2005年09月20日

新幹線探訪記

先日ゴンザは新幹線に行ってきました。

「行ってきた」じゃなくて「乗ってきた」だろう、と思ったあなた。いえいえ、これでいいのです。ゴンザはまさに「新幹線」に行ってきたのです。

鉄道ファンには有名な話らしいですが、静岡県には「新幹線」という地名があるのです。場所はJR東海道線「函南駅」のすぐ近く。

歩いて10分くらいのエリアです。正式な地名としては「静岡県田方郡函南町上沢 字 新幹線」になります。

函南駅に降り立ったゴンザは、「新幹線」を目指して歩きます。そして……いきなり道に迷いました。
_| ̄|○

目的地まで1度しかない分かれ道を見事に間違えました。自分の方向音痴っぷりに嫌気がさします。






しかしこれも神の思し召し。ウォーキングを楽しめということなんだ。鳴り止まぬ蝉しぐれ。ゆれる稲穂。走り去る軽トラック。のどかな夏の風景じゃないか。暑さを忘れるね。疲れてなんかいないし。

自分自身を不器用にだましつつ、結局は炎天下を3キロ程歩き倒した末に、目的地にたどり着きました。ご覧下さい。ここが「新幹線」です。

新幹線公民館看板
新幹線公民館。非常に立派な看板です。

新幹線公民館玄関
この写真ではわかりませんが、左側にある看板には「新幹線区自主防災会本部」と書いてあります。どうやら、ここを上沢の「新幹線区」と呼ぶのが一般的なようです。

新幹線区全図
「新幹線区全図」。これは新幹線の路線図でも、開通工事予定表でもなく、ふつうに町の案内板です。

新幹線消火器
新幹線区の消火器です。まるでJR東海の所有物のように見えます。

この地区にはバス停が2つあるのですが、
幹線上 幹線下
「新」の抜けた「幹線上」と「幹線下」という名前。残念です。何が残念なのかはイマイチよくわかりませんが、残念です。この土地の方にとってはひょっとすると「幹線」と略すのが一般的なのかもしれません。

なぜこのような地名がついたかといいますと、やはりその由来はズバリ「新幹線」。新幹線の建設に携わった人たちの居住区があったのだそうです。

夢の超特急の開通に命を燃やす男たち。新丹那トンネルは、俺たちが、開く。

そんなプロジェクトXな舞台だったと想像すると、胸が熱くなります。


なお、由来などの詳しい事情については「JRおでかけネット」のコラムが詳しいので、そちらをご覧下さいませ。くれぐれも「なーんだ。結局この記事をパクってんじゃん」などと言わないこと。現地を自らの足で訪ねた私の努力を評価して下さい。






※ゴンザはこのブログのほかに、もう一つのブログにライター参加しています。違う名前で書いてますが、同一人物ですので、そっくりな記事を見かけても「無断転載だ! 盗作だ!」などと騒がないでくださいませ。

【珍地名探訪シリーズ】
第1弾:新幹線探訪記
第2弾:「土」へ行く
第3弾:小豆餅で小豆餅を食べる
第4弾:熊で熊をとる

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 09:55 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ディープな静岡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック