2005年08月31日

【ネタ】草薙ミステリートライアングル

静岡県のJR東海道線「静岡駅」のちょっと東京寄りに「草薙」という駅があります。かの三種の神器のひとつ「草薙の剣(天叢雲剣)」ゆかりの土地です。今回はここでゴンザが発見したミステリーについてレポートします。

草薙駅の出口を出て左手に進んでいくと、花屋があります。
花屋の看板1
花屋です。横からみえる看板です。

花屋の看板2
正面から見たメインの看板です。

花屋の看板2ズームイン
ロゴも花をあしらったお洒落なものです。どこから見ても立派な花屋です。

さあ、花を買いましょう。お店へGO。
花屋の正体1
おや? なにか……おかしい。


花屋の正体2
靴屋です。どこから見ても立派な靴屋です。

サンダル
婦人用ゴムサンダルが税抜450円です。

花屋靴店
駐車場です。どっちやねん、とツッコみたくなります。


さて、次はこの「花屋靴店」から程近いところにあるお店の立体看板です。

靴立体看板1
靴です。「花屋靴店」のライバルです。靴の下に見えるのは電線です。

靴立体看板2
実はこんなに上空にあり、こんなに大きな立派なものなのです。


それでは、ちょっと近づいてみましょう。
靴屋の正体
おや? なにか……おかしい。

100円ショップ 美容室
1階が100円ショップ、2階が美容室です。靴、ぜんぜん関係ありません


草薙には「花屋のふりをした靴屋」と「靴屋のふりをした100円ショップ」があることになります。ということは、どこか近くに「100円ショップのふりをした花屋」があるに違いありません。

そうなれば、見事な三すくみ。グーチョキパー。ヘビカエルナメクジ。狐庄屋猟師。見事なミステリートライアングルが描かれることになります。

100円ショップの看板を掲げた花屋を探し、ゴンザは今日も草薙をうろつくのでした。




[補足のネタバラシ]
「花屋靴店」の方にお話をうかがったところ、昔焼津のほうにあった本家が植木屋を営んでいたため、「花屋」という屋号を持っていたのだ、ということでした。

都会育ちの人のために解説しますと、地方では同じ名字の人や同族を家単位で区別するために、それぞれの家に「家のあだ名」をよくつけることがあります。それが「屋号」です。

で、静岡市に出てきた分家が靴店を始めたとき、周りからは屋号の「花屋」で呼ばれました。そこで、その名前をそのまま店名にしてしまったのだそうです。

靴の立体看板については、「昔は靴屋だった」というのが種あかしです。

今から3〜4年前までは、ここは「ペガサス靴店」という靴屋でした。それが「100円ショップ」に変ったのですが、ここまで大きな立体看板は下ろすのに大変な手間とお金がかかり、さらに処分にも困るということで、そのまま置いてあるのです。

以上、おそまつさまでした。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 17:29 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6414212
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック