2013年09月29日

骨伝導イヤホン「AFTERSHOKZ RJ208」

ひっさびさのブログの記事が、商品紹介というのもえげつないのですが、すっごく「買ってよかった!」と思えるものに出会えたので、詳しく書いてみます。

買ったのは「AFTERSHOKZ 骨伝導ヘッドホン RJ208」というやつです。簡単に言えば「耳をふさがないイヤホン」ですね。
こんなやつ。↓




2013年9月29日現在では、アマゾンのほうが安いですね。相場は5,000円前後。

なんでこれがほしいと思ったかというと、ウォーキングしているときに音楽が聴きたいからです。

私、今健康のために毎日一万歩以上を目安にウォーキングをしています。ただし、これを実行しようとすると1時間以上は絶対にかかるんですよね。その時間をただただ歩くだけに専念するのはもったない。もちろん景色を見たり、寄り道したりと工夫もするのですが、いかんせん歩くのが朝晩の通勤の時なので、それにも限界がある。夜はほとんど景色も見えない。

なら、音楽でも聞きたいと思ったのですが、普通のカナル型イヤホンでは、周囲の音が聞こえなくなるので大変危険です。私はものすごく用心深く、交通ルールに慎重な人間なので、イヤホンつけたまま歩くなど考えられないし、ましてや耳をふさいだ状態で自転車に乗る人など信じられません。もしあれで事故に遭ったら、一生後悔するだろうと思うと、絶対できません。

そんなわけで耳をふさがずに使える骨伝導型のイヤホン、要は耳の周囲の骨を振動させることで音を伝えるイヤホンで安価なものを探していたところ、この製品がヒット。5,000円をわりこむくらいならかなりお買い得。思い切って買ってみました。実物はこんなかんじ。
商品全体像

つけ方はこう。
装着方法
「○」がついてるほうが、正しい装着方法。耳の穴のまえにつけるんですね。ここを振動させて音を伝えるわけです。

つける部分をアップにすると
装着部分
オレンジ色の部分を肌につけるわけですが、イヤホンらしい素材ではなく、きめの細かい化学繊維のクッションのようなものです。汗にも強そうですし、劣化もあまりしなさそうです。

振動を与えるために多少の電源が必要なので、コードの途中にそのユニットがついています。
操作ユニット
ここに充電池と、電源スイッチと音量ボタンがついています。

充電の方法は
充電ユニット
USBからイヤホンジャック経由で。簡単です。

で装着して、使ってみての感想ですが、いい!
・軽い付け心地。
・締め付け感なし。
・汗でべとついたりしない。
・ちゃんと音が聞こえる。
・意外と音漏れしない。
・周りの音もきちんと聞こえる。
これは、ウォーキングに本当に適したイヤホンです。好きな音楽を聞きながら歩くのはとっても楽しいです。買いですね。

ただし、重低音や高音の伸びなど、音質を求める人には薦めません。そもそも目的がちがいます。しっかり音楽を観賞するためのものではなく、これはあくまでも活動中に音楽を流す「個人BGM」用の製品であり、その必要条件は、価格・機能ともにしっかり満たしています。

この他にも骨伝導イヤホンはいくつかあるのですが、どう考えたところで音の質には限界があります。コストパフォーマンスがすばらしくいいので、ながらBGMを求める人に、わたくしゴンザ、この「AFTERSHOKZ 骨伝導ヘッドホン RJ208」、大プッシュいたします!

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 21:36 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック