2006年06月28日

【日記】オシムとユーゴ

ゴンザのお仕事ブログを見てらっしゃる方はご存知かもしれませんが、最近ゴンザはある本にはまりました。それは『オシムの言葉』。

サッカー日本代表の次期監督として名前が急浮上したイビツァ・オシム氏の半生とその哲学を追った本です。基本は「サッカーの本」ですが、ユーゴの戦乱を描いたドキュメンタリーであり、人の上に立つ人間とはどうあるべきかの指南書であり、プロの仕事のあり方を説いたビジネス書でもあります。

お仕事ブログの方でも熱く語ってしまいましたが、かなり面白い本です。オススメ。

オシム氏はボスニア生まれのユーゴスラビア人。というわけで、現在ユーゴのサッカーに興味が出てきているゴンザは、ふと「トリビアの泉」で取り上げられていたネタを思い出しました。

いわく
サッカーのユーゴスラビア代表は、キーパー以外全員の名前にビッチが付いていた事がある

これは1998年ワールドカップフランス大会代表の話です。
すげー。ストイコビッチとか、ビッチ好きな国だとは思ってましたが、そこまでとは。

当時は22人だったユーゴ代表選手をここに列挙してみましょう。

レコビッチ
ミルコビッチ
ミハイロビッチ
ジョロビッチ
コムリエノビッチ
ペトロビッチ
ヨカノビッチ
ユーゴビッチ
ストイコビッチ
ドルロビッチ
サビチェビッチ
ステビッチ
ブルノビッチ
スタンコビッチ
ミヤトビッチ
ミロシェビッチ
コベチェビッチ
オグニェノビッチ

サベリッチ
ジュキッチ

クラリュ
ゴビダリツァ

22人中、「ビッチ」が18人、「ッチ」が20人。
「ビッチ」率81.8%、「ッチ」率90.9%。
ものすごいことになってます。たぶん旧ユーゴ地域内では、半分以上の人にビッチがつくのではないでしょうか。

ここまでビッチがつきまくると、もはや「ビッチ」には固体識別記号としての存在価値はありません。ここは一発「デノミ」を断行し、すべての「○○ビッチ」さんから「ビッチ」を取り除いたほうがいいかもしれません。

ちなみに「ビッチ」はユーゴ地域の言葉で「息子」を表します。あるファミリーから息子が分家するとき「ストイコんとこの息子」として「ストイコビッチ」と呼ばれていった結果、このようにビッチばかりになっていったようです。

似た例が、英語のson(ソン)ですね。これもロビンの息子・ロビンソン、ピーターの息子・ピーターソンなどという形でつけられたファミリーネームらしいです。

なおこの話をすると、「畜生!」などを表すスラング英語「son of a bitch!(サノバビッチ!)」は「息子の息子で、孫?」と首をかしげる人がいますが、このビッチとユーゴのビッチはまったく無関係。英語とセルビア語なんだから、当たり前といえば当たり前です。

英語の「bitch」は「雌犬」の意味。そこから転じて「尻軽女」を表す俗語です。
つまり「son of a bitch」は「尻軽女の息子」となります。「息子」ですから、罵倒に使う場合には、男相手にしか使わないようですね。

母親を使って罵倒するということで、「お前のかーちゃん、でーべそ!」の強力版といってよいかもしれませんね。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 15:03 | 静岡 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

【日記】社長、それはどうなんだろう。

この時期になると、食べ物の傷みがはやくなることで季節の移り変わりを感じてしまうゴンザですこんにちは。
昨日、作成後半分くらいしか食べてなかった「栄養たっぷりけんちん汁」が、もののみごとに酸っぱくなっていました。火を入れたし、半日ぐらい大丈夫だろうとタカをくくったのが敗因でした。

さて、そんな独り暮し・ゴンザの強い味方と言えば100円ショップです。雑貨やインスタント食品など、生活に欠かせない品が安価で手に入るすてきなお店。

最近、ゴンザの家の近くにShop99という100円ショップならぬ99円ショップが出来ました。これは「100均界の台風の目」とも言われるチェーン店で、その最大の特徴は生鮮食品を扱っていることと、24時間営業であること。100均+小型スーパー+コンビニって感じのお店で、はっきり言ってかなり便利です。

が、このお店、ひとつ気になることがあります。店内で流している歌です。

「あ、Shop99のテーマ曲? あれ耳につくんだよねー!」と思った方。残念ながら違います。

たしかにShop99には、
♪しょっ・ぷ・きゅ・きゅ・きゅっきゅきゅきゅ♪
♪しょっ・ぷ・きゅ・きゅ・きゅっきゅきゅきゅ♪
♪だーてにやすくはありません♪
♪あなたをおもってきゅっきゅきゅきゅ♪
というテーマソングがヘビーローテーションされていて、ゴンザはもうすでに完璧に歌いこなせるのですが、この歌は「気になる」というより、わりと「お気に入り」です。

気になっているのは、このテーマ曲の合間合間にかかっている歌です。ビミョーに完成度の低い歌が数種類、繰り返しかけられているのです。

一番耳につくのは、
♪いまぼくはろっぽんぎのぉ〜こうさてーんにたつ〜 ぼくがいるから〜みながある〜♪といった歌詞の歌。

ゴンザはあまり音楽に詳しくないんですが、そのゴンザが聞いてもこの歌、イマイチ。なにが悪い、と明言しにくいんですが、曲・詩・歌い手すべてがイマイチ。どれもが満足度70%程度なので、70%×70%×70%=35%になっている、みたいな。

曲:なんだか昭和の歌謡曲のような節回し。
詩:「人生の主役であると気づいた時」「存在という名の靴をはいて」とか哲学的だかなんだかわからない内容。
歌:男女多数の混声。それぞれ下手ではないが、「歌が好きな人」くらいの実力。多数ボーカルにも関わらず、ほぼ全員主旋律を歌うという、どユニゾンの世界。

この曲を、ひどい曲だとこきおろすつもりはないんですが、一方でお店でガンガン流すような出来ではない、と思うのですよ、shop99さん。

お店で聞いてるとなんか居心地が悪くなってくるのです。例えるなら、キャンプファイヤーを囲んで楽しげに歌っている一団の歌を聞かされてる感じ。あ、いいです、僕あっちに行きますから、という感じ。

他では聞いたこともないこの曲を、なぜにShop99ではパワープレイしているんだろう?と調べてみたところ、その謎を解明してしまいました。

この曲、Shop99の親会社の社長が作詞作曲プロデュースした歌なんだそうです。

あいたたたたたたた。

社長、あいたたたたたた。趣味だけにしとけばよかったのに、あいたたたたたた。

どうもこの社長、かなりイターい人のようで、自らマイクを持ってイベント会場などで歌い上げることもあるようです。

PBJ、日本で初めてUltra-Mobile PCを製品化――発表会場で一番盛り上がったのは……?

そう、この記事の一番下に出てくる歌こそが、Shop99で繰り返しかかっている曲なのです。

これを書いた記者も「かなりイタい」と思っていることがありありと出ていますが、さすがにそのまま書くわけにもいかず、
驚きのあまり絶句してしまった報道陣も少なくないだろう
と他人事のように書いてます。

これは……キツい。

音楽性うんぬんの話でなくて、社長が自作の歌を、自分の店でかけさせるという、独りよがりの経営方針が嫌だなあ……。

「社長が出たがりの会社にろくな会社はない」というのが、ゴンザの持論です。

ライブドアもそうだし、ヒューザーもそう。自己顕示欲の強い人は、パワーはあるけど自分の信じたいものを信じるタイプなので、リーダーとしては長続きしません。ホストくずれのような「ア○カコーポレーション」の社長が、最近ゴンザが「やばそうなやっちゃなー」と注目しているナンバー1です。

そして、Shop99でこの歌をかけるについて、社内の誰もツッコまなかったという組織のあり方に対し、どうなんだそれは、とゴンザはツッコみたいです。

王様の耳はロバのみみー! と言ってあげないと王様には自分の耳は見えないのです。

世の中はボケとツッコミで成り立つ。革新的に自分の信じたものを推し進める「ボケ」と、保守的な世界を守ろうとする「ツッコミ」。どっちが強すぎてもダメ。

Shop99さん、このままいくと「ボケ会社」になりかねないんで、もう少しつよーいツッコミを導入することをおすすめします。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 16:51 | 静岡 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

【日記】いまさら怪物スプー

こっちのブログで、ひどいサボり方をしてしまっているゴンザですこんにちは。もう1個、お仕事でやってるブログの方に、現在は注力中。ゴンザのしょうもない文章を読んでくださる、という方は、そっちへもどうぞ。「Ko」というのが、ゴンザです。ただし、静岡県の地元ネタに特化したブログなので、面白いかどうかは微妙ですが。

さて、最近そのお仕事ブログでゴンザ(Ko)が書いた記事「ドラえもん神社2」というのが、ネット上のネタとしてちょっとした話題になったのですが、ほぼ時を同じくして旋風を巻き起こしたのが、「怪物スプー」。

スプーというのはNHKの老舗子供番組『おかあさんといっしょ』のキャラクターの1人。着ぐるみ人形劇「ぐ〜ちょこらんたん」に出てくる何とはいいがたい生き物です。

まずこちらのページで、スプーとはどんなキャラクターか見ておいてください。
右端の絵がスプー しっかり脳裏に焼き付けましょう。

で、このスプーには「えかきうた」があるのですが、話題を呼んだのは、その歌にあわせて「歌のおねえさん」である「しょうこおねえさん」が描いた絵の、驚くべき完成度。

これまた色々論議を呼んでいる動画共有サイト「Youtube」にて、その動画が公開されていますので、ご覧になってください。

スプーのえかきうた はいだしょうこvs今井ゆうぞう
※遅い回線を使っている方は、開始直後に「一時停止」して、動画データを溜め込んでから見るのがオススメ。

宝塚の娘役で、歌もダンスも一級品のしょうこおねえさんの、あなどれない画力。これは、NHK的に放映して大丈夫だったのでしょうか。テレビの前のお母さん方の爆笑を誘い、テレビの前のお子さん方の恐怖を誘ったのではないかと思います。2006年4月28日の放送事故のようです。

しょうこお姉さんの絵のセンスについては、すでに問題視されていたようで3年前にもかなりキてる「スプー」を描いています

そのことを踏まえて動画を見返してみると、えかきうた開始前から、ゆうぞうおにいさんと、しょうこおねえさんのやり取りの「間」がおかしいことに気づきます。しょうこおねえさんは、変なカラ元気を出してますし、ゆうぞうおにいさんは、すでに笑いをこらえつつ「だいじょうぶ? 描ける?」という空気を出しています。

絵に対する苦手意識はあるのでしょう。しょうこおねえさんは終始落ち着きがありません。絵も自信のなさをあらわして小さく、描いている最中はぎゅーっとマジックを握りしめて、必要以上に力が入ってます。描きあげたクリーチャーのデザインは、大胆極まりないものですが。

カメラさんと、スイッチャーさんの行動も微妙です。えかきうた中、映しているのはほとんどゆうぞうおにいさんの絵。最初にちょこっとしょうこおねえさんの絵が出ますが、「まずい!」と判断したのでしょう。すぐにおにいさんの絵にスイッチしています。

しかし、描きおえたら出さないわけにはいかず、最後に満を持して怪物登場。結果的には、じらした上での抜群な大オチです。まさに笑いの神の手がはたらいた奇跡と言えましょう。

ゆうぞうおにいさんの、素の笑いと、必死のリアクションがすばらしい。

「しょうこおねえさんの、上手ですねえ!」
「がんばりました」
「はい、画伯
「はい」
「はい」
「よかった、描けて
「はい」
「うん、みんなもえかきうた、やってみてね」(しめて、というおにいさんへの視線)
おにいさん、気の利いた言葉が思い浮かばず、一瞬の間の後
「バイバーイ!」
「バイバーイ!」

カット後、おにいさんからおねえさんへ、あるいはスタッフからおねえさんへ、どんな言葉がかけられたのか、大変気になるところです。

何度か見てみる場合は、前をうろちょろしているクロヤギとシロヤギのリアクションにも注目してみましょう。しょうこおねえさんの絵をみて驚愕している姿に、人形つかいのアドリブの真髄を感じることができます。

NHK教育では、このえかきうたシリーズを続けていくのでしょうか。NHKの放送コード上、アリと判断されるのでしょうか。

もし、続けるとしたら、たぶん視聴率はむやみに上がるでしょう。中でもタイマー録画をする「ビデオ視聴率」がグンと上昇するに違いありません。

現在、芸能界の絵の巨匠といえば、ダウンタウンの浜田画伯、スマップの草なぎ画伯が両巨頭で、その後ろを東幹久絵師が追っている、というのが共通認識ですが、ここへきて超新星の誕生です。

ぜひともしょうこおねえさんには、これら巨匠たちとの対決をしていただきたいと思います。

[追記]
ネットサーフィンをしていたら、しょうこおねえさんのインタビュー記事を発見しました。
⇒ 読売新聞「すてき私流」はいだしょうこさんインタビュー毎月うれしい“宝物”
そしていつも真っ先にすることがある。じっくりと歌詞を読み込むのだ。メロディーにはのせず、ことばを目で追う。口に出してみる。そのうち、頭の中に情景が描き出される――。ある歌では色とりどりの花が咲き、また別の歌では子どもたちと動物が元気に跳びはねる。
たいへんいいお言葉なのですが、あの絵を見てしまった後だと、実際頭の中にどんな情景が描き出されているのか、不安になります。色とりどりの花、子供たちと動物……描いてほしい。
歌が苦手なお母さんたちにメッセージをお願いした。
「子どもは、お母さんが楽しそうにしている姿が大好きです。だから、歌が下手だからとか、上手にうたわなければとか考えて、尻込みしてしまうのではなく、思い切り楽しんでください。歌は心でうたうものです。あ、ちょっとこれ名言!」

そうか……私が間違っていました。結局こういうことです。
が苦手なお母さんたちにメッセージをお願いした。
「子どもは、お母さんが楽しそうにしている姿が大好きです。だから、絵が下手だからとか、上手に描かなければとか考えて、尻込みしてしまうのではなく、思い切り楽しんでください。絵は心で描くものです。あ、ちょっとこれ名言!」
心で描くっつったって、あの心は外に出さんほうがいいだろ、などと言ってはいけません。下手だって、苦手だって、その時を楽しむのが一番。自分が楽しむだけでなく、私たちをこんなにも楽しませてくれる、天性のエンターテイナー・しょうこおねえさんに拍手です。


▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 09:04 | 静岡 ☔ | Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

【日記】ひなまつりまつり

ふと、このブログのアクセス数などを見てみたら、記事を書いていない3月3日頃に、いきなり普段の倍近い人がご来訪下さっていました。なんだ? どっか掲示板かなんかで話題にでもなったか? とアクセスログを分析してみて、理由が判明しました。

ほとんどが、画像検索でいらした方。そしてその画像は……1年前にゴンザがこのブログにアップした、ひな祭りの絵でした。

記事はこれ⇒ 燃えるひな祭り

そして、その続報記事がこれ⇒ 燃えるひな祭り よくある質問

……季節モノの人気記事になっとったか。「ひな祭り」をキーワードにgoogle画像検索すると、アホなことにものすごい上位に現れたりします。そりゃー目立つわ。オーソドックスなひな祭り画像の中に、こんなんが1枚混じってたら。ふつうにひな祭りの画像探してた人も、ちょっとクリックしてみようかって気にもなるわ。

謎が解けてすっきりしました。

この画像を気に入ってくれたみなさん。今年の旧暦のひな祭りには、ぜひこのたくましいお雛様をデスクトップに飾って、桃の節句をお祝いしてください。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 18:32 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

【日記】右脳派? 左脳派?

最近は人間の性格、思考、行動などを「脳の働き」から考えるのが流行りのようです。ベストセラー『バカの壁』もそうですし、右脳型・左脳型などの分け方もそう。

で、さっきテレビで『99サイズ』を見ていたら、こんな質問が。
「腕組みしたとき、どっちの腕が上になる?」
さっそく組んでみました。ゴンザの場合は左が上。
「左が上にくると右脳型人間、直感的な考え方。右が上にくると左脳型人間、理論的に考えるタイプやねんて。」

……ほんとか?

その法則からすると、ゴンザは右脳型人間になります。しかし、ゴンザは自他ともに認める理屈の人。直感で行動したりすることなどほとんどなく、ガチガチに論理的に動くやつです。得意分野も、言語・観察と分析・パズルなどで、弱点はデザイン・音楽・空間認識。

完全に左脳系が得意で、右脳系が苦手じゃないですか。こーゆーやつを、バリバリ左脳型人間と呼ぶのではないかと。

会社の人が朝礼のスピーチで言っていたのですが、この「利き脳」を診断する装置があるのだそうです。その名も「ヒューマンセンサー」。予約して検査みたいなのをすると、自分がどんな脳の持ち主か、診断・分析してその結果を教えてくれるようです。

なんでも、大企業の人事政策でこの診断を取り入れているところもあるとか。たとえばソニーのアイボを作ったチームは、この診断で「ゼロからモノを創造する能力」がある人を集めた集団だった、という話です。

むむむむむ! やってみたいなあ! でも、21,000円もかかるのかあ! 高いなあ! 大枚はたいたあげくに「ふつうです。特筆すべきことはありません」みたいな結果が出たらヘコむなあ!

お金に多少の余裕がある今のうちにやってみようか、とちょっと画策しています。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 01:45 | 静岡 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

【日記】行ったぞ!表参道ヒルズ

ゴンザです。そろそろ忙しさもピークアウトしましたので、ブログリハビリがてら、日記をば。

行ってきましたよ、話題の「表参道ヒルズ!」そらもうおしゃれで流行に敏感なゴンザとしては、この新しいスポットははずせないですから!
オープンは明日ですけど!

てなわけで、通っている病院が表参道ヒルズの隣だったもので、今日その前を通ってきましただよ。
表参道側から

これは表参道駅側からのショット。「ヒルズ」なんて聞くと「六本木ヒルズ」が思い浮かぶので、でーんと嫌味なくらいでっかくて豪華なイメージがあるんですが、こちらは思ったよりずいぶんと小さくてすっきりしてます。

通りから

それもそのはず、メインは地下。たしか地上3階地下5階、だったかな? コンセプトとして「景観を壊さない」というのがあるそうで、確かに感じのいい外観です。

正面入り口

オープンを明日に控えているにしては、あわただしい様子も無く、警備員さんが気の早い見物人が入らないようにしているだけで、静かないつもの表参道でした。

原宿側から

でも、明日はとんでもないことになるんだろうなあ……。そして、小心者で根っからの貧乏性のゴンザは、できた後も「中はどんなかなあ……?」と思いつつ、しばらくは通り過ぎるだけになるんだろうなあ……。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 20:50 | 静岡 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

【日記】もー限界。

ゴブサタしてしまっておりますゴンザです。現在本業がいっぱいっぱい。これを書いているのも会社からです。

ゴンザの本業は某会社の本社管理部門における「業績管理」でして、これはまあ、どんなふうにお金をもうけているかとか、どんなふうにお金をつかっているかを分析する役割です。で、この部署の大きな仕事の一つが、「予算の作成」。1月〜3月の第4四半期は、ゴンザはこの「予算作成」に追われています。

中でも一番忙しいのがこの1月半ば〜下旬。先週末もフルに休日出勤して、今週末も休めるかどうかあやしい。18日連続出社などという不本意な記録を作りそうな予感大です。

そんなわけで、このブログにも1月中はほとんど書き込みは無いことでしょう(泣)。

そうそう、詳しいご報告が遅れましたが、ゴンザの3人目の姪が先月無事誕生して、すくすく育っております。誕生日は12月8日。呼び名は「ふゆちゃん」。姉の3人の子供は全て女の子で、上からなっちゃん、あきちゃん、ふゆちゃんとなります。もちろん夏・秋・冬の意味です。奇しくも7月・11月・12月と季節を分けて生まれた3シーズンシスターズなわけです。

当然のことながら、「もひとり、はるちゃんを産め」という意見は、ぼっこぼこ周囲からでているわけですが……むりだろうなあ……3人で手一杯らしいです。実家が近けりゃ親(じじばば)のヘルプも期待できるけれど、東京・神奈川と福岡ではどうにも。

ふゆちゃんは、生後1週間で数十グラムしか体重が増えなくて心配されておりましたが、現在は小柄ではあるものの順調に大きくなっています。夜寝てくれるので、姉も助かっているそうです。

とりあえずは、よかったよかった。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 20:47 | 静岡 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

【日記】謹賀新年

あけましておめでとうございます。

ブログをやっているみなさんは、この元旦似たようなご挨拶をすると思うので、前置きはさくっと削除して本題にいきましょう。今年のゴンザの年賀状の公開です。

葛飾北斎「百合」

2006年のモチーフは、葛飾北斎の「百合」。2005年の秋に上野・国立博物館で開かれた「北斎展」に感銘を受けまして、そこで買ってきた絵葉書の図案をパチりました。本当の北斎の絵よりは、線を太くして切り絵調にし、また年賀状なのですこし色合いを華やかにしてあります。

手法は木版画の、4版5色刷り。最近のゴンザは、4版ないし5版の多色刷り木版画を20枚の試し刷り+60枚のハガキ本刷りをし、さらにその80枚の中からわりといいのを1枚選んでスキャナで取り込み、70枚くらいをプリンタ印刷する、というテクニックを使っています。

昔は200枚くらいすべて手刷りしていたのですが、これが4日くらいかかる重労働。なにしろ5版使ったら200×5で1000工程にも及ぶのですから、やってられません。パソコン・スキャナ・プリンタという文明の利器を取り入れたおかげで、最近は原画作りや転写用の反転作業、ミスの修正などもずいぶん楽になり、「刷り」だけなら2日で済むようになりました。

木版画というアナログとパソコンというデジタル。意外とベスト・マッチングな組み合わせなのであります。

みなさまも2007年はチャレンジしてみてはいかがでしゃう?

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 08:00 | 静岡 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

【日記】映画『THE 有頂天ホテル』試写会

先日、テレビで三谷幸喜監督の新しい映画『THE有頂天ホテル』の紹介をやっていて、
(ああ……見てみたいなあ)と思っていたところ、試写会の案内が番組の最後に流れました。もちろん抽選で○○名をご招待、というものだったので、当たらないだろうなあ、と思いつつもとりあえず応募。

すると、クリスマスイブになんと招待状がどといたではありませんか。らっきー。『有頂天ホテル』試写会招待状

というわけで12月26日(月)、静岡東宝会館に出向いてきました。結論から申し上げて、観て「損した!」ということにはならない映画です。オススメ。

三谷監督らしいシチュエーション・コメディ。大晦日カウントダウンパーティ直前のホテルを舞台にした、様々な事情を抱えたたくさんの人物たちによる、笑いのスクランブル交差点、という感じの映画です。主な登場人物だけで20名以上、そのキャラクターたちがホテルのあちこちですれ違いながらドラマが構築されていきます。

大量のキャラクターを出しすぎたせいで、やや散漫になった印象はありますが、テンポの良い笑える展開から、最後にはすこしほろりとさせるあたり、さすがの三谷ワールド炸裂といったところです。あまり難しいことを考えず、あはははーと新年から笑いたい人に観ていただきたいですね。

さて、この試写会を観に行った後、風邪を引いてしまいました。原因はたぶん、映画館の空調。

「寒かったの?」

いいえ、逆です。もんのすごい暑かったのです。そもそもがんがんに暖房してあったんですが、ゴンザが腰をすえたのは2階席。暖気は上に上ってくるので、その一角は異常な熱気に包まれてしまうんですね。

ワイシャツの第二ボタンまではずし、Lサイズのジュースを片手に、クリアケースで顔を扇ぎながら2時間を過ごしてしまいました。夏の甲子園観戦か。

そこから一気に寒い師走の町に出たせいで、身体のバランスが崩れてしまったようです。しょうがない。風邪を何とか治してから帰省するか、とヘコんだ年末を迎えております。

とりあえず、このブログの更新は今日が最後と思われます。
みなさま、良いお年をー。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 17:13 | 静岡 ☀ | Comment(3) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

【日記】予定日のはず。

ここ数日、このブログのアクセス数が妙に伸びております。ナンダナンダ。ナニガオキタ?と思って調べてみたところ、以前に書いた「川崎市民の常識」というネタへのアクセスであることが判明しました。この記事だけで1日4桁のアクセスて。あまりそういうのに詳しくないんですが、けっこう大きな「ネタ紹介系」のサイトで取り上げられたらしいです。

わあ。「面白い」っていうことで紹介されたのはうれしいけど、このネタ、川崎市民以外には、全く面白くないよ? 川崎を良く知る人ならば、いくつかの項目だけはツボにはまるかもしれない、というかなりのピンポイントネタだよ? 間違って見に来た人、本当にごめんなさいね。

それはともかく、今日12月5日は、予定日です。

なんの? ゴンザのおそらくは3人目の姪の誕生です。姉が今、北九州でお産を控えているんですね。現在ゴンザの母が、北九州までその手伝いに出向いております。

出向いておるのですが……あんののん気な鉄砲玉、まったく連絡よこしゃしねえ。なんのために行ってんだ。こっちが気ぃ遣ってむやみに電話とかしないようにしてるってえのに、行ったっきり梨のつぶてだ。たぶん家事をこなして、孫と遊んで、疲れて寝てって生活をしてやがんだろうけど、こっちも心配してんだ、電話のひとつくらいしたってよかりそうなもんじゃねえか。ぶつぶつ。

というわけで、ちょっとハラハラしながら現在仕事をしております。

3人目の「姪」と書きましたように、たぶんまた女の子。義兄はすごく男の子が欲しいようなんですが、どうもエコー検査などではナニがついていないようで。それにゴンザの一族は、もともと女系の一族で男が生まれる確率が25%を下回るんですねー。お義兄さんもかわいそうに。

とにかく無事に、健康に生まれてくれますように。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 11:07 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

【日記】やっと調子が出てきたかな?

久しぶりのブログ書き込みです。退院はしてきたものの、なかなか本調子が戻らず、ぼーっとしてました。先週などは会社で席に座ってはいるけれど、全くといっていいほど仕事をしてませんでした。豪快な給料泥棒です。

やっぱり処置のダメージを抜くのと、ホルモン値を薬によって正常な状態にまで戻すのに、けっこうな時間がかかるようです。先週までは頭の芯にかすみがかかってるような感じで、集中力が続きませんでした。身体も「着ぐるみ」を着ているようで、隅々まで神経がつながっていないような、なんとも頼りない感覚。

やっと今週に入って、なんとか調子が上向いてきた気がします。

調子が出てきたら「獄中記」ならぬ「入院体験記」をつづろうかと思ってますが、そろそろちゃんとゴンザが何の病気で入院したのかもあきらかにせにゃ、書きようがないですね。更新がストップしていた「医療エッセイ」をきちんと公開してからにしましょう。

1-1『輪切りの私』
1-2『白衣の天使は実在するか?』

の続きを、まずはしっかり書くことにします。

年賀状もやらなきゃなあ……。やること山積してます。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 11:28 | 静岡 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

【日記】入院までの備忘録10

現在は川崎の実家に来ています。

昨日は静岡から新幹線で小田原、小田原からは小田急を使って登戸までというルートで実家までやってきました。いつもなら東名高速バス1本で来てしまうのを、やや面倒な乗り継ぎをした理由は2つ。

ひとつは行楽シーズンの祝日は、東名が渋滞することが多いから。もうひとつは、登戸駅近くにある行きつけの整体院に寄っておきたかったから。

最近は運動不足のせいで、肩や腰に不調が出ていたんですね。入院しちゃったら、もうそれを調整することもできないので、行く前に良くしておきたかったわけです。体中ゴキゴキバキバキと、鳴らされまくってきました。おかげでだいぶ楽になりました。

そうそう。「インターネット・漫画カフェ」に昨日初めて行きました。

整体院の予約は、小田原から電話を入れたのですが、その結果1時間ほどどこかで時間をつぶさなくてはならないことが判明。

どうしよう……元気な時なら1時間くらい小田原を見て回りたいところだけど、今はそんな体力はない。食事制限があるからうかつにレストランには入れないし、お昼時の喫茶店で1時間も粘る根性はない。かといってデパートのベンチで何もせず1時間時が過ぎるのを待つのはつらいし、小田原の図書館は駅からちょっと距離がある。

と悩んでいたら駅ビルの向かいに「インターネット・漫画カフェ」を発見。おお! 一度くらいは入ってみようと思っていたんだこういうとこ! ちょうどいいちょうどいい! というわけでさっさとチャレンジ。

結論から言って、時間をつぶすのにこれほどいい場所はないですね。ゴンザが使ったのはリクライニングシートのある個室。ネットにつながったPCが1台ある部屋で、書架に並んだ漫画をいくらでも持ち込んで読んでいい。そしてソフトドリンク飲み放題、ソフトクリーム食べ放題。利用料は1時間420円。

喫茶店でコーヒー1杯頼むのとほとんど同じ値段で、快適なスペースを1時間占有できるのですからありがたいです。ちょっと仮眠を取りたいときなんかにも、とってもいいですね。ここをカプセルホテル代わりにする人がいるのも、よくわかります。はじめにこの商売を思いついたひとは頭がいいなあ、と感じました。

閑話休題。

今日は天気もよく、快適な一日。まったく家に閉じこもっているのがもったいないような日ですが、ほっつき歩いて風邪でもひいたらここ1ヶ月くらいの体調維持の努力が無になるので、家でおとなしくしています。

いよいよ明日が入院日。

今回は前回の入院時の教訓を生かしつつ計画的に行動したのと、どんな処置をするのかをよく知っているために入院後の不安がないということで、かなり楽に準備をすることができました。肉体的にも精神的にも。

さ、これから持っていく荷物の再点検をすることにします。最近比較的短いスパンで更新してきたこのブログも、しばしお休みいたします。

入院まであと1日。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 16:34 | 静岡 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

【日記】入院までの備忘録09

今日11月2日が入院前の最終出勤日です。今日は朝からだるい。実はこれ、全面的に薬断ちのせいというわけではなくて、余計な体力を朝から使ってしまったためです。

ゴンザは体力づくりのため、通常、会社ではほとんどエレベーターを使いません。エレベーターを待つのと、あの箱の中に閉じ込められる感覚が好きでない、ということもあって、9階にあるオフィスまで階段を登り、そして下るようにしています。

でもこの1週間くらいはさすがに身体がつらいので、下りはともかく上りはエレベーターを利用していました。そんな生活も最終日の今日。ふらふらと出社してエレベーターホールに向かったゴンザの目に入ったのは、見覚えのある小さな背中。

あ、あれは……会長。

社長の上の会長。ゴンザの苦手とする人物です。その隣には、営業部の部長がつかまっています。見つかったら声をかけられる可能性大です。(助けてくれよ)という顔で。

この状況で平社員ゴンザがとるべき選択肢は。
A)元気良く挨拶して和やかな雰囲気をつくりエレベーターに同乗する
B)つつましやかに挨拶し、邪魔にならない程度にそばに控える
C)部長を見捨てる

どうする俺? ドウシチャウノヨー!? ツヅーク!

と迷うこともなくあっさりCを選択。
部長と会長の後ろをそーっと通り過ぎ、そのまま階段を上りました。9階までの登山道など、会長と一緒にエレベーターに閉じ込められるのを思えば、なんということもありません。

息遣いも荒く9階にたどり着くと、その部長が「朝からえらい目にあった……」と事業部長相手にぼやいていたのに出くわしました。私の選択は正しかったようです。


さて、今日の午前中は会社で普通に仕事をし、午後は机の片付けなどの身辺整理。定時でさくっと帰宅して、明日の実家までの移動に備えます。

そういや、東名高速バスを使って川崎まで行く気だったけれど、この時期の祝日に東名を使うのは、どうなんだろ。渋滞でハマる可能性もあるなあ……。新幹線で小田原⇒小田急で登戸っていう選択肢もあるなあ……。考慮の余地アリ。

入院まであと3日。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 10:42 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

【日記】入院までの備忘録08

あー。現在午後3時@会社。エネルギー切れしてます。もう頭が働かん……。だいたい1日に30分くらいのペースでまともに動ける時間が短縮されていってますね。あと3時間くらいは何もせず、時の過ぎ行くままに、〜As time goes by〜って感じです。

計画的なキャラを生かして、さっさと仕事を前倒しで片付けておいてよかったです。10月中にはほとんどの仕事を終えて、今週はほぼ何もせずに済んでます。退院後の仕事を考える余裕すらあります。考えてませんけど。

そうそう。書き換えのために回収されていた健康保険証ですが、無事返ってきました。よかった。間に合った。

入院まであと4日。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 15:15 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

【日記】入院までの備忘録07

ふにゃあ〜。キビしくなってきました。
もうこの時間(18時)くらいになってくると、体がうまいこと動かないレベルになってきました。力が入りません。思考にも粘り強さが思いっきり欠けています。

こうして頭の方も疲れてくると困るのが、「禁ヨード食」の制限です。コブだしNGという日本人にとってはよほど気をつけていないと実現できない食事制限。コレ頭が働かない状態だと、うっかり食べてしまいそうでものすごくおっかないです。

週末もちょっと外に出たときに「あ〜。家でご飯作るのめんどくさい。ラーメンでも食べてこうかな……」と考えてしまい「!! あ、あぶねえ!」となりました。ラーメンのスープなんざ、隠し味に何が入ってるかわかったもんでねえのに。

もう一つビビッたのが「青汁」。野菜不足を補うため、冷凍庫にいくつか入れてたんですが、「1杯飲んどくか」と取り出して、まあ大丈夫だろうが……と裏面を見てびっくり。「甲状腺機能障害のある方は医師にご相談ください」と書いてあるのです。

げっ。これってヨード系のなんかでも入ってるのか!? 金曜日に飲まなかったっけ!? しまった!

と調べてみたところ、どうやらヨードが含まれているのではなくて、その逆。ヨードの吸収を阻害する物質が入っているために、甲状腺機能低下症の人にはNGのようです。あービビりました。そういう理由なら、むしろ飲んでも良さそうですが、とりあえず医者に確かめたわけではないので、触らぬ神にたたりなし。青汁には手をつけずに入院まで過ごそうと思います。

入院まであと5日。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 18:43 | 静岡 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

【日記】入院までの備忘録06

入院まであと8日。

順調にゴンザ、弱って行っております。回復力が低くなっているらしく、午前中はそれなりに動けるのですが、午後になっての稼働時間が着実に短くなってます。肩や腰もだるくて痛いし。

昨日あたりから外に出るときはマスクを着用し始めました。これは単純に風邪を防ぐという理由が1つ。もう1つには、ホルモン剤を断つと口や鼻・喉の粘膜の出がわるくなるらしく、口の中が乾いてくるからなんですね。甲状腺疾患でホルモン剤断ちをする方は、後半ぜひマスクをしましょう。

前回同じ入院をしたときは、この事実に気づくのが遅かったせいで、今回よりかなりきつかったです。今回は課長にも、「前のときよりかなりマシみたいだね」と声をかけられましたし、事実園通りです。患者としてしっかりステップアップ。ゴンザのEXPは確実に上がっています。

さていよいよ今日から禁ヨード食が開始。入院約1週間前からヨードという栄養素の入ったものを一切食べてはいけないのです。これが面倒くさいんだ……。

ヨードというのは、甲状腺ホルモンの原料となるもので、「ヨード卵・光」のヨードと同じもの。昆布・わかめ・のりなどの海藻類に豊富に含まれています。やっかいなのが昆布で、「コブだし」が使われているものは絶対に食べてはいけないということになります。つまりは和食はほぼNG。

何が入っているかわからないので外食はできませんし、何かを買って食べるにも裏の成分表示とにらめっこ。海草系のものが含まれていないか、慎重に選ばねばなりません。

「調味料・アミノ酸等……? 等ってなんだ等って。『てへっ、隠し味に昆布エキス入ってまーす!』なんていわねえだろうなオイ」と疑心暗鬼です。

体調が崩れている中で、こんな細かいことに気を遣わなければならないのが、かなりうっとおしいです。面倒なので昨日クリームシチューをどかんとたくさん作りました。これとパンで入院直前まで食いつなごうと思ってます。あとはバランス栄養食かじってりゃいいだろう。

ネガティブなことばっかり書いてしまっているので、明るい話題をひとつ。ゴンザ、このたび借金を返し終わりました。大学の時に電通から無利子貸与の奨学金をもらっていたのですが、今日郵便局に行って返済すべき額の全額を払い込み、無事債務を清算したのであります!

やった! ローンで買ってるものも何もないから、現在完全に債務ゼロ! 健全な財務体質・トリプルAです! 入院前に心残りになっていたことを片付け、晴れ晴れです!

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 16:26 | 静岡 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

【日記】入院までの備忘録05

10/22(土)から甲状腺ホルモン剤の使用を停止して5日目。だいぶ身体に影響が出てきました。5日目で急にがくっときました。

体全体としては「乾いた感じ」。ああこんな感覚だ、と2年前にやったときのことを思い出します。

変な汗は出るんですが、その水分が身体の表面に馴染んでいない印象があります。肌ががさがさになって、つっぱってきている気もします。鼻や喉の奥の粘膜の分泌が悪くなっているのがわかり、鼻がつまったときみたいな様子。のどもやけに渇き、味覚障害も強くなったようです。そしてどこもかしこもだるい。

積極的に「体調が悪い」というより、消極的に「体調がよくない」といった感じで、例えて言うなら「ひどい風邪をひいたあとのなおりかけ」に似ています。久しぶりに通院のために外に出たら、だるいのになんだかふわふわしてて、体と頭がうまくつながってような気がしたことありませんか。あんな感覚です。

今頃になって、他部署の部長がヘビィな仕事を持ってきて、「だからそういうことは早く言えってあれほど事前に言っておいただろ!」とキレそうになりました。ちょっとイラついているのかも。

ちなみにゴンザ、役職が高い人に平気で毒舌を吐くことで、社内でちょっと有名らしいです。そんな評判、最近まで知らなかったので、知ったときはちょっとショック……。そうかぁ。そういうキャラとして認知されてるのかぁ。

入院の下ごしらえにいそしんでいるうちに、ゴンザは1つ歳を重ねました。10/23(日)が誕生日。当日は何をするでもなく、家で入院のための荷物準備と掃除を断行。そして『ゴンザの独り言』の原稿を4つほど書き溜め、夜は内P(プロデュースではなくプロジェクト)をみて、やっぱいいわ内P〜とうなずいておりました。

そういえば、この日は菊花賞でしたねえ。ディープインパクト、無敗の三冠馬。

ゴンザにはギャンブラーの血も体育会系の血も流れていないので、競馬にはほとんど興味がないのですが、ディープインパクトの走りは見ていてそのすごさがわかります。いや、わかってないのでしょうが、素人が見てもわくわくさせられる、ということ。

小柄な馬体であるにも関わらず、最後の直線で五馬身以上の差を一気に逆転する、その爆発的なすえ足はとてもドラマチックです。ニトロでも積んでんのかこの馬は、とボー然とみてしまいますね。

やっぱりラストスパートでぶち抜くスタイルはかっこいい。カール・ルイスの記録は抜かれても、カール・ルイスが一番印象的なスプリンターである理由はそこにあるんでしょうね。

つれづれと書いてしまいました。あー。さっさと入院して済ませたいなあ……。

入院まであと10日。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 10:18 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

【日記】入院までの備忘録04

入院まであと16日。あさって22日からはいよいよホルモン剤チロナミンも断つことになります。現状でもかなりだるくなってきていまして、今週はもう泳ぎに行くのは無理なようです。まだ精神的にぼーっとするまでは至ってませんが、体的には変なところにつまづいたりするので、かなりダルダル状態のようです。

他に表れている症状としては、味覚障害らしきもの。喉の奥、鼻の穴がつながっているあたりが、なんとなく甘ーい感じがするのです。

甘ーい! 小沢さん、甘いよ! ブラジルの黄色いお菓子より甘ーい!

失礼しました。

この味覚障害、前回はどうだったかなあ……。あったようななかったような。味覚障害について調べたところ、甲状腺疾患で起きることがあるらしいので、まあ「アリ」なのかな、というところです。

ところで、10月23日はゴンザの誕生日です。その日は薬を断って2日目。体調下降中。間の悪い誕生日と相成りました。

思えば、この病の手術をしたときの入院日が3年前の10月23日。最初の入院時ガイダンスで、看護婦さんに生年月日を聞かれ、「10月23日です、へへっ今日なんです」と答え、「まあそうなんですかおめでとうございます。きっと一生忘れない誕生日になりますねえ。」といわれたことを思い出します。確かにな。

間が悪いといえばさらに間の悪いエピソード。昨日会社から「新規書き換えのため健康保険証を回収します」という通達がありました。10月26日に回収して、新しい保険証が配られるのは、11月10日頃。その間は保険証がない、空白期間となります。

……って、それわしの入院期間やんけ。11月5日〜9日が入院期間なのに。

人事部に泣きついたところ、「11月2日くらいなら渡せるかも」との返事。

……って、それわしの出勤最終日やんけ。なんて綱渡りなスケジュールなんだ。

もうひとつ電子掲示板に載っていたのが、「健康診断のお知らせ」。ゴンザの所属する部署の健康診断が行われるのは11月14日(月)でした。

……って、それわしの復帰初日やんけ。その日のわしが健康であるものか。不健康数値の記録をたたき出す自信があるぞ。下手すりゃ尿からタンパクでも糖でもなく、放射線が検出されるぞ。

自分はこんなに間の悪い人間だったかな? としみじみと悲しくなってきた秋の一日でした。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 17:29 | 静岡 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

【日記】入院までの備忘録03

薬をチロナミンに変えてから2週目に入ってます。どうもちょっと疲れやすい感じ。先週末は自分でもびっくりするくらい自堕落に過ごしてしまいました。ほとんど引きこもり。洗濯しにベランダに出たくらいであとは外に出てないような。薬のせいだと思いたいです。

ただし、かねてよりの懸案だった古本売却だけは済ませました。今回はU-BOOKに売却。DVDも売ったし、それなりの額になると嬉しいところです。

DVDといえば、例のポータブルプレイヤー売却後にこんな商品
を見つけてしまいました。カシオの DV-700W/DV-900。

しまった。高いけど、これ理想的な商品だ。それなりに大型でDVDと地上波が見られるお風呂液晶テレビって欲しかったんだよなあ……。よく探してみてから行動するんだった。でも、この商品、「ポータブルDVD」で検索すると出てこなかったんだよなあ。

いや、もういいです。どうせそのうち地上波はデジタルになるから。そうなった後にもっといい製品買います。そうさそうさ、それでいいのさ。

今日は会社のメーリングリストに11月上旬に入院することを流してカミングアウト。私に仕事を持ってくるなら、早めにしろという警告をしました。まともに動けるのは、たぶん来週のあたまくらいまで。22日からはホルモン剤を断つことになるので、それ以降は長引く風邪のような症状に襲われることでしょう。

入院前にあと1回くらいは泳ぎに行きたいものです。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 18:57 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

【日記】入院までの備忘録02

昨日の記事で、入院中の無聊を慰めるために、ポータブルDVDプレイヤーを買おうとしている、ということを書きました。

で、楽天オークションで見かけたプレイヤーに、とりあえず入札してみたら、いきなり落札してしまいました。機種はこんなの。


あれー。たぶん落札できないだろう、という気持ちで入札したのに、ちょっと予定外。おっかしいなあ……DVD再生のみの機種で外部入力やTVチューナーをつけられないとはいえ、7インチ液晶のが10,000円で落札できるとは思ってなかったんだけど……。底値でも20,000円くらいのはずなんだけどなあ……。

なんか問題あるのかなあ、っていうよりもっと低い値段で入札してみりゃ良かった、などなど様々な邪念が沸き起こりますが、まあ、無事入手できそうなのでよしとします。

さて、体調のほうは、薬をきちんと飲んでいるせいか、比較的昨日やおとといよりも良好。薬を断たなくてはいけない10月22日まではこんな体調で、普通に過ごせるといいなあ、と思っています。

それまでに色々な準備を整えとかないと。体調が悪くなってからでは、手際が悪くなって、ミスも多くなりますから。

▼1クリックで救える魂がある!▼(私の魂です)
拍手する   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ



posted by ゴンザ at 11:20 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする