2012年07月29日

通信費の見直し2〜Fusion IP Smart〜

さて、前回の記事で「固定電話&ADSLを全面廃止」「自宅PCもスマートフォンも、データ通信はWimaxに一本化」という手段をもって、通信費を理論上、ほぼ半額にまで抑えました。

が、固定電話を廃止して、携帯電話だけにしてしまうと困ることがいくつかあります。ひとつは企業などへの問い合わせで使用するフリーダイヤルが、使えないケースがあること。これはどうしようもないです。「公衆電話からかける」くらいしか手がありません。

そしてもうひとつが、病院の予約や役所への問い合わせなど、固定電話への通話料が非常に高くつくこと。ソフトバンクのホワイトプランだと、21円/30秒。問い合わせで「少々お待ちください」をやられて5分使うともう200円超です。これはけっこう痛い。

ということで、携帯電話から固定電話への通話を目的に、なにか使えるサービスはないかと探しました。ありました。スマートフォン向けIP電話サービスです。

現在個人ユーザ向けにIP電話サービスを提供しているのは、以下の2つ。
◎NTTコミュニケーションズの050plus
◎FUSIONコミュニケーションズのIP-Phone SMART
です。

携帯⇒固定電話通話に限定してざっくり言ってしまうと、
◎050plusは基本月額料315円がかかるが、従量通話料が安い。8.4円/3分
◎IP-Phone SMARTは基本月額料はゼロ円だが、従量通話料が高い。8.4円/30秒
◎ソフトバンクホワイトプランは、従量通話料がとても高い。21円/30秒

050plusIP-Phone SMARTの「損得分岐点」は、計算したところ22分くらいです。
月に22分以上固定電話にかける人は、050plus
月に22分以内でほとんどおさまる人はIP-Phone SMART、ですね。

早速、IP-Phone SMARTに登録してみました。要クレジットカード。速攻で使えるようになります。固有の050番号ももらえます。最後に現れるサーバ、アカウント、パスワードなどが書かれた画面は大事なのでしっかり印刷しておきましょう。後から書面がきますけれど。

さて、このIP-Phone SMART、SIPというIP電話の標準規格に沿って作られているので、SIPに則ったアプリならばほぼ全部使えます。一応アンドロイドでの推奨アプリに挙げられているのは、agephone(エイジフォン)、chiffon(シフォン)の二つです。
自宅のWimax-wifi接続環境で、試してみました。あくまでも私の接続・ハードウェアの状態でのレビューですので、参考程度にしてください。
・agephone
設定は簡単。が、私の環境では音質がダメダメでした。ぶつぶつ切れて、雑音が入ります。理由はよくわかりません。
・chiffon
やや設定画面がわかりにくいですが、まあなんとか。こちらからの通話はあまり問題ないものの、固定電話で受けているほうが、音量が小さく、また自分の言ったことがかなりの時間差でエコーするので話しづらいそうです。

むむむむむ。これではちょっと使えない。他のアプリを探す旅に出ましょう。
・アンドロイド標準IP電話アプリ
音質悪し。エコーも強い。
・csipsimple
今までの中ではかなりまとも。が、なぜか実家にかけてみたら、コール音が鳴らないとのこと。なぜだ。
・Acrobits Softphone
SIP界では評判がいいようだけれど、有料ソフトなので手を出せない。

で、たどり着いたのが、
・Zoiper IAX and SIP Phone
音質まあまあ。エコーも他のものと比べると弱い。050番号への着信も確認。バックグラウンドで実行していてもそれほどバッテリを食わない。通常の通話アプリで番号を入れて、最後に「Zoiper(IP電話)」を使うか「通常携帯」を使うか選ぶようにしておくと便利。

というわけで今のところ、
Wimax」+「Fusion IP Smart」+「Zoiper IAX and SIP Phone」の組み合わせで運用しています。

他にいいアプリがあったら教えてください。


▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 20:32 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック