2012年12月15日

Perfumeの曲「誰っぽい」アンケート結果!

先日行いました「Perfumeの各代表曲、メンバーそれぞれ誰っぽい?」アンケート、お待たせいたしましたがやっと集計ができました。回答くださった方、ありがとうございました。アンケートの主旨は、Perfumeには「センター」がいないけれど、曲によって印象に残るメンバー=「なんとなくセンター」があることも事実。それをアンケートによってつまびらかにしてみようというものです。メジャーデビュー後のシングル曲を中心に、「誰っぽい?」というのをみなさんに選んでいただきました。

その結果が以下の表でございます!
26表1.png

……わかりにくっ!

ええ、ええ、こういうのはグラフにして視覚化しないといけないんですよね。分かっちゃいましたが、意外とそれって「めんどくさい」ことが判明して、発表が遅れておりましたのさ。しかし、「べつやくメソッド」に基づくキュートな円グラフ作成サービス「HeartRails Graph」を発見したことで、やっとものぐさな私も、画像化にこぎつけました。

それでは、メンバー別に「ランキング」形式で発表していきます!
トップバッターは常に前を走る「長女・あ〜ちゃん」です。

あ〜ちゃんっぽい曲ベスト5
第5位は「チョコレイト・ディスコ」!
04チョコレイト・ディスコ.png
あ〜ちゃん度は半数越えの50.2%です。あ〜ちゃんは総じて得票数が高めです。彼女のMC、あおりから曲につながることが多いため、印象に残りやすいのでしょうか。「チョコレイト・ディスコ」は、あ〜ちゃんの見せ場「パッと楽しく遊ぼう」のコーナーから直結するため、票が集ったと言えそうです。

第4位は「ねぇ」
15ねぇ.png
あ〜ちゃん度52.2%。何気ない日常を女の子の視点で明るく展開した曲が「あ〜ちゃんらしい」とされる傾向があるようで、6位には「微かなカオリ」も入っています。

第3位は「ナチュラルに恋して」
11ナチュラルに恋して.png
あ〜ちゃん度は堂々55.8%です。これも等身大の女の子って印象の曲ですね。あれだけのカリスマ性をもちながら、「普通の女の子」というイメージも併せ持っているのが彼女のすごさです。

第2位は「MY COLOR」
20MYCOLOR.png
なんと、あ〜ちゃん度70.8%! たかっ! シングル外の曲ですが、最近のグランドフィナーレで使われる定番ソングですね。人に伝えたい、人とつながりたい、思いを届けたい。Perfumeの心、あ〜ちゃんらしい曲だと私も思います。ちなみに、こういう「等身大の女性ソング」だと、のっちさんの得票数がびっくりするくらい低いです。ちょっと笑ってしまいます。

で、第1位はやっぱり……「ポリリズム」!
05ポリリズム.png
ですよねえ。なんと77.9%の支持です。歌いだしもあ〜ちゃん。よく聞こえる声もあ〜ちゃん。想いはきっと伝わる、そう信じてる、めぐりめぐるよ。中田ヤスタカ氏の言う「弦楽器のように伸びる声」を持つあ〜ちゃんの、Perfumeにかけてきた長年の気持ちが乗せられたような一曲です。この結果には納得です。

全順位は以下の通り。
27表2.png






かしゆかっぽい曲ベスト5
第5位は「575」!
14575.png
得票率は37.2%。ゆかさんはPerfumeの役目としても「冷静なバランサー」ですが、ここでもずばぬけて「かしゆかしい」とされる曲は少なく、しかしどの曲でもそれなりの票を集めています。「575」はもっともラップに向いていなさそうな彼女の声質が、逆に妙に印象に残りますね。中田氏の「ちょっともたった、カツゼツのよくない声なんだけど、それがアクセントになっていい」というコメントを思い出します。

第4位は「シークレットシークレット」
19シークレットシークレット.png
かしゆか度、38.9%です。個人的には意外。あまり「かしゆか曲」のイメージはありませんでした。この曲については、のっちもほぼ同率で肉薄しており、あ〜ちゃん度が低いんですね。なぜかな?

第3位は「マカロニ」
07マカロニ.png
45.1%かしゆかしいとされており、この辺からは堂々と「かしゆか曲」認定ですね。どちらかというとスローテンポで女の子らしい曲が、かしゆかソングなのでしょうか。今回は調査していないのですが、私の中では「時の針」「NIGHT FLIGHT」なんかで得票率が高そうです。

第2位は「不自然なガール」
12不自然なガール.png
かしゆか度は54.0%と半数越え。これはやっぱりあれですね、ファンを驚かせた「えっ? ここでかしゆかソロパート?」の件が大きいと思われます。

そして第1位は「 Baby cruising Love」
06BabycruisingLove.png
56.6%の人が彼女を選びました。やっぱりスローテンポ系が強いんですね。先日書いたように「Baby cruising Love」「マカロニ」は、「ポリリズム」ブレイク後の、次につなげるための大事な曲。ポリリズムが道を拓いたならば、その道をならして整地した曲ですね。「テクノポップアイドル」として名が売れた後に、「テクノらしからぬゆったりしたナンバー」を敢えて放り込んだことで、チームPerfumeの懐の深さを示しました。Perfumeの方向性をきちんと理論付けるかしゆかさんにぴったりの曲です。

また、かしゆかの声はインディーズ時代の曲で、非常に印象的に使われている気がします。彼女は世間一般でいうところの「歌唱力」は決して高く無いでしょう。しかし、声を「音」として使う中田ヤスタカワールドにおいては、その個性的な声は大きな破壊力を持ちます。ぞくっとするようなせつなさ、幼さ、甘さを感じさせるんですよね。

全順位は下の表の通り。
28表3.png

のっちっぽい曲ベスト5
第5位は「GLITTER」
22GLITTER.png
のっち度39.8%。全般的に、ダンサブルな曲がのっちさんらしいと認識されているようです。歌詞の感じもスカーンと振り切れているような潔さ。やはり男性的なイメージなんですね。

第4位は「Hurly Burly」
25HurlyBurly.png
おなじく39.8%。やっぱりアクティブなナンバーですね。等身大の若い女性というよりも、独特の世界観をもっている曲が、のっちさんには似合います。

第3位は「レーザービーム」
17レーザービーム.png
一気にのっち度上昇、52.2%。のっち曲認定ですね。この曲は中田ヤスタカ氏の言う「まっすぐで通りのいい、クセの無い声」であるのっちにぴったりです。まさしく「ストレイト」なわけです。ダイナミックなダンスも印象に残ります。

第2位は「Dream Fighter」
09DreamFighter.png
のっち度60%とぶっちぎり。のっちさんには「ものぐさ」と「仕事人」という両極端な顔があると思うのですが、その奥には非常にストイックな「求道者」としての精神がある気がします。ステージで表現を行うことに対して、ものすごく真摯で、ものすごく熱い。そんな一心な彼女にもっとも近い世界観が、この「Dream Fighter」なのかもしれません。

そして第1位は「エレクトロ・ワールド」!
03エレクトロ・ワールド.png
のっち度、75.2%。ダントツですね。「エレクトロ・ワールド」は、その独特の世界観、斬新な振り付け、アイドルらしからぬ歌詞、しかしアイドル的に盛り上がれるワクワク感と、今のPerfumeの基盤となっている曲だと思います。Perfumeにおける「安定感抜群の土台」、のっちがその曲のイメージを背負っているのは象徴的ですね。

全順位は下の表の通りです。
29表4.png






じゃあ、5位以内ランキングからは外れてしまった曲もせっかくなので、グラフを示します。
「ワンルーム・ディスコ」
10ワンルーム・ディスコ.png
ほう! 個人的にはソロパートが目立つあ〜ちゃんが抜けるかと思ったんですが、3人で仲良く票を分け合っていますね。

「微かなカオリ」
18微かなカオリ.png
先に申し上げたとおり、あ〜ちゃん度高めです。のっち度低いのはご愛嬌。

リニアモーターガール
01リニアモーターガール.png
比較的「かしゆか曲」って感じですね。インディーズ時代に、かしゆかの声をうまく使っていたことが、メジャーで生かされているイメージです。

コンピューターシティ
02コンピュータシティ.png
ほぼ3人同率。ややあ〜ちゃん曲より、かな? こうして見ると「リニア=かしゆか」「シティ=あ〜ちゃん」「「エレワ=のっち」と、近未来三部作がそれぞれのイメージになっているのが面白いですね。

Spring of Life
23SpringofLife.png
SoLは、あ〜ちゃんソングですね。自分次第じゃしー、というポジティブさが彼女らしい感じです。

VOICE
13VOICE.png
きれいに票が割れました。ワカニャイ!人も多数。バリエーション豊かなPerfumeの曲の中でも異色なこのナンバーは3人の声が合わさった魅力があります。

スパイス
21スパイス.png
これも票が割れました。アップテンポの曲で無いせいか、ややのっち度低し。時間差で重なっていく声とダンスが印象的なこのナンバーは、3人いてこその曲なのかもしれません。

love the world
08lovetheworld.png
コンピレーションアルバムのタイトルにもなった「love the world」は、きれーいに3人のバランスが取れています。うーん美しい。

FAKE IT
16FAKEIT.png
フェスの出囃子的に使われたこの曲は、のっち度高め。アップテンポでバキバキは、Perfumeの「男前担当」のっちさんの出番なのでしょう。この世で一番好きなテキーラ♪

Spending all my time
24Spendingallmytime.png
世界進出の先鞭となるこの曲は、「3人の曲」認定です。どこか無機質でさびしい世界観。Perfumeの原点に立ち返ったようなこの曲で、世界を切り開いてください。

さて、最後に今回集計した25曲全体での比率を見てみましょう。
25曲全体
30表5.png
ほほう! ずば抜けた「っぽい曲」がある一方で、全体で見れば、ほとんど3割3割3割と、メンバーのイメージが、まんべんなく浸透しています。なんとまあ、中田ヤスタカ氏は鋭敏なバランス感覚を持っているのでしょうね。脱帽です。

さて、今回のレポートはこれで終わり。もしアルバム曲で調べて欲しいものがあったりしたら、コメント欄でリクエストしてくださいね。それでは。

Perfume関連記事
Perfume「心技体」論
「のっちの鬼ハケ」を考える
正直すぎる「あ〜ちゃんという生き方」
Perfume初心者への知っとこ情報
天邪鬼な創造者・中田ヤスタカ氏


▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 21:49 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Perfume | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/307840020
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック