2013年02月14日

SNSマーケティングを見つめるたった一つの視点

ずいぶんと長いことブログを書いてませんでした。別に何があったからということもなく、ただ書いてませんでした。ブログは気が乗らないときには放置するくらいの接し方じゃないと、「使えている」とは言えなくて、書かなきゃ!って使命感に縛られたとたんにブログに「仕えている」ことになります。

今、わたし、うまいこといいましたよ? メモした?

最近、SNSを使ったマーケティングやら顧客とのコミュニケーションやらということを、本やネットで勉強していまして、戦略論や分析論に食傷気味です。

ただひとつわかったのは、「マーケティングやる人って、ほんと要素分解が好きだよね」。

顧客に訴えかけるメールマガジンの5つの型!

やってはいけないツイッターのリプライ9つの例!

フェイスブックをスマートにする、たった7つのセオリー!

なんか、こんな表題ばっかりで、おなかいっぱいになっちゃいました。

さらにこうした表題にもノウハウが提示されていて、その中に、「断定的に言え!」「要点を奇数でまとめた表題をつけろ!」なんてのまであります。

そういえば、最近のビジネス書だの自己啓発書だのって、「1ヵ月後のあなたを変える13の習慣!」とか「夢をかなえるためにやらなければいけない11のこと!」みたいなタイトルばっかりですね。一時期本の題名で流行った「○○力」と同じです。

似たような見出しばっかりになれば、個性の無い本として埋没していくわけでして、こうしたセオリーは、セオリーとして認識されたとたんに、セオリーとしての魅力を失うというなんとも皮肉な運命にあるのだなあと思います。たぶん本当に新しいことを思いつく人は、まずはこっそり自分でそれを試して、さんざん使い倒した後にやっと「セオリー」として教えてくれるのでしょう。

自分で考える人間が、いつも正しい。それが真理のようです。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 21:00 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック