2017年06月30日

バニラエア事件に対する所感





どうも、ゴンザです。

今話題のバニラエアの事件について。はじめはバニラエアが炎上して、その後タラップを這いあがった木島氏側が炎上。そのことを「障害者への冷たい視線」として問題視するマスコミ。

たぶんですね。マスコミは問題の焦点が何なのか、わかっていないか、あるいはわかっていてわざとずらしているんですね。

木島氏を不快に感じ批判した人は、木島氏が「障害者に選択の自由を!」という声をあげたこと、つまり行動の目的に対して怒っているのではないのです。手段に対し「そのやり方は汚いんじゃないの?」と言っているんですね。

バニラエアは、特定の空港についてタラップを自力で上がれない人については、事前に連絡・相談してほしいと掲げてあった。しかし木島氏は「事前に連絡しても、断られるのがわかっているので、連絡しなかった」と言う。そして直接現地に行って、断られると「自力で上がれる」と這い上がり、その姿を描写して問題提起してみせた。

つまり、偶発的な事件ではなく、搭乗を断られること、直接行ったら相手が困ること、自分で這い上がることになるであろうこと、それらを事前に予想、というか期待していたのでしょう。言い方は悪いですが、自分がかならず優位に立てるよう、周到に罠をしかけたとも言えます。そして、タラップを「這い上がらされた」という哀れな状況を実現し、それについて、マスコミに情報を流し、世論を味方につけようと動いた。

頭は良い方なのかも知れません。が、目的が正しいなら、どのような手段を使ってもいいわけではないと思うのです。障害者という弱者が、弱点を悪用したととらえる人が出てきてもおかしくありません。社会を動かそうとする人が、多くの人に反感を買っては意味がないのです。

障害者手帳を持つ身から言います。こういうやり方はやめてほしい。





▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 12:00 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック