない部分での違和感は、A面鈴木の「なぜ女性経験も少なく不器用な自分に目をつけたのか」という疑問に対しての繭子の回答。
「だからこそ、ですよ。誠実だと思うんです〈以下略〉」
これが、放蕩亭主に悩まされた30代40代の離婚経験者の女性が言うのならわかるのですが、小娘の台詞としては・・・。第一、相手のファッションなんかには結構注文つけたりしているじゃないですか。
Posted by ままん at 2008年03月16日 22:28
この小説を読んだとき思い出したのが、名作アドベンチャーゲーム『EVE burst error』
プレイヤーは2人の主人公[私立探偵 天城小次郎]と[内閣諜報室エージェント 法条まりな]を交互に操作して2つの事件を捜査する。
やがて2つの事件は絡み合い、プレイヤーは同じ出来事・同じ人物を小次郎視点・まりな視点で見ることになる…

で、2つの事件に共通する重要な登場人物が[御堂真弥子]
真弥子(まやこ)、繭子(まゆこ)、音が似てるのは偶然かなぁ
Posted by 東海道 at 2008年07月08日 23:22
はじめまして。
春頃に友人に紹介されて、先日文庫が平積みされているのを発見し、暇になったので読んでみたのがこの本でした。

自分も最後の2行を読むまで「違和感」を持ちながらも主人公男性を別人物とまでは断じ切れず、最後まで読んで初めて遡って「同時進行」にびっくりしました。

で、自分で追いかけただけではきっとトリックが網羅されていないだろうと思い、ウェブ検索をしたところ、このブログを見つけました。

自分では気付かなかったところがわかりやすく解説されており、感動しました。
どうも、ありがとう&お疲れ様でした。

僕はあまりミステリーは読まない(京極くらい)のですが、読んでみようかと思わされる作品でもありました。
他人様のブログにコメントしたりもしないのですが、今回は感謝と敬意を表して、書き込みさせてもらいました。

それでは。
Posted by ゆうき at 2008年07月19日 14:58
先日読み終わりました。
詳しく解説ほんとうに助かります!
レモンサワーのことは特に書いてなかったんですが
あれは妊娠するとすっぱいものが欲しくなるっていう伏線だったんじゃないかと思います。
Posted by て at 2008年07月20日 17:15
この物語は、甘く切なく共感する部分がいくつもありました。
2度目に読み返した時には、時間を巧みに絡めた展開に感嘆させられました。

マユは辰也、夕樹と付き合う前に別のたっくんと付き合っていたのでは、と思っていました。

愛のメモリー マユの台詞「ううん。二度目の相手もたっくん。三度目の相手もたっくん。これからずっと、死ぬまで相手はたっくん一人。」や心のいろ 辰也の もちろん彼女の浮気などは想定の外にあり、ただ、中に出したことがないという事実が僕の側にあったために、の場面に、たっくんの起源になった別の人物がいたのではと思っていました。
深読みし過ぎでしょうか。
Posted by ゆうこ at 2008年07月21日 20:09
はじめまして
遅ればせながら読みました。
完全にやられた一人です。
ショックから覚めやらぬ内にこちらのブログに辿り着きました。
非常に詳細な解説で再読の際の参考にさせていただきます。
拙ブログでも紹介させてもらいました。
Posted by TOY at 2008年09月14日 22:09
はじめまして。
最後の2行で慌てて前に振り返ったのですが、
トリックがいまいち解けなくて、
すっきりしなくてこのブログにお邪魔しました。
トリックがこんなに分かりやすく解説されているのでとても参考になりました。
もう1度読んで照らし合わせてみたいと思います。
とても参考になったのでこちらのブログを紹介させてもらいます。
Posted by yumi at 2008年10月09日 20:45
ゴンザさん、はじめまして。

この謎解きに感激です!
本当にありがとうございました。

正直言って、鈍感な私は、本を読んでも、
解説を読んでも、謎は解けず。
性格の豹変に違和感を持った程度でした。

でもきっと何かあると思い、ここに辿り着き、
おぉーーー、とびっくりしています。

すごく深いですね。
ゴンザさんの深い洞察力に感激です!
Posted by _こうちゃん at 2008年11月01日 10:27
いや〜まいりました
自分がこの本を読み終わった時
所々ふに落ちない部分があってここで見させていただいて、すべて謎がとけました!
さすがですね!
Posted by at 2008年12月01日 17:14
こんばんは。
大変わかりやすい解説、じっくり読ませていただきました。
本当ありがとうございます!
そしてブログ記事にリンク貼らせていただきました。

ゴンザさんの解説を全部読んだ後、もう一度読み直しました。こんな沢山しかけがあったなんて。すっかり騙されました。
Posted by masako at 2008年12月10日 00:18
いやー解説すばらしいですね!!

イニシエーションラブは、
はじめて読んだときは
「あー、やられた!」と思い、
複線ふまえた上で読み返すのが
とても面白かったです。
叙述トリックにはまるきっかけでもありました。

わかりやすい時間軸表、
参考になります!
Posted by よこ at 2008年12月25日 17:15
初めまして。
解説、非常に参考にさせていただきました。
当時の天候まで調べられるなんて…脱帽です^^;


ワタシも、ブログを書いています。
TB機能を使っていないので
この本の読書感想文記事にリンクを貼らせてもらったですが、差し支えなかったでしょうか?
問題がありましたら、ご一報いただけると幸いです。

今後も更新、頑張ってくださいね^^
Posted by みやこの at 2009年01月19日 23:41
B面のたっくんには生理的になんかダメだなと思いました。
ですが、納得。
やはり別人だったのですね。

とりあえずこれって恋愛小説っていうより、恋愛恐怖小説な気がします。
妊娠偽装説とたっくんは3人いた説を支持します。

女性のしたたかさを改めて思いました。
とりあえずずっと本棚には置いておきたくない本の気がします。
便秘で入院って、比喩が恐ろしいですよね。
Posted by やす at 2009年03月02日 00:48
ゴンザさん、はじめまして。

こちらに伺って初めて物語を楽しむ事が出来ました。
見落とし箇所を色々発見できて楽しかったです。
私としては物語外でもどんでん返しがありました(´∀`)

そんな事をブログに書いた際に、リンクさせて頂きましたのでご連絡です。
ご了承頂ければ嬉しいです。

読んだ方は皆さんこちらに来られてるんじゃないかなぁ〜すごいな〜。
Posted by 猫田 at 2009年03月13日 04:17
ゴンザさん、はじめまして!自分は一読してもトリックが理解できなかった人間の一人だったので(一応ミステリーファンを自称していたのですが)、この詳細な解説には感動致しました!細部に渡るまでの詳細な解説ですべて理解することが出来、感謝です!
ブログにもここの紹介をさせて頂きましたので、自分もご了承頂くと有難いです。

この度は、本当にありがとうございました!これで、ミステリーファンではないなんて凄すぎです!それに、比べて自分は(笑)
Posted by ジャム at 2009年04月02日 20:02
ゴンザさま、はじめまして。
詳細な分析に感服いたしました。

自分の推理が正しいのか、テストの採点をするような気分で読ませていただきました。

あまりにも充実した内容でしたので、サイトにリンクを貼らせていただきました。
お知らせいたします。
Posted by 元図書館司書 at 2009年05月30日 11:36
初めまして。
素晴らしい分析に助かっています(笑)
私がごたごた説明するよりも速いかと思いましたので
リンクさせていただきました。
事後報告で申し訳ございません!
Posted by kanako at 2009年06月29日 16:56
今日は。
矛盾があることには気付いたものの、
完全に別人とは気付きませんでした。
じっくり再読すべき所でしょうが待ちきれずに
謎解きを求めて辿り着きました。

時系列にすっきりまとめてあって素晴らしい!
気になった点を補足してマユの心の動きを追っています。
単純に読むとかなり魅力的な女の子です。
粗暴な面もある辰也に対し繊細で優しい夕樹を射止めようと
頑張る健気な女の子と思えるといいなと。
Posted by sayle at 2009年10月22日 09:44
大変助かりました。
sideAのマユが
たしなめ方が大人だなぁ… 何てのほほんと思ってたんですがマユちゃんはそんな事になってたんですね。
本当に
イニシエーション・ラブな話んなんですね…

Posted by なつみ at 2009年11月03日 09:56
はじめまして。
すごい読解力ですね!
大変興味深く読ませていただきました☆

ちなみに、マユが妊娠中は生レモンサワーを飲んでて、堕胎後はビールを飲んでいるのもやはり関係ありますかね??
Posted by ひろみ at 2010年06月22日 00:43
こんにちは。3年振りに、イニシエーション・ラブを読む機会があったのですが、少し発見がありましたので、ご報告します。3年前に最初に読んだときは、ゴンザさんの時系列データ等に、大変お世話になりました。

発見というのは、マユは夕樹と付き合う前に北原君と付き合っていたのではないかということです。推測の根拠を簡単に書きますと以下の通りです。

1)合コン慣れしていて、マユのことが3人の中で一番いいと言っていた北原君が、合コンの後、何もマユにアクションを起こしていないとは考えづらいこと。それに気がつかないなんて、夕樹はやはりうぶな感じがします。
2)マユは電話で女の人を「器用」に扱える人を非難していますが、これは辰也のことではなくて、手品師=北原君のことではないかということ。辰也はむしろ、人付き合い等に不器用な印象がありますね。
3)夕樹に「北原はどうなの?」と言われて、マユが黙りこんだこと。これは、図星をさされたのではと想像します。
4)妊娠していたら結婚しようと辰也に言われて、マユが嫌がったこと。これは、お腹の子供が北原君の子供である可能性もあったので、素直にOK出来なかったのではと想像します。辰也が酒を飲んだりすると暴力をふるうDV男だいうのも、勿論、ためらいの理由でもあると思いますけど。(これこそが、マユが二股をかけようと思った動機なのですから。)
5)北原君は大石君から、「きんちゃん」と渾名で呼ばれていますが、例えば、「均」という漢字の名前ならば、人名だったら、「ただし」とも読むので、「たっくん」と読めなくもないこと。これは、マユの「最初もたっくん、二度目もたっくん、三度目もたっくん」という発言と符合すること。
6)鍵の手品は、おそらく、鍵を提供したマユの協力が手品の仕込みとして必要な手品だったのであり、おそらく、その時までは、マユは、辰也と北原君と夕樹の三股を掛けていたのではと想像します。手品の種が、よく分かりませんので、確定的なことは言えませんが。

何かご意見等あれば、ホームページ等でご意見聴かせて下さい。では〜。

Posted by エンリル at 2010年06月25日 03:25
すごくわかりやすい解説ありがとうございました(*^_^*)

再読してもやっぱりいまいち理解し切れなかったのでこの解説を読ませていただきました★
すごくわかりやすくて謎も解けたし、何よりミステリー小説を味わえてよかったです!

レビューのところにリンク貼らせていただきます(o・v・o)よろしくおねがいします!
Posted by tomomi at 2010年09月03日 11:07
はじめてきました。
私は中2ですが・・・
このイニシエーション・ラブを読んでみたいと思っています。
中2の私が読むのには合っていませんか?
読んだ方のお話が聞きたいです。
皆様のご意見をお願い致します。
Posted by きょん at 2010年09月29日 20:09
>きょんさん

このページをここまで読んでしまっているのなら、オススメしません。ネタがバレてしまっていますから。

また中学生のあなたには、時代背景がよく分からないでしょうし、性描写も詳細すぎるかもしれません。大学生くらいになって、ネタがなんだったか思い出せないけど、タイトルを思い出したら、読んでみたらどうでしょうか。
Posted by らる at 2010年09月30日 08:33
らるs>
そうですか・・・。
うえのネタは読んではいません。
面白さがなくなると思ったので。

1つ聞きたいのですが・・・どういうラブストーリーなんでしょうか?中学生の私には刺激が強すぎますか?
Posted by きょん at 2010年09月30日 18:55
>きょんさん

中学生向けではないですね。
@性描写がある。
A時代設定が80年代後半なので、イメージが掴みにくい。

それでも良いというのであれば、読んでみて損はないと思います。
Posted by 龍之介 at 2010年10月08日 14:35
やっぱりですか・・・。
高校生の友達が読んで面白いといっていたので
読もうかなって思ってたんです!
時代とかは結構大丈夫なので・・・
読んでみようかなって思います!

お答え有難う御座いました!
Posted by きょん at 2010年10月12日 19:19
解説とても分かりやすかったです(^_^) ありがとうございました。
Posted by at 2010年10月29日 11:11
一度読んで、違和感があったので何度か要所要所を読み直しこのサイトを見て、再度ゆっくり読み直しました。おかげさまで3度楽しめました
Posted by hiro at 2010年12月14日 11:21
解説拝読いたしました。
違和感を感じていながら、騙されていたことにすら気がつきませんでした(恥)。
ゴンザさん以上の解説ができませんので、
拙blogにリンクを貼らせていただきました。ご容赦ください。
さ、も一回読んでみよっと。

Posted by hee at 2010年12月25日 10:00
ゴンザさん。
はじめましてこんばんは。

読了し、すぐに解説を検索してこちらのサイトに当たりました。

いま、大変すっきりした気持ちです。
B面読んでて、ずいぶんとまあたっくんは尊大な人間になりやがりまして(笑)などと考えてはいたのですが。
別人とは。

そしてマユっったら(^^;)。

もう少し時間をおいてから読み直そうかと思います。
ありがとうございました。
Posted by こりき at 2010年12月29日 23:52
職場の後輩に
【なかなかの裏切られた感のある本があるんです】と渡されたのですが(笑)、
先ほど読み終わりました。
貸してくれた彼女曰く、
【かなりの覆された感です。疑いながら、考えながら読むとおもしろいんですケドねー】

なんて言われていたので、
早く最後が読みたくて(笑)。



…なのに結局、このトリックには気づかず!
すっかり【?】で、
読み終えてすぐにこちらの解説サイトにたどり着きました!


なるほどー!
明日、もう一度読んで、
貸してくれた彼女とたっぷり感想を言い合いたいデスね(笑)★


Posted by なつ林檎。 at 2011年01月27日 03:27
自分で作ろうと思ったのですが、きっと既に作ってくれている方がいるだろうと見込んで検索!

わかりやすい!
すばらしい!
より楽しめました!

ありがとうございます☆ 
Posted by yukikon at 2011年02月02日 06:32
読み終えた瞬間、「辰也って?」と茫然自失してしまったので、ネタバレで検索しこちらにたどり着きました。
年表わかりやすすぎます!ありがとうございます。
 
もう一度読み返してみます。
ありがとうございました
Posted by 古 at 2011年03月04日 20:00
非常にわかりやすいですね。
海水浴のくだりがきちんとリンクしていることや、便秘が実は堕胎だったのはここを見てようやく理解しました。

でも、ボーイの解散関係あるの?w
Posted by at 2011年03月18日 22:08
あ、「A面の1年後である筈」という部分と矛盾するということですね。失礼しました。
Posted by at 2011年03月18日 22:43
マユが堕胎した子が、本当に辰也の子だったのか? 実は他にも男がいたんじゃないか? というのが残されたミステリーではないでしょうか? 辰也は、身に覚えがないというようなことを言っています。この疑惑が、マユをより怖い存在にさせている気がします。
Posted by at 2011年03月23日 21:09
イニシエーションラブをもっと知りたくて、ここにたどり着きました。
日記の方も少し読まさせていただきました。
私は他人の考え方を知るのが好きなので、読んでいて面白かったし、あなたに興味を持ちました。
Posted by 綾 at 2011年03月25日 11:18
読後、さっぱり意味がわからなかったので、助かりました。これから2回目読んでみます。
有難うございました!!
Posted by Yasu at 2011年04月23日 22:22
 読後モヤモヤして検索したところ貴ブログを発見しました。
 すばらしい分析ですね^^
 自ブログにリンクを張らせていただきました。ありがとうございました。
Posted by ワンビート at 2011年05月03日 00:43
「辰也?」

・・・えっ????????????????

と、パニックになってた所を救って下さってありがとうございました。

夕樹、かわいそ過ぎじゃないですか?

静岡の美味しいお水を飲んでみたいです。
Posted by ハニまる at 2011年06月02日 02:06


一番最後で何がなんだか
分からなくなり、
検索したところ
こんな結果だなんて!笑


マユはすごいです!


Posted by もっちゃん!!!! at 2011年06月08日 23:51
巻末の解説を読んでもまったく意味がわからなかったのですが、こちらを読ませて頂いて
ようやく納得できました。

平成生まれなので時代背景が掴めず、その辺りのフセンやトリックがわからないのが悔しいですがわたしはこの小説好きでした。
Posted by あかね at 2011年10月19日 15:38
ゴンザさん、初めまして。

最近イニシエーションラブを読みまして、色々疑問がわき、探していたところこちらに辿り着きました。

非常にわかりやすく、大変助かりました。
マユの二股まったく気づきませんでした:笑

そしてそして、Perfumeファンなんですね。
私はなかなかチケットが取れず、4年待ってJPNでライブ初参戦なので、楽しみです。
ちょくちょくお邪魔しますので、よろしくお願いいたします。
ツイッターフォローさせていただきました:笑
Posted by 瀬文コス@ろーどすたー at 2012年01月13日 01:07
P114より
「二度目の相手もたっくん。三度目の相手もたっくん。
これからずっと、死ぬまで相手はたっくん一人」


・・・恐ろしいと心底思いました。(笑)
Posted by 女はコワイ at 2012年01月24日 22:50
初めまして♪

みんなが「最後の二行が…」と連呼するので わくわくドキドキしてたのに、私がアホなのか意味不明でした。

けれど、ゴンザさんの分かりやすい解説で 口に出しちゃうほど納得しました☆

マユ、怖っっっ。今後、マユ系の女には気をつけます。笑(同性やけど)

ありがとうございました♪
Posted by LEON∞ at 2012年04月17日 07:07
P.S. この本はUVERworldのボーカルの方、
影響されたファンの方、スタッフさんまでも(携帯サイトの、有料の方のスタッフさんのブログにて紹介)読まれたそうな♪♪♪
Posted by LEON∞ at 2012年04月17日 07:11
「王様のブランチ」で紹介されていたので、「イニシエーションラブ」を読みました。そして「再度読みたくなる」意味が、ようやくわかりました。この時系列表のおかげで頭の中が整理され、まず思ったのは、「女って怖いな」ってこと。マユも怖いし、美弥子も怖い!逆に男たちは、女が張った罠にうまい具合にだまされている。これは女性の書いた小説じゃないなと感じたら案の定…。最後に私見ですが、マユのモデル、ひょっとしたら「松田聖子」かなと。辰也と付き合い始めた前年1985年、郷ひろみと破局し、「生まれ変わったら一緒になろうねと話し合った」と会見で語った後、まもなく神田正輝と結婚。私の中ではマユと重なるのです。
Posted by 茶々姫 at 2012年04月20日 09:36
UVERworldのTAKUYA∞さんが紹介していたので読みました。
1回目を読み終えて、理解できなかったため、ここの解説にたどり着きました。
とても、分かりやすかったです。
たっくんが2人だったとは...。最後の2行で気づきました。
個人的に、マユと夕樹は幸せになって欲しいです。
理解した上で2回目読みます!!
ありがとうございました♪
Posted by クオリ at 2012年04月22日 23:04
イニシエーションラブを二回読んでも意味がなんとなくうまくつかめず、こちらのゴンザさんのページを拝見致しました。
拝見し、やっと、もう一度読みたい!!!という気持ちになりました。
本当だったら、自分でゴンザさんのように、イニシエーションラブを読解したかったのですが、私には無理でした。
時系列データ、とても分かりやすく、先に購入して軽く読んでいたリピートとも関係性をもたらしている、彼女の作品に、深さを思いきり感じさせられました。
ゴンザさんの解説、大変参考になり、不可解なまま、イライラしてた私ですが、ゴンザさんのお陰で、まだ本は手元にあります。
三度目、読んでみます。
Posted by ~IKA~ at 2012年05月23日 20:41
> 〜IKA〜さん
「彼女の作品」じゃなくて「彼」ね。
Posted by もいもい at 2012年06月01日 07:39
なるほど、やっと分かりました
2回読みたくなるってどんなすごい話なんだろうって思ったら
結局意味が分からなくて読み返すって事か?と思って
読み返しても意味が分からず
ココにたどり着きました

あーすっきりした
Posted by michy at 2012年07月11日 16:55
この解説ページはすごいです!このコメント量もすごいけど。
自身のブログでもこのページを紹介させていただきました。
「やりやすいことから少しずつ」というブログです。
Posted by エセ at 2013年02月14日 23:18
文庫本を読みました
面白かったけど理解が足らずモヤモヤした気分で検索してみたらコチラがヒットしました
おかげでとてもスッキリしました
Posted by あかんやつ at 2013年03月28日 03:23
この作品を読み終えてモヤモヤしていた私がたどり着いた、泉のごとくの解説、これを素晴らしいと言わずになんといいましょうか、それほどモヤ気持ちのかすみを取り払ってくれたこのサイトに感謝いたします。

どうもありがとう。
Posted by 本は感性で読むものだと思ってはいたが・・・ at 2013年06月14日 16:54
ゴンザさんの謎解きは素晴らしい!!
コメントの量もすごいですね。
本当に感動しました♪
自分のブログでも、紹介させていただきたいと思っています。どうぞご了承ください。
どうもありがとうございました! (^O^)/
Posted by みけぽん at 2013年09月04日 17:20
びっくりしました!!
こういうことだったとは、、、
すごくスッキリしましたが、この本はもっと何かあるような気がします。

それにしても、繭子、本当に嫌な人ですね。
Posted by わーwww at 2014年03月27日 21:27
マユがどうしても悪い子と思えない私が居ます。
来るべき物が来なくて不安になっているタイミングに合コンの誘い→気分転換で受けたものの辰也一筋なので指輪持参(皆には言えませんが)。
遠距離の彼が突発性難聴で寂しくなっている時に海への誘い→前述の不安も含め振り払いたい気持ちで海へ。
夕樹をたっくんと呼び始めた時も辰也を手放したく無い気持ちからでた防御策。
あまり男性経験の無い恋に恋してる女の子が見えます。

イニシエーションを経たのは手術でしょうか。
ここから先は恋愛を出来る女性になったマユが見えます。
マユのイニシエーション前後で側に居る夕樹がマユの変化に気付けないと、この小説のA面B面に翻弄された私のように最後に「あれ?」になってしまいそうだなって感じました。
Posted by バブルちょっと後世代 at 2014年04月29日 17:12
すごい分かり易かったです。

Posted by ちゃん at 2014年04月30日 00:13
ゴンザさんの解説読ませていただきました。
なるほど〜ですね。

何人かの方が言っている「たっくん」三人説
…私も気になります。
Posted by みる at 2014年05月08日 17:37
ゴンザさん初めまして。

特に第6章のおまけ、なるほどなぁと唸ってしまいました。



第3のたっくんは、やはり北原だと思います。

みんなで海に行った時、大石が北原のことを「きんちゃん」と呼んでいます。

「きんちゃん」→「斤ちゃん」。

北原の名前は、「匠」(たくみ)ではないでしょうか。

Posted by あこ at 2014年06月25日 23:09
ゴンザさんの謎解きに感心して、おもわずコメントをさせて頂きます。

最近この本を知り、図書館に予約(結構な数の予約でした)、ようやく順番が回ってきて、1日で一気に読み終えました。最後に???となりまして、本日、ネットで調べたところ、ゴンザさんのこの謎解きに出会いました。

なるほどな〜、と思いました。年表で記載とても分かりやすい。自分一人で考えていたら、ここまでたどり着けただろうか?、きっと無理でした。いやー、参りました。どうもありがとうございました。
Posted by ken at 2014年07月13日 08:49
はじめまして

今さらながら読みました。

懐かしい地名がでてきて、同時代に静岡にいたわー、と思いながら読んでました。
渡辺さんが、薬大生 とあったので、もう少し私より上の世代かと思っていましたが
(確か、静岡薬科大学と他の大学が合併して、県立大学になったのです。 たぶん'87年に
 でも、建物が出来て引っ越したのは、2年後くらいです)
「男女7人秋物語」の年、というと、たぶん、私、マユと同じ年です。

時系列のおかげで、すっきりしました。
ありがとうございました。

映画化されるというのも、ここで知りました。
どうやって映像化するのかしら?
瓜二つの別人、とか?

P.S.
トラバさせていただきました
Posted by Sayaka at 2015年03月08日 00:53
マイブログに、リンク&引用貼らせてもらいました。
何か不都合ありましたらば、お知らせください
なにとぞ宜しくお願いします!!
Posted by ジョニーA at 2015年03月24日 03:01
この記事のタイトル「時系列データ」がすでに映画のネタバレになってしまっています。公開されたばかりの作品です。気を使いましょう。
Posted by とおりすがりですが at 2015年05月25日 18:45
ネタバレ注意!











映画では、サイドAが太った俳優さんになってます。
サイドBが痩せてる松田翔太。

サイドA〜Bの流れで、同じスニーカーをはいてるので、原作を知らない人は、太った人が痩せて松田翔太になるんだと勘違いします。

最後の五分で、サイドAのたっくん(鈴木夕樹)とサイドBのたっくん(鈴木辰也)が鉢合わせします。
そして、ラストは時系列のネタばらしです。
Posted by 森田かんろ at 2015年05月25日 18:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2124042
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

イニシエーション・ラブ/乾くるみ
Excerpt: 確かこのミス2005年版を見て選んだはずのこの作品。 これってよくあるラブストーリーじゃん。 「んン〜?」読み終わる直前…やっぱどっかおかしいゾ。 多くは語りますまい。 再読する覚悟でどう..
Weblog: ひまさえあれば
Tracked: 2005-02-25 19:36

乾くるみ「イニシエーション・ラブ」(原書房)
Excerpt: 「『たっくん』と僕は口に出して言ってみた。今までの人生でそんなふうに呼ばれたことがなかったので、最初はピンと来ない気がしたが、しかし逆に考えれば、成岡さんだけが僕をそう呼ぶというのは、それはそれでいい..
Weblog: M-CHAMP的日常
Tracked: 2005-02-26 17:26

イニシエーション・ラヴ/乾くるみ
Excerpt: 著者: 乾 くるみ タイトル: イニシエーション・ラブ ネタバレ気にしないなら読んで下さい! ここ近年に私が読んだミステリの中で最も衝撃を受けた大傑作です。 乾はこれまでに数作..
Weblog: オラシオ主催万国音楽博覧会
Tracked: 2005-03-04 13:50

◎「イニシエーション・ラブ」 乾くるみ 原書房 1680円 2004/4
Excerpt:  ラストページでどんでん返し本の一見ラブストーリーというところまでは知っていた評者なのだが、少し勘違いしていて、それは本書の作りがA面6章、B面6章からなっており、思い込みでA面は男の立場から、B面は..
Weblog: 「本のことども」by聖月
Tracked: 2005-03-06 09:47

乾くるみ
Excerpt: Counter: 0, today: 0, yesterday: 0 乾くるみ † 名前:乾(いぬい)くるみ 【blogmap】 生年月日:1963年10月30日 出身地:静岡市..
Weblog: PukiWiki/TrackBack 0.1
Tracked: 2005-03-13 20:38

イニシエーション・ラブ
Excerpt: 目次から仕掛けられた大胆な罠、全編にわたる絶妙な伏線、そして最後に明かされる真相…。80’sのほろ苦くてくすぐったい恋愛ドラマはそこですべてがくつがえり、2度目にはまったく違った物語が見えてくる…。「..
Weblog: ○キリカ is simple life○
Tracked: 2005-03-15 18:46

イニシエーション・ラブ
Excerpt: イニシエーション・ラブ 乾 くるみ / 原書房 うーん。やられた。 一読した後 「あれ、これで終わり?なんか盛り上がりもなく 終わっちゃったなー。でもなんか変」と感じて ..
Weblog: うらおもて ??なるべくおもて??
Tracked: 2005-04-16 15:54

『イニシエーション・ラブ』 乾くるみ
Excerpt: タッくんと私のイニシエーション・ラブの記録。 著者: 乾 くるみ タイトル: イニシエーション・ラブ 読みましたよ。話題の問題作。ほんと、問題作ですね。でも、ここまで一貫してると..
Weblog: ひらひら
Tracked: 2005-05-19 01:07

『イニシエーション・ラブ』乾くるみ
Excerpt: いやぁ〜〜まいりました。二度三度読んでる時間ないし(図書館の本なのですぐ返さないといけないので)別人なのは読んでてなんとなくわかったのですが、なんでなんでどういうこと?って感じで。 実はB面に行く前に..
Weblog: 横浜日記
Tracked: 2005-05-26 11:46

イニシエーション・ラブ
Excerpt: ゴンザさん本人に言われては…。ありがたくTバック返しさせていただきます☆僕のしょぼしょぼブログからTBなんてナニでアレかなぁ、とビビってたのですが勇気出ました!ゴンザの園サイコー!
Weblog: ようすけ@雑記blog
Tracked: 2005-06-01 14:05

小説「イニシエーション・ラブ」乾くるみ
Excerpt:  ということで読みました。1日で3時間くらいの一気読みでした。  事前に聞いてい
Weblog: 日本映画が好き! ウェブログ
Tracked: 2005-06-02 22:25

「イニシエーション・ラブ」・・・乾くるみ
Excerpt: イニシエーション・ラブこのところ、ビジネス書の類を超乱読していたので、「たまには何か面白いものを・・・」と、本屋の別なコーナーをぶらぶらしていたら、「最後2行のどんでん返しに愕然、そして必ず再読したく..
Weblog: さっぱりなサラリーマンのさっぱりな部屋
Tracked: 2005-08-14 14:32

「イニシエーション・ラブ」乾くるみ著
Excerpt: ささっと読むと80年代を舞台にしたラブストーリー。でも最後まで読むと・・・。きっとこれを読んだ人はもう一回読み返すことになることうけあい!最後の2ページを読むまでは、ちょっとほろ苦いような青春恋愛小説..
Weblog: あいかわらずなボクら
Tracked: 2005-08-19 12:08

きのう読み終わった本【イニシエーション・ラブ】
Excerpt: 去年の「このミステリーがすごい」に載ってて、 最後の2行でひっくり返るとは聞いていたんだけど、 読み終わっても、ひっくり返るというよりは、 頭の中が「?」でいっぱいに。
Weblog: cafe とちおとめ
Tracked: 2005-08-20 21:45

「イニシエーション・ラブ」 乾くるみ
Excerpt: 乾 くるみ イニシエーション・ラブ ようやく借り出せた予約本。 04年にちょっとした話題(問題?)になった作品です。 これはキマシタね。 確かにこれは大問題。 ラストの..
Weblog: 流石奇屋??書評の間
Tracked: 2005-09-07 21:54

イニシエーション・ラブ
Excerpt: 乾くるみ 流石奇屋ヒット氏の書評を読んで、 面白そうなので入手。 何らかの仕掛けがあるとわかっていて読んだにも関わらず、 最後の最後までありがちな恋愛小説としか思えなかった。 ところがラスト2行で「..
Weblog: chaotic library
Tracked: 2005-09-15 20:38

[本]イニシエーション・ラブ
Excerpt: ISBN:456203761X:detail 内容としては、ほんと、最後の最後を読むまで、ふっつーの恋愛小説。それはそれで面白いんだけど。 とりあえず、完読したら[http://gonza.seesa..
Weblog: タイトル未定
Tracked: 2005-10-14 05:21

『イニシエーション・ラブ』 乾くるみ 原書房
Excerpt: ひさびさに読書感想としてアップ。(なかなか読んだあとにアップするチャンスがなかった) おわぉ!ってのが感想です。(短っ)なんとなく怪しい点は分かっていたが、まさか・・・ 確かに二回読み返す..
Weblog: 論理哲学妄考
Tracked: 2005-10-16 14:38

乾くるみ「イニシエーション・ラブ」
Excerpt: 去年あたりネット上で話題になっていた本です。 読みたいと思っていたものの図書館ではずっと貸出中で借りる事ができませんでした。 ふと思い出して久し振りに探してみたらひっそりと棚に並んでいたので借りて..
Weblog: 音楽も映画も本もテレビも大好き!
Tracked: 2005-10-17 11:51

イニシエーション・ラブ/乾くるみ
Excerpt: ついに・・・、ついに俺は毎日書くのをやめようと思う。それは疲れたからでも、2日前のことを覚えていないからでもない。 この本を読んだからだ。「イニシエーション・ラブ」 主人公のたっくんと合コ..
Weblog: りょーいち日記(仮)
Tracked: 2005-12-07 21:26

[100BOOKS][READING MATTERS]イニシエーション・ラブ(86/100)
Excerpt: ISBN:456203761X:detail 著書は一冊も読んだことなかったけどメフィスト賞出身ってことでオタ系新本格だと思ってたらびっくらこきました。ネタバレすると読む価値がゼロになる類の小説です..
Weblog: SIDE/R
Tracked: 2006-02-07 18:12

乾くるみ - イニシエーション・ラブ (2004)
Excerpt: やられたよ、最後の2行で全ての物語がひっくり返る。これだよこれ、このゾクゾクくる読後感。所々に感じた違和感が一気に溶解。 なんの先入観もなく小説を読み始めたら古くさい80年代のラブストーリーなの..
Weblog: BOOKVADER
Tracked: 2006-08-16 18:19

イニシエーション・ラブ 乾くるみ
Excerpt: イニシエーション・ラブ価格:¥ 1,680(税込)発売日:2004-03真面目
Weblog: きつねの本読み
Tracked: 2006-09-22 21:08

イニシエーション・ラブ 乾くるみ
Excerpt: 真面目な大学生のたっくんは代打で参加した合コンでマユと出会い、初めての恋愛に一生
Weblog: きつねの本読み
Tracked: 2006-09-23 15:38

『イニシエーション・ラブ』読んだ
Excerpt:  書評といっても年に数冊しか読まないので感想文といった感じです。ただこの小説についてはその性質上、主人公に突っ込んだりすることできないちょっとしたミステリー小説なので、とりあえずぜひ読んで欲しいなと。..
Weblog: モテゼミ
Tracked: 2006-12-05 13:04

「イニシエーション・ラブ」乾くるみ
Excerpt: 神様、ありがとうございます、私をこんな素晴らしい作品にめぐり合わせてくれて・・・ 本当に感謝します。私は、こういう作品に出会いたいがためにミステリを読んでいるんです。
Weblog: たちばな屋・ミステリ分科会
Tracked: 2007-04-18 13:44

乾くるみ『イニシエーション・ラブ』(文春文庫)
Excerpt: 乾くるみ『イニシエーション・ラブ』を読んだ。 本来なら神経質なくらいネタバレに気を遣わなければならないタイプの作品だ。けれども、必ず2度読みたくなるというような宣伝の仕方自体が、すでにミステリファンに..
Weblog: 書評風 - 読んだら軒並みブックレビュー
Tracked: 2007-05-01 15:59

イニシエーション・ラブ
Excerpt: 知人の勧めで 乾くるみ著 イニシエーション・ラブ を読みました     「必ず2回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。謎解き『イニシエーション・ラブ』  こちらのブログを読ませていただいてから、..
Weblog: cheery happy days
Tracked: 2007-06-07 10:33

(無題)
Excerpt: [画像] [画像][画像][画像][画像] 一気に読みました。一晩で。 凄くおもしろかったです。 あ、ネタバレですから気をつけて。最後から二行目!最後から二行目!と思いながら読んでました(笑 で..
Weblog: キラキラ映画生活
Tracked: 2007-07-16 17:29

「イニシエーション・ラブ」 乾 くるみ
Excerpt: 目次から仕掛けられた大胆な罠、 全編にわたる絶妙な伏線、そして最後に明かされる真相…。 80’sのほろ苦くてくすぐったい恋愛ドラマは そこですべてがくつがえり、 2度目にはまっ..
Weblog: へへSOUND OF MOUNTAINへへ
Tracked: 2007-09-03 22:03

「イニシエーション・ラブ」 乾くるみ
Excerpt: イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)/乾 くるみ ¥1,680 Amazon.co.jp 話題になった作品だったので、文庫化されて早速読んでみた。 乾氏の作品を読むのはデビュー作..
Weblog: 本格ミステリの深淵
Tracked: 2007-10-30 19:34

ネタバレ『イニシエーション・ラブ 』
Excerpt: 『このミステリーがすごい!』2005年版の12位にランクインした作品だそうだ。しかし読んでみるとどこがミステリーなんだかわからない。Amazon のレビューを見ると誰も彼もが「とにかく最後の2行を最後..
Weblog: 観測所雑記帳
Tracked: 2007-12-01 18:38

イニシエーションラブ
Excerpt: メフィスト賞作家の乾 くるみのイニシエーション・ラブ という本を読んでみた 本屋さんで、まだ読んだ事のない作家の本はないかな?とう...
Weblog: 酒と肴と時々音楽
Tracked: 2008-02-15 14:09

イニシエーション・ラブ
Excerpt: イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)(2004/03)乾 くるみ商品詳細を見る 大学四年の僕(たっくん)が彼女(マユ)に出会ったのは代打出場の...
Weblog: ビバ だらだら
Tracked: 2008-02-24 19:20

「イニシエーション・ラブ」 乾くるみ
Excerpt: イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)乾 くるみ 原書房 2004-03by G-Tools もう一度読みたくなる本という噂を聞きつけて借りた本です。 一見、普通のカップルが付き合って、遠..
Weblog: 図書館の本棚
Tracked: 2008-02-28 13:15

10年に一度の傑作『イニシエーション・ラブ』
Excerpt: 今日は本のご紹介です。 とにかく、何も言いませんので、10年に一度の傑作ミステリ...
Weblog: ブログ
Tracked: 2008-03-18 05:48

乾くるみ「イニシエーション・ラブ」
Excerpt:  恋愛は、ミステリーだった。機内で読むものが欲しくなって、わざわざシャトルに乗っ...
Weblog: SYNTAX ERROR * BLOG = 脳髄の失禁
Tracked: 2008-06-09 20:37

イニシエーション・ラブ
Excerpt: イニシエーション・ラブ (文春文庫 い 66-1)乾 くるみ文藝春秋このアイテムの詳細を見る ミステリー??? 『必ず 二回読みたくなる小説なんて 早々あるもんじゃない』 帯に そう書かれていて..
Weblog: 本能のままに。。。♪
Tracked: 2008-07-10 10:59

乾くるみ「イニシエーション・ラブ」
Excerpt:  もう数年前に出た小説だが、最近出た文庫版の「一見普通のラブストーリー。ただし、
Weblog: 十条日記
Tracked: 2008-07-21 16:44

イニシエーションラブ/乾くるみ
Excerpt: イニシエーション・ラブ (文春
Weblog: Books and Cafe
Tracked: 2008-07-23 10:25

イニシエーション・ラブ
Excerpt: もう読んだのはだいぶ前ですが、さんざん出てきた乾くるみさんの「イニシエーション・
Weblog: My Life Log
Tracked: 2008-08-12 08:58

イニシエーション・ラブ/乾くるみ
Excerpt: イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)(2004/03)乾 くるみ商品詳細を見る評価★★★☆☆あらすじ大学四年の僕(たっくん)が彼女(マユ)に出会...
Weblog: 奇貨居くべし
Tracked: 2008-09-05 21:35

イニシエーション・ラブ
Excerpt: イニシエーションラブ
Weblog: 〜TOY's DIARY〜
Tracked: 2008-09-14 23:30

イニシエーション・ラブ
Excerpt: 同期がかなり読んでいて面白いと書いていたので 気になって読んで観ました。 はじめりーの独り事。 http://ameblo.jp/bakuonzaru5669/entry-10136..
Weblog: 〜同じ空の下〜
Tracked: 2008-09-21 16:53

乾くるみ『イニシエーション・ラブ』はふつーに面白かったよ!
Excerpt: 会社同僚から借りた本書。乾くるみ『イニシエーション・ラブ』文春文庫 2007イニシエーション・ラブ例によってAmazonからレビューを・・・内容(「BOOK」データベースより)大学四年の僕(たっくん)..
Weblog: じょん・どー 和製マックス・クリフォードまでのはるかなる道のり!
Tracked: 2008-10-14 23:50

イニシエーション・ラブ
Excerpt: イニシエーション・ラブ 乾くるみ著 1,680円(税込) ■原書房出版 2004年4月1日発行 四六判 260ページ ■僕がマユに出会ったのは、代打で...
Weblog: mono-log
Tracked: 2008-11-11 10:47

イニシエーション・ラブ
Excerpt: イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)作者: 乾 くるみ出版社/メーカー: 原書房発売日: 2004/03メディア: 単行本 「イニシエーション・ラブ」を読みました。 初めて、読..
Weblog: TIME OF YOUR LIFE *
Tracked: 2008-11-20 18:58

バンジージャンプ
Excerpt: 乾くるみ『イニシエーション・ラブ』を読んだ。 なんの前知識を持たずに読むことができたなら衝撃のなかで読了したかもしれない。或いは一気通読できたならそれが叶ったかも。 実際には大仕掛けが用意されてい..
Weblog: MESCALINE DRIVE
Tracked: 2008-12-03 22:37

乾くるみ 『イニシエーション・ラブ』
Excerpt: イニシエーション・ラブ (文春文庫)/乾 くるみ ¥600 Amazon.co.jp 僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて……。甘美で、とき..
Weblog: 映画な日々。読書な日々。
Tracked: 2008-12-10 00:17

イニシエーション・ラブ 乾くるみ
Excerpt: 【あらすじ】 大学四年の僕(たっくん)が彼女(マユ)に出会ったのは代打出場の合コンの席。やがてふたりはつき合うようになり、夏休み、クリス...
Weblog: 100円以下の文庫本を一週間に二冊読む
Tracked: 2009-04-21 21:09

『イニシエーション・ラブ』
Excerpt: ゴンザさんに感謝。 あなたのブログがあって本当に助かりました。
Weblog: ダブルライセンスで開業〜天気のいい日は小説を読もう
Tracked: 2009-05-09 18:34

何も聞かずに読んで
Excerpt:  JUGEMテーマ:読書感想文 文庫版のあらすじ書きで「ラスト2行は絶対に読まないで下さい」って書いてあって、とてつもなく気になってしょうがなかったやつ。絶対に..
Weblog: Every dog has his day
Tracked: 2009-06-29 17:07

イニシエーション・ラブ
Excerpt: イニシエーション・ラブ 乾くるみ 原書房 2004 【内容(「MARC」データベースより)】 目次から仕掛けられた大胆な罠、全編にわたる絶妙な伏線、そして最後に明かされる真相…。80’sのほろ苦くて..
Weblog: 夢みる風力発電機 ―スカイコミュの書評や雑記―
Tracked: 2009-07-16 21:11

[review]イニシエーション・ラブ
Excerpt: イニシエーション・ラブ (文春文庫) 作者: 乾くるみ 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2007/04 メディア: 文庫 購入: 16人 クリック: 199回 この商品を含むブログ (318..
Weblog: Minä luen kirjaa.
Tracked: 2010-06-17 23:03

最後から二行目より前
Excerpt: イニシエーション・ラブ (文春文庫)著者:乾 くるみ文藝春秋(2007-04)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る今日から大学再開。早速授業行かず。目標達成ならず。今日は夜のサークルの予定が..
Weblog: ex.Human
Tracked: 2011-01-08 01:49

乾くるみ「イニシエーション・ラブ」読了
Excerpt: TBS王様のブランチの本のコーナー 必ず二回読みたくなる一冊と以前に紹介されたもの。 軽い文体でするすると読み進められて 先が気になり途中から一気に読んでしまった。 で・・・・ はい..
Weblog: みたりきいたり…
Tracked: 2012-04-19 14:46

イニシエーション・ラブ/乾くるみ
Excerpt: 6/25読了 とあるサイトですごいと書いてあったミステリーということで読んでみたが、普通の恋愛物で「一体コレのどこがミステリーなんだ」と思いながら終盤までいってしまった。 しかし最後の1ページで自体..
Weblog: 私的読書記録
Tracked: 2013-06-26 02:11

イニシエーション・ラブ
Excerpt: 真面目な大学生が初めての彼女と付き合っていく話。 序盤に明確な説明がなかったため、しばらく80年代を舞台にした話と気づかず、 知り合いとのやりとりの際に携帯電話の話題が出てこなくて違和感を感じてしま..
Weblog:
Tracked: 2014-03-30 10:12

「イニシエーション・ラブ」乾くるみ
Excerpt: ●本日の読書 ・「イニシエーション・ラブ」乾くるみ/文春文庫  十年前の本なのに最近やたら売上ランキング上位で見るなーと思っていたら「しゃべくり 007」でくりいむしちゅー有田氏が強力プッシュ..
Weblog: 書評・三八堂
Tracked: 2014-04-16 12:14

イニシエーション・ラブ (乾くるみ 著)
Excerpt: イニシエーション・ラブ (文春文庫)著者 : 乾くるみ文藝春秋発売日 : 2007-04-10ブクログでレビューを見る≫文庫本を譲り受けて読みました。合コンの帰りのタクシーの地名!懐かしい地名がでてき..
Weblog: 読書と高校生(母)日記
Tracked: 2015-03-08 00:56

【イニシエーション・ラブ】映画化も決定済み〜
Excerpt: == ネタバレ境界線 == ・時系列データ http://gonza.seesaa.net/article/2124042.html...
Weblog: ジョニー暴れん坊デップの部屋
Tracked: 2015-03-24 00:53