2014年11月22日

つくってみた:ぐるんぐるんネクタイピン


今回も自作Perfumeグッズに挑戦します。

前回の自作「Perfumeぐるんぐるんカフス」の原料となったのは「ぐるんぐるんピアス」。
ぐるんぐるんピアス
若い女の子をターゲットにしているのがよくわかる商品でした。

対をなすようにおそらく男性向けとして作られているのが、ぐるんぐるんキーホルダーです。
ぐるんぐるんキーホルダー

1,000円と比較的安価で「何かに使えるだろう」と買った方は多いのではないでしょうか。ただ、意外と使い方が難しい。本当に鍵につけて「キーホルダー」にするには飾りが大きいし、とうぜん携帯ストラップにも適していない。チャームが多くて重いから、全部つけるとじゃらじゃらして面倒。かといって、1個1個なのもさびしい。

というわけで、今回はこのキーホルダーのチャームから、「ぐるんぐるん」と書かれたプレートをピックアップしてぐるんぐるんネクタイピンにしてみます。















【必要になるもの】
・「ぐるんぐるんキーホルダー」のネームバー(セット1000円)
・ネクタイピンパーツ ただし丸皿など台座がないもの
 
 
 2014-11-10 15.50.52.jpg
※東急ハンズや手芸店で見つかります。
・エポキシ樹脂接着剤(100円ショップにある)
・ペンチ/ラジオペンチ
・レモンカンチェーン(なくてもいい)
これだけです。

まずはペンチをつかって、カン(部品をつなぐ金属の輪っか)をまげ、ネームバーを外します。
主な部品がこれでもう揃いました。
部品一揃い

また登場エポキシ樹脂接着剤。
エポキシ樹脂

この2つをくっつけます。接着剤を塗るのは、ネクタイピン側にしたほうが、「はみだしてピンが開かなくなる」という悲劇をすくなくできます。

くっついたら、ほぼ完成。
完成品一歩手前

なのですが、ちょっと一工夫しましょう。このネームバーにはカンのついてた穴があります。前回のカフスとは違って、分厚い金属なので、これを切り取ってけずるのは無理。でも穴は気になる。気になるのであれば、穴のある必然性を持たせてしまいましょう。

そこで使うのがこちら。レモンカンチェーン/ボタンチェーンです。


みたことありますかね? こんなふうにネクタイピンの端から出ているパーツなんです。


多くのネクタイピンはネクタイとワイシャツを一緒に挟み込むことで、ぷらぷらしないようになっています。それに対しチェーンがついているタイプは、ピンはネクタイだけを止め、そこから伸びるチェーンをワイシャツのボタンにひっかけることで、多少の遊びをもたせつつタイのぷらぷらを防ぎます。

んなわけで、
カンを開くぞ
こちらもカンを開いて、

出来上がり
ネームバーの穴にひっかけて完成。

実際につけた感じはこんな風になります。
装着

なんかいまいちな写真なので、服装を変えて……
ぐるんぐるんネクタイピン
なぜかスヌーピーのネクタイ。

五角形カフスと合わせてさりげなく。
ぐるんぐるんカフスとネクタイピン

案外いい出来なんじゃないでしょうか? 今回はほとんど作業がなかったので、30分でできてしまいました。材料集めのほうがめんどうでした。

また機会があれば「タイタックピン」「ピンバッヂ」などにも挑戦してみます。

Perfume「心技体」論
「のっちの鬼ハケ」を考える
正直すぎる「あ〜ちゃんという生き方」
Perfume初心者への知っとこ情報
天邪鬼な創造者・中田ヤスタカ氏





▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 19:35 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Perfume | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック