2013年11月21日

今日のワード:プラチナバンド



無線通信に使う電波周波数帯のうち、700MHz〜900MHzのことを指す。
総務省の「電波利用料制度に関する専門調査会」では「ゴールデンバンド」と呼んでいたが、日経BP社が「プラチナバンド」と名づけ、こちらのほうが認知されている。

周波数帯の特性として、アンテナが建物の影になっていても受信しやすいという「回り込み」に優れていること、また、受信アンテナの設計時に小型化しやすいことから、携帯電話などの機器利用に適しており、「価値の高い周波数帯」としてゴールデン、プラチナと称される。

また、価値が高いために、すでに事業者によって占有されており、めったに手に出来ないという意味もこめられている。

現在無線通信事業者の3.9G、LTEでのプラチナバンド使用は、
ドコモ:Xi(800MHz) 2012年11月から順次エリア拡大
    Xi(700MHz) 2014年以降開始予定
au KDDI:CDMA 1X WIN(800MHz) 2012年11月から順次エリア拡大
    :au 4G LTE(700MHz) 2014年以降開始予定
ソフトバンク:LTEについてはプラチナバンドをほぼ使えず、
       2.1GHz帯および1.5GHz帯を使用。
       2014年春以降に900MHz帯を本格使用開始予定
という状況になっている。全体としてはKDDIが有利、ソフトバンクが不利な戦況。

最近は2.5GHz帯がUQコミュニケーションズに割り当てられ、ソフトバンクは将来的な「電波不足」に悩まされている。イーモバイルやウィルコム、WCPなどグループ会社の電波資源の活用、および割り当てられている900MHzの整理が、ソフトバンクの急務となっている。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 10:31 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

今日のワード:インライン

英:in-line 直列の、一列に並んだ

ITの分野ではプログラムや文章などへの、テキストコードの「埋め込み」を意味することが多い。
わかりやすい例では、メールの返信がある。

相手からのメール内容を引用して、数行ごとに1問1答のような形で返答するのを「インラインコメント」「インラインでの返信」と言う。

具体的には

> 11月11日(月)午前中ではいかがでしょうか?

すみません、その日終日出張です。

> 弊社は2人で伺う予定です。御社は何人いらっしゃいますか?

課長の鈴木、サービス企画担当の佐藤、私の3人の予定です。

以上のような形である。インラインでの返信は、非常にビジネスライクな形式のため、社外に対しては「インラインで失礼します」などと非礼をわびてから行うことが慣習となっている。

プログラミングでは、「ひとかたまりの処理」の命令群を、その処理が行われる箇所に、直接埋め込むことをインライン処理という。
関数やサブルーチンなどに定義した「ひとかたまりの処理」を逐次呼び出すよりも一般的に処理が高速化されるが、プログラムが長くなる。

XMLの分野では、テキストの構造を規定する<H1>や<P>などのタグを「ブロックレベル要素」と呼ぶのに対し、何らかの機能や処理、修飾などを埋め込む<a href=""><i>などのタグを「インライン要素」と呼んでいる。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 11:40 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

今日のワード:ネットワーク外部性

ネットワークと名前がついているが、ICTネットワーク、インターネットとは直接関係はない。

「ネットワーク外部性」とは、ある「モノ」のユーザが増えるにしたがって、その「モノ」から得られる便益が増大するという性質。

一番わかりやすいのは、ソフトバンクのホワイトプラン。
周りにホワイトプランユーザが増えれば増えるほど、無料通話、無料メールという便益が増す。

その「モノ」自体ではなく、周辺とのつながりが便益を生み出すのが、「ネットワーク外部性」の本質と言えよう。

ネットワーク外部性は、規格やフォーマットでよく表れる。
Windowsユーザが増えれば、周辺機器や対応ソフトも増えて、サポートも受けられて、使いやすい。
iPhoneユーザが増えれば、ケースやアプリが充実して、面白い情報も周りと教えあえる。
相乗効果、あるいは好循環に乗ってどんどんユーザが増え、それに従ってサービスやコンテンツが充実する。

ユーザが増えなければ「循環」を作れず、逆に「悪循環」に陥って、「モノ」自体の価値は低いままである。
こうした現象はビデオテープの「VHS 対 ベータ」などにも良く表れている。

近年は、ユーザも賢くなり、どの規格が「勝ち組」となるか、見定めてから購入を決断するようになったため、「ネットワーク外部性」を要因とする買い控えがしばしば起きている。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 11:23 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

今日のワード:エイリアス

英:alias 別名、偽名、通称などの意味。
IT分野では大きく分けて3つの使い方がある。

1)「ショートカット」と同義
よく使うファイルやフォルダの分身を、使いやすいデスクトップなどに置いて、すぐにアクセスできる機能。
MacOSではこれをエイリアス、Windowsではショートカットと称する。
UNIXでは、あるコマンドを、別名で登録することをエイリアスと言い、これも一種の「別名を付けた分身」である。

2)メールアドレスの「別名」
通常、ISP等から付与されるメールアドレスには、「本名」とも言える固定化されたアドレスが存在する。
@より左側の、ユーザが決める部分は、実はこの「本名」に紐付けられた「通称」であり、この部分をエイリアスと呼ぶことがある。
また、1つのメールボックスに対して、複数のアドレスを紐付ける場合にもそのメールアドレスをメールエイリアスという。

3)コンピュータグラフィックス上の「ギザギザ状態」
CGを拡大したり、回転させたりという処理をした場合、その演算過程で、枠線や範囲にギザギザが生まれることがある。このギザギザを「ジャギ」といい、ジャギがある状態をエイリアスと呼ぶ。
これに対して、ギザギザの部分を滑らかにする処理を「アンチエイリアス」と称する。
アンチエイリアスをかけることで、滑らかできれいなCGとなるが、やや輪郭がぼやけるという弱点もある。


▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 13:31 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

今日のワード:SIMカード

英:Subscriber Identity Module Card

ほとんど訳されることはないが、日本語では「加入者識別機能カード」といったところ。
携帯電話、スマートフォンなどの移動通信端末に使われる、個体を特定するための固有の番号が記録された小さなカードである。

SIMカードにはIMSI (International Mobile Subscriber Identity) と呼ばれる番号がついており、これと電話番号が紐付けられることによって、個々をつなげ、通話・通信が可能になっている。

従来の携帯電話ではSIMカードは端末内に内蔵されていたため、利用者がその存在を意識することは無かった。
現在のスマートフォン、タブレット、モバイルルーターなどは、SIMカードの差し替えができるスロットが存在し、SIMカードこそが通信の鍵となる部品であることが知られ始めている。

通常、ドコモ、au、ソフトバンクなど通信会社から販売されている端末は、その業者の発行するSIMカード以外では使えない仕様になっているが、通信会社に縛られない端末も、最近は多く販売されている。そのような端末のことを「SIMフリー」「SIMロックフリー」と呼ぶ。


▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 16:51 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

今日のワード:ガバナンス

今日のワード:ガバナンス

英:governance 
原義は統治、管理、支配。
動詞governから派生した名詞であるが、同じく派生名詞であるgovernmentは「政府による統治」を意味する。

「ガバメント」と「ガバナンス」は対照的に用いられることが多い。
「ガバメント」は政府が法的拘束力をもって行うトップダウン型の統治であるのに対して、
「ガバナンス」は組織を構成する要員がそれぞれの意思をもって、さまざまな決定や合意形成を行う、ボトムアップ型管理のイメージを持つ。

「ガバナンス」は経営学の分野において、企業の意志決定・合意形成を行う仕組み「コーポレート・ガバナンス」やITをどのように運用していくかについての仕組み「ITガバナンス」といった複合語で使われる。

それぞれ、企業活動において、IT運用において組織の構成要員が主体的に関わって、秩序ある管理を行うためのシステム、という「ガバナンス」のイメージを内包している。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 12:00 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

今日のワード:スキーム

英: scheme 
もともとは「枠組みを持った計画」というギリシア語から来ている。
「計画をともなう枠組み」と訳されることもあるので、計画×枠組み=スキームということだろう。

「計画」は「こういったことをこのようなスケジュールでやっていく」という時系列に沿った未来に向けての構想。
「枠組み」は「どういったことを、どのような構造、流れで行うか」という、どちらかといえば、時間的には短期的な体系図。

「スキーム」は、長期的には変更・進化をしながらも、大きな考え方は維持しながら、継続的かつ組織だって実行されることを期待する「枠組み×計画」と言えばよいだろうか。

使う側も、聞く側も、漠然と使っていることが多い、便利だがわかりにくいカタカナ語のひとつである。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 10:41 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

今日のワード:ウォンツ

<今日のワード>ウォンツ

英:wants

マーケティングで重視される「ニーズ」「シーズ」とともに語られることが多いビジネス用語。
「欲しい」「買いたい」という欲求のこと。
シーズが、企業側の視点から見た「供給できる商品・サービス」。
ニーズが、消費者の視点から見た「需要がある商品・サービス」。

この場合の供給と需要は、一般的に「生活するうえで必要であるから、需要があり、それに対する供給が行われる」という、非常に物質的な、あるいは機能的な意味で使われる。
「衣食住」を満たすための必要十分な商品・サービスという視点である。

これに対し、ウォンツは「必要ではないが、欲しい」という、人間の「欲求」の上にある「欲望」の基づくものとされる。

わかりやすい例が「ブランド品」である。
スーパーで買ったバッグと、エルメスのバックに機能的な差はほとんどない。
しかし値段には100倍の開きがある。
エルメスのバッグに、スーパーのバッグの100倍の機能的価値はないが、そこのウォンツが存在するために、100倍の付加価値が生まれている。
こうした、機能だけでない付加価値を求める欲望が、「ウォンツ」であるといえる。


▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 13:59 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

今日のワード:シーズ

英:seeds 原義は「種」。

ビジネス用語としては、サービスや商品を提供する企業側が持つ「技術、ノウハウ、アイデア、設備」などの「商売のタネ」のこと。
多くは消費者側の「こういうサービス、商品が欲しい!」という要望=需要=ニーズと対比的に使われる。
ニーズに対してシーズは「今、うちの会社では、こんなサービスや商品が出せますよ!」という供給側から見たビジネス提案のスタート地点である。

現在、市場では消費者視点でのニーズ重視マーケティングが主流だが、新しい市場を拓く上では、視点を変えたシーズ志向の商品開発も重要である。
たとえばソニーのウォークマンは
「録画機能を省いた再生専用のものならば、カセットプレーヤーを気軽に持ち歩けるサイズに小型軽量化できる」
というシーズがソニー内部に存在し、そうしたものを若手社員自身が「欲しい」と感じ、市場に出したところその潜在的ニーズを爆発に引き出した商品とされる。

こうしたシーズ先行型の商品開発は、後のAppleによるiPodの登場、iPhoheへの統合という流れにもよく表れており、革新的な商品、サービスを作り出すための視点変換としてシーズの重要性を物語っている。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 11:21 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

今日のワード:テレメタリング

テレメタリング

tele-metering
「tele」がテレフォン、テレグラフなどの「テレ」。原義は「遠隔」。
「metering」は「計測すること」。直訳すれば「遠隔計測」である。

通信技術によって遠隔地の軽量器が計測した値を読み出す仕組み。
身近な例としては、電気やガスなどの自動検針、無人駐車場の課金管理装置、アメダスなどの気象計測、地すべり・地震・河川氾濫などの防災避難管理装置などがある。

従来は人間が循環して計測を行っていたり、計測値の受け手が人間であったりしていたが、計測器と計測値の集積・分析を行う装置がIT技術によって直接つながることで大幅に業務の効率化が進むと考えられている。
いわゆるM2M(マシンツーマシン)の分野で最も進んでいる分野である。



▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 14:28 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

今日のワード:OGP

Open Graph Protocol
訳語は当てられておらず、「OGP」のまま使われているが、訳するとすれば「情報公開記述規格」といったところか。

XMLの中で、そのページで
・どのような情報が公開されているかについて(Open)
・その概要をまとめておくために記述する(Graph)
・決まりごと(Protocol)
と言える。

ヘッダ情報の中のmetaタグの中で
meta property="og:title" content="XXXX"
といった形で記述を行う。
「og:」の後に来るものは、
title ページの題名
image ページを代表するものの画像
url ページの正式な URL
description ページの簡単な説明文
site_name ページが属するサイト名
email 連絡先メールアドレス
phone_number 連絡先電話番号
などである。

このOGPが威力を発揮するのは、FacebookやGoogle+、mixi、GreeなどのSNSと連携するときである。
OGPで定義した情報に基づき、情報がシェアされたり、何について「いいね!」と言ったのかが明らかにされたり、リンクにこちらが出したい画像が使われたりする。
情報を公開(OPENに)する際の、ページ要約を作成者がコントロールできるところにOGPの大きな意義がある。
OGPは上記に上げたような大手SNSがこぞって採用しているため、現在のページ構築には欠かせない要素となっている。


▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 13:50 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

今日のワード:オムニチャネル

オムニチャネル

複数の販路を使って連動させた販売方法。
「オムニ」は「オムニバス(omnibus)」のオムニ。
「チャネル」は販路。

「オムニバス」はドラマや映画、小説などで複数の短編を集めて、1つの作品としたものであり、具体的には「世にも奇妙な物語」のような形式。
オムニバス自体はラテン語で「すべての人々のために」の意である。
そこから派生して「すべての人々のために開かれた馬車」=「乗合馬車」の意味となった。
現代の「乗り合い自動車」である「バス」はこのオムニバスの「バス」をとっていると言われる。

オムニチャネルという用語は、単に販路を複数持つことというよりも、実店舗での商品陳列、インターネット通販、SNSでの顧客との交流、イベントなどを連動させて総合的に売上を拡大させるIT戦略の意味として使われる。オンラインとオフラインの融合や横断を意味する「O2O」をより戦略的に運用するための仕組みと言ったらよいだろうか。
「店で触ってみてネットで注文」
「サイトで比較して、店舗で即時受け取り」
「実店舗のタグを撮影すると、ネットでの評判が見られる」
など無印、ヤマダ電機、ユニクロなど、オムニチャネルの試みは広がっている。



▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 11:09 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする