2013年12月01日

紅葉山庭園 in 駿府城公園

久しぶりの普通の日記です。

すごーくいいところなのに、静岡県民にもあまり知られていない穴場、紅葉山庭園に行ってきました。

2013-11-30 11.07.41.jpg

どうです? きれいな場所でしょう?

あるのは、静岡市の中心地ともいっていい駿府城公園の巽櫓(たつみやぐら)の近く。大人150円で入れる、リーズナブルな庭園です。
温暖な静岡の市街地も、さすがにこの時期には紅葉が始まっています。
2013-11-30 10.34.55.jpg

2013-11-30 10.31.48.jpg
静岡それ自体をモチーフにしたお庭。

庭園内で一箇所だけ富士山を見ることができる位置からのショット。
2013-11-30 10.33.39.jpg
富士山を模した築山ごしの、ほんものの富士山。

2013-11-30 10.35.24.jpg

2013-11-30 10.36.24.jpg
カエデが真っ赤です。

2013-11-30 10.48.45.jpg
ここには「立礼席」という、お茶を飲ませてくれるところがあります。基本は煎茶。静岡は抹茶道より煎茶道のほうが盛ん。

メニューはこの日4種類あって、基本は「山のお茶」「深蒸し茶」「抹茶」「玉露」のようです。霜月(11月限定)メニューとして「本山熟成茶」というのがあったのでそれを頼みました。
2013-11-30 10.43.19.jpg
「熟成茶」とは五月頃に摘んだ新茶を茶壺に詰めて、高地に保管してその名のとおり「熟成させたお茶」。家康公が好んだとされるそうです。飲んでみたところ、これは……不思議な、今までに飲んだことのない味わい。土の香りがするような、まろやかさ。鮮やかな香りはないですが、落ち着く風味です。

そして一煎目と二煎目にあまり差がないのも特徴。普通、煎茶は一煎目にうまみや甘みがよく出て、二煎目からは苦みや渋みが表れてくるのですが、ほとんどおなじような味と香りでした。こんなお茶があるんですね。香りよりも味のお茶だからでしょう、お菓子は柚子餡の最中。さわやかな柚子のにおいがきもちよかったです。

2013-11-30 10.52.13.jpg
最後は、ほうじ茶を淹れてくれます。あー、おちつく。

この日は、富士山もよく見えました。
2013-12-01 12.53.15.jpg



▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 15:28 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | しぞーか日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック