2013年09月30日

今日のワード:オムニチャネル

オムニチャネル

複数の販路を使って連動させた販売方法。
「オムニ」は「オムニバス(omnibus)」のオムニ。
「チャネル」は販路。

「オムニバス」はドラマや映画、小説などで複数の短編を集めて、1つの作品としたものであり、具体的には「世にも奇妙な物語」のような形式。
オムニバス自体はラテン語で「すべての人々のために」の意である。
そこから派生して「すべての人々のために開かれた馬車」=「乗合馬車」の意味となった。
現代の「乗り合い自動車」である「バス」はこのオムニバスの「バス」をとっていると言われる。

オムニチャネルという用語は、単に販路を複数持つことというよりも、実店舗での商品陳列、インターネット通販、SNSでの顧客との交流、イベントなどを連動させて総合的に売上を拡大させるIT戦略の意味として使われる。オンラインとオフラインの融合や横断を意味する「O2O」をより戦略的に運用するための仕組みと言ったらよいだろうか。
「店で触ってみてネットで注文」
「サイトで比較して、店舗で即時受け取り」
「実店舗のタグを撮影すると、ネットでの評判が見られる」
など無印、ヤマダ電機、ユニクロなど、オムニチャネルの試みは広がっている。



▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 11:09 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック