2012年02月04日

Perfume「心技体」論

今回は勝手にPerfume論を展開します。

Perfume3人のライブに対する取り組み方が「アーティストというより、アスリートのよう」と表現されたのは、2008年4月に放映されたNHK「トップランナー」においてです。私も何度かのライブ参加や、メディアを通しての彼女達を見て、それを強く感じます。

さてアスリートに求められることとして、日本では古くから「心技体」の三つをあわせもつこととその均衡に重きが置かれます。私は少し前から、Perfume3人の美しいバランスは、この「心技体」で表すと面白いのではないかと思うようになりました。

彼女達は3人が3人とも、激しいダンスをともなうライブを連日こなせるアスリートであり、1人1人が「心技体」を備えた一流の存在です。しかし、みなさんご存知のとおり3人とも非常に個性的。その個性がそれぞれ「心」「技」「体」について突出した能力を持っていて、その得意分野で光り輝き、また補い合うからこそ、あのゴールデントライアングルが生まれるのではないか、と私は考えていました。

そして彼女達の個別インタビューが掲載された「ROCKIN'ON JAPAN」2012年1月号を読んで、その考えがますます強まりました。適宜引用しますが、このインタビュー記事はとても面白いので、みなさんもぜひ全文を読んでみてください。


さて、私の考えるところ、心技体の「」はあ〜ちゃんです。

彼女の強さは、想いの強さ。気持ちの強さ。発想の豊かさ。前向きな姿勢。周りを巻き込んで幸せを作り出す力。
「ROCKIN'ON JAPAN」2012年1月号
かしゆか:何かを作っていく時に<中略>まず想像しないアイデアとかをみんなに発表して、それを人に伝えて、楽しいでしょって理解してもらえる力がすごいある。あ〜ちゃんは言葉にすごい力がある

のっち:あ〜ちゃんは昔も今も常に前を走ってますね
Perfumeにリーダーはいない。が、あ〜ちゃんがこの3人の「長女」であり、かしゆかとのっちを引っ張る存在であることは、多くの人が認めるところです。たぶん「そんなことないじゃろ」というのは、当のあ〜ちゃんだけでしょう。

心から始まる。こうしたい、こうありたい、こうしてあげたいという心がなければ、どこにも進まない。人を動かす心の力。

アクターズスクール広島在籍当初、かしゆかは引っ込み思案、のっちは激しい人見知りであり、それがあ〜ちゃんとの出会いによって劇的に変わっていったことは、二人が多くのメディアで語っています。あ〜ちゃんは人の心を変える、すさまじいまでの影響力を持っている。昨今「カリスマ」という言葉は「人気者」程度の意味として、あまりに簡単に使われますが、あ〜ちゃんの心の影響力はまさに「カリスマ」の名に値すると思います。

しかし「心」のあ〜ちゃんは、時として想いが先に走ってしまうことがあります。暴走モード。時に「あ〜ちゃん自重!」とファンからも声がかかるほど。

暴走あ〜ちゃんを楽しみたい方は、Perfumeがもっともリラックスして出演できる番組であったRKBチャートバスターズRが面白いです。最後の「熱意」の話に注目。

「ROCKIN'ON JAPAN」2012年1月号
かしゆか:(あ〜ちゃんのことを)感情が溢れちゃって、仕事モードじゃない自然な時はフォローしてあげよう、と思うんですよね。
インタビュアー:のっちさんとかしゆかさんが、あ〜ちゃんさんの溢れそうな思いの受け皿になってるときがありますよね。
かしゆか:こぼしたら拭いてあげるみたいな、そういう気分。そこが彼女の特徴でもあるから<後略>
この関係は、東京ドームライブアンコールで泣きそうになったあ〜ちゃんに、優しく声をかけるふたり、というシーンに象徴的に表れていると思います。






さて、私が思うに、Perfume心技体の「」はのっち

身体的に極めて恵まれています。遺伝的に身長は高く、スタイル抜群。顔立ちは端正で、中性的なところから女性の目も引きます。運動神経が良く、ダンスセンスの優秀さは業界のプロも認めるほど。歌唱力もあり、アクターズスクール在籍当時も、実力者のみが集められたBクラスに選出されていて、「私たちは雑種扱いのDクラスで、のっちはセンターでソロのおいしいとこ持ってくディーバでした」としばしばあ〜ちゃんにネタにされています。

容貌、スタイル、歌唱力、運動神経と、天性のものに恵まれた彼女ですが、Perfumeファンはのっちがひとりで安室奈美恵さんのようなアイドル、あるいはアーティストたりえるかと聞かれると、「うーーーーーーーん……」となるでしょう。

一般にはHEY!HEY!HEY!などでの扱われ方によって「あ〜ちゃんが天然ボケキャラ、のっちはフォロー役」と思われていることが多いのですが、実際には「あ〜ちゃんは強めのツッコミ、のっちが天然ボケキャラ」だと私は思います。そして、天然であるがゆえに、少なくとも今は独りでパフォーマンスを完結できる存在でないのだと。

たぶんのっちは一種の「天才系」です。スポーツ界で言えば、長嶋茂雄氏、青木功氏のように、ものごとを「頭で考える」のではなく「体で感じる」タイプです。
「ROCKIN'ON JAPAN」2012年1月号
あ〜ちゃん:綺麗だしかわいいし、脚も(腰に手をあてながら)このへんから生えてますからね。でも昔から知ってるからこそ、綺麗になったなーって感じで。昔はほんと真っ黒で(笑)。髪もぼっさぼさで、レッスン着もほとんど同じようなの着てて、いつもチョコスナックパン食べてるのっちだったから。ちょっとしたそういうガサツさみたいなところは残ってますし(笑)。

かしゆか:彼女の良さでもあるんですけど、マイペースさがあんまり理解できなくて。<中略>合わせろっていうつもりはないですから。でも全然違う人種って思うんです。<中略>のっちは一緒だなと思うところが少ないっていうか、どういうところでそう思ってるんだろうって不思議。<中略>10年以上一緒にいるメンバーでさえ不思議に思うところが魅力なのかなって。<中略>わりと感情を表に出さないタイプなので、何を考えてるかわからない部分があったり。
世界の見え方が、一般人とちょっと違う「天才系」。独特すぎてかしゆかやあ〜ちゃんというフィルターを通さなければ、その魅力が伝わらないと言えそうです。

私の印象に残っているのは、2007年頃のYahoo!ライブのインタビューです。下積み時代の話になり、ホストの荘口さんに「正直、辞めようと思ったことはないの?」と聞かれ、かしゆか「ま、ありますよねぶっちゃけ」、あ〜ちゃん「ありますよ」と言う隣で、「え〜!?」とひとり驚くのっち。強い心を持つあ〜ちゃんですら折れそうになったことがあるというのに、のっちは辞めることなど頭に無かったようなリアクションを見せたのです。

彼女は体で感じるひと。踊り、歌い、ステージに立つことを、自分の体が求めており、快く感じているのだから、彼女の中でそれは一も二も無く正しいことだったのでしょう。
「ROCKIN'ON JAPAN」2012年1月号
インタビュアー:自分がガンガン引っ張っていくタイプではないし、ふたりが光るのが一番綺麗な形だと思いつつも、ステージに立った途端にスイッチが入るのがのっちさんで、それはどうしてなんでしょうか?
のっち:ふふふ! どうしてだろう。

インタビュアー:(のっちが)ステージ上になると急に切り込み隊長になるのがまたおもしろいですよね。
かしゆか:そうなんですよ!
信じること。信じ合うこと。信じた道を進むこと。

Believe. Don't think. Feel.

「体」ののっちは、決してぶれないPerfumeのアンカーです。

ちょっと休憩。のっちのち動画をどうぞ。







さあラストは私が最も書きたかったこの記事の主役、かしゆか。彼女は心技体の「」です。

最近、かしゆかに女性人気が集まっているようです。彼女は表情やしぐさが可愛らしく、すこし鼻にかかった声は甘い香りをまとい、衣装も一番女性的。こういうコケティッシュな女性はあまり同性から好かれるタイプではないと思われるのですが、なぜか熱烈な支持を寄せる女性ファンが増えています。

私はこの現象を、彼女がPerfumeの中でもっとも「普通」に近い存在、私たちに一番近い存在だからではないかと思います。

Perfume3人は一流のパフォーマー。血のにじむような努力の上に現在の彼女たちが在るのは、疑いようもない事実です。しかし、あ〜ちゃんのようなカリスマ的な「心」の力、のっちのようなゆるぎない「体」の強さは、どこか天性のものの上に築かれていると感じるのです。

かしゆかはこのふたりの才能の間にあって、悩み、苦しみ、もがき、技術を磨き続けることによって、Perfumeの一員であることを必死に維持しなければならなかった「超一流の凡人」なのではないかと、私は考えています。

「体で感じる」のっちとは対極にある、とことん「頭で考える」タイプです。先ほどの例に従ってスポーツ界で言えば野村克也氏や中嶋常幸氏(例えが古くてすみません)。

信じられないことですが、あれだけみごとなダンスをこなすというのに、彼女はかなりの運動音痴です。でんぐり返しすら怪しいことが知られています。そして歌は苦手と公言し、人前で歌うことも基本的には好きではないそうです。「今の仕事は、私の苦手なことを集めたようなものです」と語っています。

そんな普通の少女は、ずーっと思考の迷路の中にいながら、Perfumeであり続けました。苦手なことばかりだけどPerfumeのことは大好き。じゃあ。自分の存在意義は。ステージに立つ意味は。果たすべき役割は。

常に考え、分析し、方針を決定し、練習を重ね、実践し、その結果について深く反省する。
「ROCKIN'ON JAPAN」2012年1月号
かしゆか:性格がきちきちしてるんですよ。決めたことは決めたことでそのままであってほしい。

のっち:たまにすごいお母さんみたいなことを言ってくれる。私が男だったらかしゆかは絶対付き合ってくれないと思う。すぐフラれると思います(笑)。時間を守らないとか、『やっといて』って言ったことやらないとか、かしゆかはそういうのことごとく駄目なんですよ。ちゃんとしてるから。
こうした性格ですから、彼女はものごとの結果について自分を褒めるよりも、反省と後悔の念を強く持つ傾向があります。かしゆかにとてもネガティブな面があることは、過去のインタビュー等でよく表れています。そして簡単に自分を許さない、高潔でかたくななところがあることも。それが爆発したのが東京ドーム公演後、ファンを驚かせた涙の懺悔でしょう。

この懺悔には本当に参りました。この愛らしい少女は、どこまで妥協のない完璧を目指すのか、と。

彼女は努力の人。練習して練習して練習して、自分の不安をひとつひとつ塗りつぶし、やっと「ステージに上がっていい」と自分に許可を出し、ステージ上でもみずからのひとつの瑕も見逃さない、厳しい人。ひたすらに自分を、自分のスキルを鍛え上げることで、ふたりに食らいついて行くといういばらの道を選んだ人。

そういう意味で私はかしゆかを「技」の人だと思っています。そしてそのひたむきな努力によって得た輝く「女子力」が、同性の共感を得るのではないかと。


「心」が「技」と「体」を引っ張り、「技」が「心」と「体」の均衡を保ち、「体」が「心」と「技」を支える。

この「心技体」の絶妙なバランスがあるからこそ、「3人合わせてPerfumeです!」なわけですよ! 三位一体、鉄壁のトリオリズムが形成されるわけですよ!

……はぁはぁ。暑苦しくてゴメンナサイ。

最後は「わざ師」にして、Perfumeのキュートなバランサー、ゆかさんの動画2連発で癒されてください。




あっと。今回は濃ーい話をしてしまいましたが、もっとわかりやすい記事も書いてます。Perfume初心者の方は
Perfume初心者への知っとこ情報
もどうぞ!

関連記事
「のっちの鬼ハケ」を考える

正直すぎる「あ〜ちゃんという生き方」


以上、長文をお読みいただきありがとうございました!



▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 09:31 | 静岡 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | Perfume | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変面白く読ませていただきました。
facebookのPerfumeクラスタの会という約400人のグループが有ります。そこでの投稿からリンクを張らせていただきたいのですが、何卒よろしくお願い致します。
申し訳ないですがこのグループは非公開グループなので入会しないと投稿は見れません。
Posted by 木内隆雄 at 2012年10月10日 22:02
ご紹介ありがとうございます。
あまりFBでは活動していないのですが、せっかくですので「クラスタの会」に入会いたしました。よろしくお願いします。
Posted by ゴンザ at 2012年10月11日 08:50
確かに初期の頃は歌もルックスも3番目って感じで、本人も気にしてたかもしれませんね。
でも、今では全ての面で他の2人にもひけをとらないほどに成長しましたよ!
まさに努力の天才ってところでしょうか。

さらに彼女には必殺のJKかしゆかちゃんがあるじゃないですか!
あれで落ちない男はいませんよ。
Posted by hyperfume at 2013年04月30日 18:47
こんにちは。
Perfumeの批評系ブログを書いており、心技体論を参考にさせて頂いております。
こちらの記事にリンクを張らせて頂きましたので、どうかご了解頂きたく連絡申し上げる次第です。
また、お時間ありましたら、拙作をご高覧頂けると幸いです。
http://ohi-sama.hatenablog.com/entry/2014/11/24/140211

これからも、元気でご活動下さい。大変失礼いたしました。
Posted by おひさま at 2014年11月24日 14:26
最近ファンになったものです。
人によってはそうみえるのか、と感心しました。
私には体がかしゆかで、技がのっちに思えます。
人それぞれなので、面白いなと思いました。
かしゆかは、普通のように見えて、一番女性が憧れるスタイルの持ち主なのだと思いますよ。
面白いblogでした。お邪魔しました。
Posted by ゆきこ at 2015年10月16日 16:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック