2014年11月09日

映画『るろうに剣心 伝説の最期編』見てきました

公開からだいぶ経ちましたが、るろ剣のファイナルムービーの後編にあたる「伝説の最期」、観賞してきました。

前編の「京都大火編」はアミューズの株主優待での無料観覧でありましたが、今回はきちんとお金払いましたよ。伝説の最期編では、いよいよ福山雅治氏が登場。佐藤健、神木隆之介、そして主題歌ONE OK ROCKとそろってアミューズ事務所、快調に飛ばしておりますな。

というわけで、本作の感想ですが、ひとことで言うと「脇がかっこいい」。














印象に残るのは主役の剣心よりも、福山雅治さんによる師匠・比古清十郎。そして藤原竜也さん演じる最大の悪役・志々雄真実。

全体としては、漫画のテイストも残しつつ、非現実的な必殺技や敵キャラを排することで、「やっちまった漫画の映画化」感をなくし、誰にでも楽しめるエンターテインメントに仕上がっています。スタイリッシュで疾走感あふれる剣戟シーンは健在。やっぱりスピード対決である剣心vs瀬田宗次郎戦が燃えますね。剣心が相手の足を奪う攻撃をしているのが、原作にはないリアリティを感じます。

また、原作を知っていると、「あ、今の、九頭龍閃じゃない?」という剣の動きが、技名を叫ぶこともなしにさくっと出てきたりするのが、ちょっとうれしいです。

この伝説の最期編は、前半の「剣心の開眼」と、後半の「志々雄一派との戦い」に分けられると思います。

前半は、完全に福山師匠の独壇場。迷いのある剣心は弱いし、ボロボロにやられます。比古清十郎師匠、強い! 「飛天御剣流は自由の剣」とうたうだけあって、戦闘スタイルも自由。華麗な体術も駆使した殺陣は美しく、福山雅治さんのファンならずとも「きゃー! ましゃー!」となることでしょう。

原作では怪物じみた巨人を倒すために、師匠は助太刀にやってくるのですが、今作ではそれはなし。前半で剣心に奥義を伝えた後は、どちらの陣営にも与さず、一切出てきません。いいですね、この潔い使い方。

ちょっと苦言を呈します。前半は、師匠による過酷な追い込みの中、剣心が「自らに足りないものを見出す」というところが、一番重要なのですけれど、それをもうすこし重みを持たせて表現しないといけないと思いました。「命を捨てても……」から、「俺はまだ死ねない!」にスイッチが切り替わるところを、さらっと描きすぎ。あれっ?と思った時にその真理を悟っているので、なんだか拍子抜けでした。

生の尊さを表す師匠の言葉「春には桜。夏には星。秋には満月。冬には雪。それで十分酒は美味い。それでも不味いんならそれは自分自身の何かが病んでいる証しだ。」はけっこう心にしみました。いいフレーズです。


で、後半に入る前のエピソードなんですが、「抜刀斎、引き回しの上斬首」、あれ要りますかねえ? あのシーンで何を見せたいのかがよく分からなかったし、超人的な破壊力を持つ佐之助が竹の柵に遮られて「けんしんー!!」と叫んでいることに違和感しか湧きませんでした。

それから、土屋太鳳ちゃんの操に見せ場がなくて残念。美しいアクションができる子なのにもったいない。ただ、日舞や三味線などをたしなむだけあって、蒼紫を看病するときの所作がとてもきれいでした。

蒼紫といえば……伊勢谷友介さん、「京都大火編」「伝説の最期編」と通して、あんまりな扱われ方では? かっこいいのですが、京都大火編では味方の翁を倒すという悪行。まあ、これは原作通りなのでしょうがないのですが、伝説の最期編では強さだけを求める狂気の中で、「生」に目覚めた剣心に軽くあしらわれます。そこで心を入れ替えて、ラスボス・志々雄との戦いに助っ人として現れますが、ライフゲージを少し削る程度の戦力にしかなっていません。伝説の最期編ではいいとこなしです。


で、で、志々雄真実ですよ。もうラストは「志々雄つええええ!」という印象しかありません。

なんつったって、いきなり剣心を吹っ飛ばした後、斉藤、蒼紫、佐之助の助太刀連が表れても、八面六臂の如き動きで四人を相手に対等に戦います。四人がかりでの連続攻撃を防ぎ、反撃し、剣心以外を戦闘不能にして、最後の「天翔龍閃」によって倒れますが、そもそも志々雄は活動限界オーバーなので、負けには思えません。さすがラスボス、とんでもない強さとも言えるんですが、なぜ志々雄は敗れたのか、なぜ剣心は生きられたのか、それがストンと腹にはおちないのが少し残念でした。

藤原竜也さんはいい役者さんですねえ。あれだけ特殊メイクを施され、表現手段が身体の動きと、目・口、そして声に制限されているのに、志々雄の一貫したダークな価値観を見事に表現しています。原作にもある由美の最期のエピソードもよく演じられていました。

いろいろ不満点も書きましたが、この作品はいい! 前作と同じように、スタイリッシュな剣戟アクションがとってもいい! それを観るだけでもいい! 海外に持って行っても、ヒットすると思います。

あ。でも「日章旗」が写る場面があるので、お隣のあの国とか、あの国に持っていくときには気を付けたほうが良いかも。

いい男たちのネオ・チャンバラアクション。観て損はありません!





▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 19:58 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック